話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

じぇーんさんの公開ページ

じぇーんさんのプロフィール

ママ・30代・長野県、5歳 3歳 1歳

じぇーんさんの声

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 特にお気に入り  投稿日:2009/09/25
ちいさなさかな
ちいさなさかな 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
ディックブルーナの本を何冊かまとめて買いました。
それでも一番持ってくるのは決まってこの本です。
女の子が池に落ちるページをひっくり返したり、
泣いているお魚の涙を指さして泣いてるねぇとしみじみ言ってみたり。

リズミカルな文章で読みやすいです。
きっと娘にとって手放すことのできない一冊になるでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねかしつけにぴったり  投稿日:2009/06/07
おやすみなさい コッコさん
おやすみなさい コッコさん 作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店
2,4,6才の子供たちに読みました。
繰り返しのフレーズが多いから4歳のこがすぐに覚えて真似しました。
こっこさんの最後のせりふがゆっくりになるところが面白いようです。
読んでいるこちらもゆったり優しい気持ちになります。
静かに読み終わる、寝かしつけに良い絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 気付いてくれてよかった  投稿日:2009/06/07
おおきなカエル ティダリク
おおきなカエル ティダリク 作・絵: 加藤チャコ
出版社: 福音館書店
みんなの水を独り占めして分けてあげない意地悪なカエル、ティダリク。
でも怒ったうなぎのあるアクシデントで飲み込んだ水が一気に大地に戻ります。
最後のページでティダリクが思ったことは、子供への大切なメッセージですね。

決してかわいくはないけど、インパクトあるカエルの絵は子供をひきつけます。息子は同じ本が家にもあるのに保育園から借りてきていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お父さんの出番です  投稿日:2008/09/12
おまえ うまそうだな
おまえ うまそうだな 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
恐竜に興味を持ち始めた息子にと借りてきました。
どぎつい感じの絵がちょっと抵抗ありましたが・・・。
読んでみると意外や意外。ストーリーとのギャップに驚きました。
この絵だからこそ、お話のやさしさ切なさが際立つのかもしれませんね。
子供もすごく気に入った様子でした。
ほかの作品もぜひ読んでみたいと思います。
この本はお父さんに手渡して、子供へ読み聞かせをお願いしたらいいんじゃないでしょうか。きっとお父さんも読み聞かせが好きになると思いますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きくなると発見が  投稿日:2008/09/11
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
私も子供の頃大好きだったじぷたのお話。
絶対息子も気に入ると思いながら読んでみました。
やはり「もう一回!」の連続で、一晩に何度も読みました。
読んでる途中に何回もいろんな質問をしてきました。
話の展開が速いってことかな?でも楽しんでいます。

5歳のお姉ちゃんは山火事のシーンでじぷたが川の水を汲んで散水しているのを見て
「もしお水の無いところだったらどうするの?」
自分は考えもしなかったことなので驚きつつ、消火栓のことを説明しました。
翌朝一緒に近くの消火栓を見せました。
絵本から現実のものが学べたよい機会になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もう何回読んだことか  投稿日:2008/09/11
あがりめ さがりめ
あがりめ さがりめ 作・絵: いまきみち
出版社: 福音館書店
三人目が6ヶ月の頃にプレゼントでもらいました。
そのときは2歳だったお兄ちゃんに大うけで、どっちが貰ったかわからないくらいでした。
自分でいないいないバーが出来るようになると、何度も何度も本を持ってきては読んでとせがみました。
最後のページがこわ〜い!けど面白いみたいです。
お兄ちゃんに読んでもらって兄弟で長く楽しんでます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きっと歌が気に入るはず!  投稿日:2008/09/11
ぐぎがさんとふへほさん
ぐぎがさんとふへほさん 作: 岸田 衿子
絵: にしむら あつこ

出版社: 福音館書店
ぐぎがさんとふへほさんの楽しいお話です。

海で歌うシーンではちゃんと楽譜が描かれていて、替え歌?になっています。
何度読んでも3歳と5歳の子が声を出して笑ってます。
きっと気に入ってくれると思いますよ!
【事務局注:このレビューは、「ぐぎがさんとふへほさん」 こどものとも年中向き 2003年5月号
に寄せられたものです。】
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゴリラさんが  投稿日:2008/09/11
はなのあなのはなし
はなのあなのはなし 作・絵: やぎゅう げんいちろう
出版社: 福音館書店
はなのことがよくわかってしかも笑える楽しい絵本です。
鼻くそを綺麗に並べたところとか、ゴリラさんが鼻水の乾いたのを・・・するのとか、ヒエ〜!と思う場面が子供は面白いみたいでした。まじめっぽいのに笑える絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う びりびりでもう読めませんので  投稿日:2008/09/11
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
5年前に最初の子のファーストブックプレゼントでこれを選びました。
二人目でもうビリビリ、無いページもあります。
その子が図書館でこれを見つけて「これうちに無いもん、借りるー!」
きちんとページがそろっている綺麗な本を見て、別物だと思ったのでしょうか?
息子が初めてふれた、3歳の今でも大好きな本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パタパタめくりが楽しいです  投稿日:2008/09/06
どこにいるのメイシーちゃん?
どこにいるのメイシーちゃん? 作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: なぎ・ともこ

出版社: 偕成社
1歳と3歳の子が特にお気に入り。
めくって現れる動物ごとに声色を変えて読んでみたら、3歳の子が早速まねて下の子に読んであげてました。場所の名前が覚えられるのもいいですね。最初うま小屋のことを「うまごやき」と言っていたのがほほえましかったです。
参考になりました。 0人

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット