新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ぽた子さんの公開ページ

ぽた子さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男9歳 女5歳

自己紹介
自転車でぶらっと散歩することをポタリングと言います。
私の名前は、そこから考えました。
そして、響きが意外と気に入ってしまいました。
外見より、ぽけ〜としている私に、ぴったりの名前です。
2006年4月より、小学校や児童館で読み聞かせのボランティアを始め、
絵本の楽しさを再認識致しました。
そして、もっと、絵本の世界を知りたいと思い、参加させて頂いております。
好きなもの
・自転車散歩(一時間くらいの範囲なら自転車で行きます!)
・本の読み聞かせ(子供の反応も素敵だし、自分も心地よいです)
・折り紙で花を折る(色紙に作品をまとめます。まだまだ初心者)
・子供2人に両腕まくらすること(かなり辛いが、今のうちの幸せですよね)
・お茶(友達よんでおしゃべりもよいし、一人新聞読みながらもよい)
・チョコレート(冷蔵庫にあると、ぽたネズミが出ます)
ひとこと
読み聞かせの本を検索していて、このサイトを知りました。
絵本好きの皆さんが、真面目にきちんと絵本のコメントを書いて下さっている。
素敵なサイトだなぁ〜と思いました。

ぽた子さんの声

97件中 91 〜 97件目最初のページ 前の10件 6 7 8 9 10 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ゆったりとしたリズムときれいな言葉使い  投稿日:2006/09/29
のろまなローラー
のろまなローラー 作: 小出正吾
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
この本全体に流れるゆったりとしたリズムが大好きです。
子供にも心地良いようで、夜布団の中で読んでいると、眠ってしまうことも多かったです。
ゆっくりゆっくりのローラーを馬鹿にしている他の車の言葉使いが丁寧なので、辛辣な感じがないのが、気に入っています。現在の子供達は、テレビ等でキツイ言葉にさらされがちですものね。
馬鹿にされても、自分のペースで自分の仕事を地道にこなし、他の車達の故障を気遣ってかける優しい言葉。
「道を直してくれてありがとう」の言葉に、いばり返したり有頂天にならずに、ただ黙々といつもどおりに仕事を終えて帰っていく姿。
丁寧語の文体が、ローラーくんの心の美しさをひきたたせているように思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まほうの意味は  投稿日:2006/09/29
まほうのえのぐ
まほうのえのぐ 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
本の中のお兄ちゃんが、我が息子の顔つきにそっくりだと主人が選んできた本です。
実際、お兄ちゃんと妹が絵の具を巡ってもめる姿、茶色一色の絵を「どろんこの絵」とけなす兄の姿など、我が子達の日常とダブり、ほほえましく読みました。

最後に「ほんもののまほうのえのぐだ」とひっくりかえるお兄ちゃんのリアクションに、娘は、大喜びしていました。
きっと、現実のお兄ちゃんの性格にも近かったので、よけいに可笑しかったのでしょう。

読み終えてから、「どこが魔法だったのかな?」と7歳の息子に問うと、少し考えてから、「絵に描いた動物に、直接会えたんだよ。」「絵の世界に入っていったからかな。」と言っておりました。
いささか正解からはずれておりますが、ファンタジーの世界の魅力は体感出来たみたいです。

次の日、娘は、絵の具で絵を描きたいと要求しておりました。動物さん達と一緒に描いている気分になれたかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 低学年の夏休みに  投稿日:2006/09/28
エルマーのぼうけん
エルマーのぼうけん 作: ルース・スタイルス・ガネット
絵: ルース・クリスマン・ガネット
訳: 渡辺 茂男

出版社: 福音館書店
100ページを越す大作なので、じっくり読書の出来る夏休みにお勧めです。
息子には小学一年生の夏休みに読ませてみました。
幾分難しかったようですが、1週間から2週間くらいで、読破しました。

本の出だしが、とっつきにくいようでした。
「ぼくのとうさんのエルマーが小さかった頃・・・」とエルマーの息子が語り手になっているので、人間関係が分かりづらく思えるところ、猫のしゃべり口調に味を持たせている為に、すぐに意味が分からないのが、原因だったようです。

でも、第一話をこえてしまえば、すっかり冒険の世界にはまり込んでしまいます。「エルマーのリュックの中身は最高!」「エルマーはあったま(頭)いい〜」を連発しておりました。

表紙裏に描かれている地図も欠かせません。
息子は、読みながら冒険のルートを確認したり、
読書後、ストーリーを思い返しながら私に説明するのに、活用しておりました。

よっぽど面白かったのでしょう。続けて、続編の「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」も読破してしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 映画のような迫力  投稿日:2006/09/28
なつのいちにち
なつのいちにち 作: はた こうしろう
出版社: 偕成社
とにかく、絵がすばらしい。
描かれているアングルが、絶妙だと思います。
まるで、映画館で映画を見ているようなのです。
本当に、絵だけで、十分なくらいです。
絵だけで、夏の音もにおいも感触も、男の子の感情も、みんな伝わって来ます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切な一冊  投稿日:2006/09/28
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
子供に買った最初の本です。
主人が「子供の頃に大好きだったんだ」と買ってきたものです。
私も息子も娘も、気に入り、何度も読みました。
今でも、全文章を空で言えるくらいです。

話の内容も素敵だと思います。
小さくても、大活躍したじぷた。
自分が、ちっぽけだなんて思わなくていいんだ。
人より劣るように思えても、それを活かせる場所が絶対あるんだと思わせてくれます。

子供の心のどこかにずっと残っていて欲しいなと思います。

そうすれば、何かにつまずいた時、自分を受け入れ、絶望せずにいられるだろうし、逆に、他人の欠点をけなさずに、認めてあげられる優しさが持てると思うので。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 指をさしながら  投稿日:2006/09/15
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
1歳から4歳にかけて、何度も何度も読みました。
きっと作者は、「ホットケーキを子供と作る楽しみ」を体感しているんだろうと思います。
ホットケーキミックスをフライパンにいれてからの変化を表す擬声語が素敵。
娘には、該当箇所を指をさしながら読んであげていましたが、そのうち、娘が指をさした所を私が読むようになりました。それは順番どおりではなかったりもしましたが・・・
でも、最後は、一緒に「はい!できあがり!」(娘との楽しい遊びになりました)
そして、お決まりのように、二日以内にホットケーキを作って食べました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 偶然の生み出した不思議な世界  投稿日:2006/09/15
あらしのよるに
あらしのよるに 作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士

出版社: 講談社
8歳の長男が、はまりました。
1.目がはなせないドキドキさ
嵐の夜、偶然同じ小屋に居合わせた、狼とやぎ。
中が暗いことと、二匹とも風邪で鼻をやられていて、相手の声しか分からない。
いつ、お互いの正体がばれるのか、そうしたら、どうなるのか、ドキドキの連続でした。
それを妨げた偶然に感心したり、ほっとしたり、最後まで、引き込まれっぱなしでした。
2.そして友情
見えない相手を思いやる二匹。はずむ会話。
不思議にも温かいものを感じました。
そして、どうかばれずにいてと祈ってしまうのは、私だけではないと思います。
3.想像の楽しみ
この話の続きを想像してみたくなるのは、ストーリーが良い証拠なのでしょう。先を考える楽しさがあるのが素敵だと思います。
参考になりました。 0人

97件中 91 〜 97件目最初のページ 前の10件 6 7 8 9 10 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット