ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

とんちきさんの公開ページ

とんちきさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子10歳 女の子5歳

自己紹介
絵本が大好きな息子と一緒に、たくさんの作品に触れたいと思っています。
図書館で気に入った絵本を、我が家の本棚に・・・がモットーです。
好きなもの
はらぺこあおむし
11ぴきのねこシリーズ
カラスのパンやさんシリーズ
ひとこと
いろんな絵本をぜひご紹介ください!

レビューしました。

公開

とんちきさんの声

165件中 161 〜 165件目最初のページ 前の10件 13 14 15 16 17 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 性別をこえて  投稿日:2013/08/17
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
これはきっと女の子向けの本だろうと思ってましたが、
息子に読んであげると、意外や意外。
大のお気に入りになりました。

特に「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」という言葉がお気に入りで、
よくつぶやいていました。

膝の上に息子を抱いて読んであげる時、
真っ白なワンピースが、素敵な模様に変わるシーンで必ず、
ニコニコしながら私の顔を覗き込む息子。

私の反応も楽しんでいるみたいです。

子どもも真っ白なワンピースのように、
いろんなものに刺激を受けて、いろんな色に変わっていくんでしょうね。

そんなことを感じさせる奥深い作品です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ぽんぽこりん!  投稿日:2013/08/17
おなべおなべにえたかな?
おなべおなべにえたかな? 作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店
おーなべおなべ にえたかな?
にえたかどうだか たべてみよ 

このセリフが大好きで、息子も私と一緒に歌います。

食べることが大好きで、お料理の本が大好きな子、
ママの横でいつも味見をしている子(家の息子ですが・・・)なら、
きっと大好きになる本だと思います。

「にんじんスープ」に「たんぽぽとおまめのスープ」、
どちらもとてもおいしそうで、読むとお腹がすきます。

みんなでおいしく食べた後のぽんぽこりんのお腹を見て、
息子は絵本の中のそのお腹をひとつずつなでなで。

「おなかいっぱいだね〜」。

心もいっぱいになる幸せ絵本です。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お手伝いのお供に  投稿日:2013/08/16
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
2歳の息子に買ってあげた本です。

たまごを落として割れちゃうところで、いつも「あっ!」とニコニコ反応しています。
大好きなのは、ホットケーキがだんだんと焼けていくシーン。

我が家でホットケーキを焼くときは、必ずキッチンまで持ってきて、本の通り、「ぽたあん どろどろ ぴちぴち・・・」とつぶやいています。

食べることが大好きな子、ホットケーキが大好きな子はきっと気に入ってくれると思います。
この本の影響で、お片付けもしてくれるようになりましたよ。

こぐまちゃんシリーズはどの作品も素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 息子の一番好きな本  投稿日:2013/08/16
ボードブック はらぺこあおむし
ボードブック はらぺこあおむし 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
2歳の初めに図書館で初めて借りて読んであげたところ、
とてもよく反応したので、このボードブックタイプを購入しました。

厚手なので、ページがやぶれることなくしっかりしています。
りんご、なし、すもも、いちご、オレンジ・・・と、あおむしが食べた穴に、何度指をつっこんでも、平気です。
小さい子にはボードブックタイプがおすすめですね。

大好きで大好きで、字は読めないのに、丸暗記。
親にお友達に、じいちゃんばあちゃんにと、たくさん読み聞かせをしてくれます。

絵本の魅力を伝えてくれたこの絵本に、感謝感謝です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みいちゃんもういつつだもん  投稿日:2013/08/16
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
みいちゃんがお母さんにおつかいを頼まれた時に発する、
「みいちゃん、もういつつだもん」という言葉に影響を受け、
何かにつけて息子が「みっくん、もうにちゃい(2歳)だもん」と、
言うようになりました。
○歳だもん!という言葉は、自信をつけてくれる魔法の言葉ですね。

初めてのおつかいはドキドキの連続。
息子に読み聞かせしながら、親の私もハラハラどきどき。

息子は、坂の途中で転んでしまうシーンで、
自分の膝の傷を思い出してみたり、
お金を落としてしまうシーンでは、一緒になってお金を探したり。
ストーリーをしっかり楽しんでいるようです。

出てくるお店のおばちゃんが、ご近所のおばちゃんにそっくりで、
親近感がわいたのも、この絵本が好きな理由かもしれません。


裏表紙で、怪我の手当をされながら牛乳を飲んでいる、
そんなみいちゃんをみて、なんだかほっこり。
大人も子どもも楽しめる、そんな作品です。
参考になりました。 0人

165件中 161 〜 165件目最初のページ 前の10件 13 14 15 16 17 次の10件 最後のページ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット