ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこうの試し読みができます!
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

シーアさんの公開ページ

シーアさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府

自己紹介
5歳&2歳の二人の男の子の母です。大阪在住です。

私も息子たちも、絵本大好き。
ずっと、眠る前は絵本の時間と決めていて、
どんなに仕事が忙しくても、寝かす前に怒っていても、
息子たちと一緒に選んだ絵本を3〜5冊は読み聞かせています。
私にとっても、心くつろぐゆったりした時間♪

「絵本講師」という資格を持っています。
子育てに、絵本の読み聞かせを取り入れることのよさを、現役子育て中のママさん・パパさんにもっと知ってもらいたいな・・・と思っています。
絵本の読み聞かせは、お子さんの想像力や言葉を育ててくれます。
それだけでなく、親子で同じ絵本の世界を共有できる、楽しいコミュニケーションの時間です。
ぜひ、お子さんと一緒に絵本を楽しんでください♪
好きなもの
昔、絵を描くのが好きでした。
ボランティアで、神戸大震災の遺児にあてた絵本を描き、
レインボーハウスという遺児たちの家に寄付をしたことがあります。
今も施設に置いてくれているそうで、とても嬉しいです。
絵本以外の作家さんでは、北方謙三や江國香織、東野圭吾が好きです。
画家さんはミヒャエル・ゾーヴァ、池田あきこ(ダヤンを描いた方です)が好きです。
ひとこと
絵本、という存在そのものが、既にときめきます。
変態でしょうか・・・(笑)

そんな私は、絵本講師をしています。
将来は、いろんなお母さん・お父さんを対象に、
読み聞かせのコツや絵本の選び方などを、
楽しくお伝えできる「絵本講師」になるのが目標です。

練習や経験のためにも、自宅で読み聞かせの会も開いています。
そして、息子を実験台(!?)に日々読み聞かせ。

でも、今はまだ準備期間。
焦らずゆっくり、息子との時間を大事にしながらやって行きます。
ブログ/HP
「ひだまり絵本cafe★シーア亭」
大好きなお菓子・パン作り、毎日のお弁当やごはん作りのこと、
絵本のことをひっくるめて綴っているブログです。
気分によって、内容に偏りが出ているのが難点ですが(笑)
気軽にコメントください☆

シーアさんの声

386件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 迫力ある!  投稿日:2011/07/25
しんりんてつどう
しんりんてつどう 作・絵: みねむらかつこ
出版社: 福音館書店
電車好きの息子たちが喜ぶかな、と思い、
古本市で見つけて購入しました。

古い型のレトロな機関車が主役です。
深い山の村の暮らしには、この期間者が生活に必要不可欠なアシなのですね。
急病人も、人の力だけで運んでは、手遅れになってしまうでしょうし
まさにライフラインですね。

白黒で、絵コンテのようなタッチの絵なので、地味ではありますが
電車好き少年たちの心はガッチリつかんだようです☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵が素敵  投稿日:2011/07/25
わたしぶね
わたしぶね 作: 林原 玉枝
絵: 野村誠司

出版社: 福音館書店
古本市で見つけて購入しました。
油絵のようなタッチで、一見写実的な中に、
人間や鳥などの生き物は、なんだかデフォルメされててマンガチック。
その混在している絵がなんとも魅力的です。

橋のない島では、フェリーが人々の「道」なんですね。
たった5分の船旅でも、橋がなくて泳いで渡るわけにもいかないので
船が必要不可欠なはずです。
車や自転車もまるごと乗れます。
常連さんもいるし、カモメたちも魚を持っている人を覚えてしまうくらいなんですね。

我が家が住んでいるところでは、海が近くにないので
こんなに船が日常的に使われているところがあるなんて
信じられないくらいです。
長男も、絵本の中だけの話だと思っているっぽいので
本物を見せてやりたいなぁ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2011/07/23
たいこたたきのパチャリントくん
たいこたたきのパチャリントくん 作: 長谷川 摂子
絵: スズキ コージ

出版社: 福音館書店
去年の福音館書店の限定復刻版で購入しました。

奇想天外なお話に、スズキコージさんの絵がピッタリ!
長谷川摂子さんのお話は、バリエーションが豊富で、同じ人が書いたとは思えないくらいですね。
不気味な見開きの絵もまたそそる。

パチャリントくんは、古いやかんから出てきました。
なんでもかんでも叩いてまわるので、
うるさくて仕方ないおばあさんは、たいこを与えて「ひろいせかいに あそびにおゆき」と
厄介払い(?)します(笑)

ガンダラッカ・マンダラッカといういきもの?と出会い、
サンヨルチュウという黒い虫が作る黒い町があったり
たまごがいっぱいある、たまごっぱらがあったり
(あれはなんの卵だったんだろう?)
とにかく脈絡がなくて、次々展開していって
とんでもなく面白いです。
私は好きです、こういうの。

たくさんカタカナの擬音語が出てきますが、
多少間違ったり噛んだりしても、楽しくリズムに乗って読めればいいのではないかな?

最後の終わり方が、続編もありそうな匂いがしたので、
パチャリントくんのさらなる活躍を期待してます☆
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う せんたくかあちゃん再び  投稿日:2011/07/23
くもりのちはれ せんたくかあちゃん
くもりのちはれ せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
せんたくかあちゃんの続編です!
家に「せんたくかあちゃん」本編があるので、
図書館で見つけて、すぐ借りました。

くもり空で、寒い風がピューピュー吹いてても、
ちゃんと洗濯するのはえらいなぁ。
凧に洗濯物を干すなんてナイスアイディア☆
・・・と思ったら、やっぱりかみなりさんは洗われちゃうのね(笑)
相変わらずかみなりさん相手でもひるまない、強いかあちゃんです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 4歳の頃から  投稿日:2011/07/23
まじょのかんづめ
まじょのかんづめ 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
去年頃、長男が4歳くらいから気に入って読んでいました。
森の中に迷い込んだ女の子と犬が、
変な彫刻のある、小さな家にたどり着きました。
怪しい・・・と思いながら入っていくと、
缶詰の中から「たすけてくれえ」と小さな声が!
開けてみると次々と動物たちが出てくるではありませんか。
そこへ魔女が帰ってきて・・・

誰も傷つかず、みんなが助かるハッピーエンドだったので
気持ちよく読めました。
最後のページで、魔女が地球の周りを回っているのを見て
長男は「地球」というものの概念を身につけたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スケールがでっかい!  投稿日:2011/07/22
はしれ!たくはいびん
はしれ!たくはいびん 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
保育園の絵本貸出で、次男が選びました。
でも、内容は長男の方が気に入ったみたいです。

おじいちゃんちから出発した荷物が、トラックに運ばれて、送り先のおうちまで届くまでを詳しく描いています。
あまり普段考えたりすることなく荷物を送っていたけど
実はたくさんの人や車のおかげで、荷物が無事届いていたんですね。

我が家の息子たちは、電車>車 のようでして
あまりトラックとかショベルカーとか、そこまで興味を示さないので
もっと車好きな子なら、さらに楽しめたんじゃないかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 柿の木のゆくえ  投稿日:2011/07/22
ざぼんじいさんのかきのき
ざぼんじいさんのかきのき 作: すとう あさえ
絵: 織茂 恭子

出版社: 岩崎書店
保育園の絵本貸し出しで、長男が選びました。
テレビえほんでやっていたのですね。知りませんでした!
多分、長男も見たことはないと思います。

ざぼんじいさんは、とっても欲張り。
甘い実のなる柿の木を持っているのに、その実を誰にもあげようとはしません。
それにひきかえ、お隣に引っ越してきたまあばあさんは、朗らかで優しくて素敵なおばあさん。
ざぼんじいさんが、意地悪をしてやろうと、柿の枝や葉っぱをあげても、工夫して楽しんでしまうのです。
それを見たざぼんじいさんは、もうこれ以上いい思いはさせてやらないと、
最後には、大事にしていた柿の木を切ってしまうのです。
我に返って後悔しても、柿の木は戻ってきません。
ここまでしてしまうほどの強欲ってなんなんでしょう。
とりつかれているみたいで、怖いくらいです。

でも、まあばあさんは、そんなざぼんじいさんにも優しい言葉をかけてあげています。
普通だったら、今まで意地悪されてきたんだから「いいきみよ」ってとこだと思うのに、すごい人です。

ざぼんじいさんは、残っていた柿の実を庭に植えます。
また新しい柿の実がなるまで・・・
「桃栗三年、柿八年」というので、8年後でしょうか。
気が遠くなる年月ですが、その頃には、ざぼんじいさんも、まあばあさんや他の人達と仲良くなって、丸くなっているかな?

長男は、「切ってしまったらあかんやん」と悲しんでいました。
多分私自身が子どもの頃読んでも、同じことを言っていたでしょう。
「でも、仲良くなれたから良かったね」とは、素直には思えない感想でした。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 釈然としない  投稿日:2011/07/22
ばすくんのおむかえ
ばすくんのおむかえ 作: みゆきりか
絵: なかや みわ

出版社: 小学館
保育園の絵本貸出で、借りてきた絵本です。

ばすくんは、もう壊れて走れなくなって、
森の中に捨てられて、動物たちと暮らしていました。
そんなばすくんのもとに、「人間が回収にやってくる」という情報がもたらされます。

きっと修理してもらえて、またお客さんを乗せて走れるようになる、と期待しているばすくん。
おかげで、今まで仲良くしてくれていた動物たちの言葉も耳に入らず
別れを惜しむ気持ちも薄れていました。

そしてやがて、ほんとに人間がやってきます。
「あなたをお迎えにきました」とさわやかな笑顔で・・・
ばすくんは喜んでついていき、トラックに乗ります。

でも、実は人間たちは、不法投棄されていたばすくんを、ちゃんと廃棄するために迎えにきたのです。
壊されそうになり、「たすけてー」と叫ぶばすくん。

そこへ、動物たちが助けにきて、人間たちを追い払います。
そして、動物たちが、壊れかけた窓などを修理してくれました。
ばすくんと動物たちは、もっともっと仲良くなりました。

長男は、ばすくんを迎えにやってきた人間が、とてもいい人そうだったので
「優しそうと思ったのに・・・」とかなりショックを受けて、顔を覆って泣き出してしまいました。

滅多に絵本で泣くことのない子なので、親としても動揺しましたが、
お話を読んで(聞いて)、そんなに感情移入できることに成長を感じつつも・・・

人間=私たち、ですよね。
子どもにとって、自分は愛されてるんだ、周りの大人に守られてるんだ、と信じられることは、
成長においても大切なことです。

この絵本のように、いい人に見えても、実は悪いことを企んでいたりすることは、現実社会ではよくあります。
(決して、スクラップ業者の方が悪人だというわけではなく、一般論で)

人間が信頼できないなら、子どもにとっては、親が信じられないとか
すべての大人が悪いことをするかも、とか
そこまで疑わないといけなくなってしまいます。

だから、このお話は、子どもの育ちにとって、あまりいい影響はないんじゃないかなぁと思います。

絵がかわいいとか、そういう目線からだけでは、
絵本そのものの良さは、はかれないのでは?

長男には
「いい人そうに見えても、中身もいい人とは限らへんねんで。
だから、知らへん人について行ったらあかんで」
と言ってみましたが、
それを絵本で学ばないといけないなんて、悲しすぎます。

多分もう借りることはないでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんもりくんって  投稿日:2011/07/21
こんもりくん
こんもりくん 作・絵: 山西 ゲンイチ
出版社: 偕成社
こんもりくんは、髪の毛を切るのも洗うのも嫌で
ついにこーーんな頭になってしまいました。
こんもりくんが「だって、こんなにいいことがあるんだよ!」と言うのに対して
なんとか髪の毛を切ろうとするお父さんは
「こまることもたくさんあるじゃないか」と応戦しますが、
全くいうことを聞きません・・・
どこの家庭でもありそうな情景ですね。

でも、こんもりくんの髪の毛の中には、見たこともない世界が広がっていたんです!
その奇想天外な展開に、子どもたちも大喜び★
おならがオチというあたりも、子どものツボをついています。
読み聞かせにもウケるでしょうね!

髪の毛がいーっぱい周りに描いてある、かみのけーランドの描写が
私個人的に苦手で
(別にリアルでもないし、気持ち悪くはないんですけどね・・・)
なんかぞわわわってしちゃうんです。
なので、個人的には、購入には至らないかな・・・という感じです。
独特の画風とか好きなんだけどな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 復刻版で  投稿日:2011/07/21
ラッキー
ラッキー 作・絵: 菊池 日出夫
出版社: 福音館書店
こどものともの限定復刻版のハードカバーを購入しました。
ラッキーって、幸運という意味ではなくて、犬の名前だったんですね。

「ちゃんばらやらっちょ」とか「そだつわけねえずら」など
方言がたくさん使われています。
子どもは最初、耳慣れない言葉に笑っていましたが
だんだん読み慣れてくると、内容の方に心ひかれるようになってきたみたいです。

山でちゃんばらごっこをしていて、やまいぬの子を連れて帰ってきてしまった「ひでちゃん」
もちろんこれは、作者の菊池日出夫さんで、実体験に基づく絵本ということですよね。
お母さんに飼ってはいけないと言われ、こっそり隠れ家で飼おうとします。
ここで出てくる、きよしちゃんがえらい!
子犬に牛乳を哺乳瓶であげたり、ウンチが自力で出せないからと、お尻をさすってあげたり・・・
ひでちゃんより、むしろきよしちゃんが育てたと言っても過言じゃない気がします(笑)

でも、わらを誤って燃やしてぼや騒ぎを起こし、子犬を隠れ家で飼っていたことが大人にばれてしまいます。
ひでちゃんは、もう一度お母さんに事情を話して、ようやく家で飼っていいと許しをもらいます。
そして犬につけた名前が「ラッキー」。

大人の私の観点で、
山犬のおかあさんは赤ちゃん犬を守ろうとして吠えてたはずなのに、
石なんか投げて、子犬を連れて帰ってきちゃっていいのかな・・・と
もやもやしました。
昔の田舎だから、ってことで許されるのかなぁ?

長男は、大のお気に入りの絵本になり
「やまでいぬをひろいたい」としきりに言っていますが・・・(笑)
参考になりました。 1人

386件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット