サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

さとmamaさんの公開ページ

さとmamaさんのプロフィール

ママ・20代・神奈川県、女3歳 女1歳

さとmamaさんの声

28件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
よいと思わない 食べたい、歌いたい絵本  投稿日:2012/02/21
ぐりとぐらとくるりくら
ぐりとぐらとくるりくら 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
お馴染みのぐりとぐらに、手の長いうさぎのお友達が出てきます。
そして、三人で朝ごはんをたべて、
(読みながら思わず、ぐりぐらサラダとぐりぐらサンド、食べたい!と思っちゃうほど、ぐりとぐらが作るとなぜかとても美味しそう♪)
きのてっぺんまで登ったり、雲のボートに乗ったり、子供の頃夢見てた事を三人でするので、本当に楽しそう!
そして、ぐりぐらシリーズの楽しいところは、歌みたいなリズミカルなセリフ。
「はるかぜ そよかぜ くるりくら とびたい はねたい おどりたい」
このセリフを気に入って、何度も読まされました☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しかけに夢中  投稿日:2012/02/21
コロちゃんの たからさがし
コロちゃんの たからさがし 作・絵: エリック・ヒル
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
お父さんが用意したヒント(なぞなぞ)をときながら、たからさがしをしていって、最後にはとっておきのたからものが…!?というお話です。
仕掛けが沢山あって、一歳の娘は仕掛けを先に開けたがってしまい、中々お話は読ませてくれませんでしたが、三歳の娘は、ちゃんと物語にそって仕掛けを開いていって、楽しく読んでいました。
コロちゃんも、他の動物たちの絵も可愛くて、子供と一緒に楽しみながら読める絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 英語の勉強にもgood!  投稿日:2012/02/21
メイシーちゃんとにじいろのゆめ
メイシーちゃんとにじいろのゆめ 作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: なぎ・ともこ

出版社: 偕成社
とてもカラフルで、大判なので、最後の虹色のページはとっても迫力があります。
メイシーちゃんがいろいろな色の夢を見るのですが、短い英語の文章が書かれていて、簡単な英語の勉強にもなると思います。
メイシーちゃんの夢の中の、それぞれの色に合わせて出てきたもの(てんとう虫や蝶々等)が、最後にメイシーちゃんが起きた時に実際に皆いる、という細かい所に気付いた時に、子供が喜んでいました。
何回か読まないと、夢の中の世界と現実の世界の違いが分からないかもしれませんが、絵だけでも充分引き込まれてしまう絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カタカナに興味を持ったら  投稿日:2012/02/21
カタカナえほん
カタカナえほん 作: とだ こうしろう とだ ひろし
絵: とだ こうしろう とだ ひろし

出版社: 戸田デザイン研究室
カタカナが大きく書いてあり、そのカタカナに関係する絵も左のページに分かりやすく、大きな絵で書かれいるので、子供の視覚に残りやすいと思います。
それに、絵で表しているものは、ちゃんとカタカナ語のものを選んであるので、平仮名とカタカナの違いが子供にもうっすらと分かるようになったようで、カタカナの理解が深まると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供が大好き  投稿日:2012/02/15
いないいないばああそび
いないいないばああそび 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
いないいないばあって赤ちゃん大好きですよね。
それが絵本になって、さらにめくるといろいろな顔が出てくるので、子供が食い付かないはずがありません!
読んではきゃっきゃと笑っていました。
タイミングを変えたり、声を変えたり、いろいろ工夫して読むのも楽しいです。
最後に目だけ出せるようになっているので、ママが目を出して、「あれれ、今度こそ、ばぁ」とお顔を出してやるのが特にお気に入りでした。
うちの子は何度も繰り返し読んで読んでで、大変でしたが…それほど好きな絵本です。
0歳児から楽しめる絵本になっています!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がカラフルで可愛い!  投稿日:2012/02/15
かぞえてあそぼう123
かぞえてあそぼう123 作: みなみざわみよじ
絵: colobockle(たちもとみちこ)

出版社: 新風舎
絵がカラフルで可愛くて、私的には大好きなビジュアルで、一目見て気に入りました。
数字も分かりやすく書いてあるし、動物を数えながら数を学べるので良いです。
数字の一部分が仕掛け絵になっていて、めくると動物の体の一部になっていたり、動物の数が増えていたりで、面白いです!
今は、最後の星の数を、いつか全部数えられるようになったらいいな〜と思っています。
英語の表記もあるので(例:one わん)、英語で数える練習にも良いですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛い!  投稿日:2012/02/15
ミッフィーのおうち
ミッフィーのおうち 作・絵: ディック・ブルーナ
出版社: 講談社
ミッフィーのおうちの中を紹介していく絵本です。
ミッフィーの絵本は、このミッフィーカラーの色使いが可愛くて好きです。
ミッフィーのカップやおもちゃばこ、いすに、洋服だんすのなかのお気に入りのお洋服等を紹介してくれる、ほっこりとする絵本です。
文も簡潔に短く書かれているので、自分で読むのにも丁度良いです。
最後は、「おやすみなさい。また あしたね。」でおしまいです。
ミッフィーらしくて良いですよね。
シリーズで読みたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で歌って楽しめる絵本です  投稿日:2012/02/14
うたえほん
うたえほん 絵: つちだ よしはる
出版社: グランまま社
私が小さい頃母に歌って貰っていた、懐かしく皆が知っている歌が沢山収録されていて、楽しめました。
そしてまた、今度は自分の子供に歌って教えてあげられるの事が嬉しいですね。

全てに楽譜がついているので、引きながら一緒に歌えるのも良いですね。
因みに、うちにある3オクターブほどのおもちゃもピアノでも充分演奏できました!

三歳の娘は一緒に歌詞を覚えながら歌って、一歳の娘はリズムにのって何となく歌って、姉妹で楽しめたので、年代も幅広く楽しめる絵本になっていると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少しは時計が読めるようになったかな…?  投稿日:2012/02/14
とけいのほん 1
とけいのほん 1 作・絵: まつい のりこ
出版社: 福音館書店
時計の読み方が分かりやすい文と絵で書かれています。
短針と長針を、ちびとのっぽという呼び方が親しみ易くて良いですね。
文が説明寄りになっているので、絵本としてでなく、学習用の本として読んでいけば特に違和感はありません。
時計に興味を持ったので、この絵本を借りて読んでみたら、少し分かるようになっていたので、読んで良かったと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 定番シリーズの一作目  投稿日:2012/02/14
ねずみくんのチョッキ
ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
ねずみくんシリーズは、文章が少ないですが、繰り返しのフレーズが面白くて、シンプルなだけに、子供にも内容が入ってきやすいと思います。
ねずみくんのチョッキがどんどん大きくなってしまうので、子供は、大丈夫かなー可哀想。。と心配していましたが、ちゃんと最後に締めてくれるので、流石に長シリーズで愛されているだけありますね。
絵本に、まだあまり親しんでいない子にも、お薦めできる絵本です!
参考になりました。 1人

28件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

全ページためしよみ
年齢別絵本セット