日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…

毎晩読み聞かせ。さんの公開ページ

毎晩読み聞かせ。さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子5歳

毎晩読み聞かせ。さんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おもちゃ達の気持ち。  投稿日:2017/11/30
ななちゃんのおかたづけ
ななちゃんのおかたづけ 作: つがね ちかこ
おかたづけアドバイス: 鈴木 尚子

出版社: 赤ちゃんとママ社
この本は、新鮮でした。
なぜって、片付ける子供や親の側ではなくて、
片付けられるおもちゃの側の気持ちを描いていたからです。

遊ぶときはどんどん出す、でも片付けしないで、どんどんまた次を出す。どうやったら子供が気持ちよく片付けしてくれるのか、悩みますよね。
でも、あんまり教育的すぎる絵本は、親の意図が見え見えで楽しくない。。。

おもちゃの側に立ったこの本には、
大人である私も、「へぇ!」と思いました。
物の気持ちって、あんまり考えたことがないもの。

時々、ものを叩いたり投げたりする子供に、
「クレヨンさん可哀想だよ」とか「コップさん、泣いちゃうよ」ということはありますが、
そこまで物の気持ちを考えて行っているわけではなかったので、
おもちゃがプンプン怒って発言するシーンは、新鮮でした。


子供に「どこが好き?」と聞いたら、
「ここがすき!」と見せてくれたのは、
カンガルーの赤ちゃんが、
お母さんのお腹の袋におさまるシーンでした。
幸せそうな、安心感に包まれた温かさが、伝わってきたのかもしれません。

”物にも感情があり、
やってほしいこととやて欲しくないことがある”。
そう考えると、
物だけでなく、動物や、植物や、他の人間にも優しく接する、大切にできる人間になれるのかもしれません。
それは、子供でも、大人でも。
これを書いているパソコンのキーボードも、あんまり乱暴に叩いちゃ、いけませんね!
参考になりました。 0人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット