新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

ちーぽにょさんの公開ページ

ちーぽにょさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、女の子13歳 女の子10歳

ちーぽにょさんの声

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい うちのことだ〜。  投稿日:2014/06/06
おかあさん だいすきだよ
おかあさん だいすきだよ 作・絵: みやにし たつや
出版社: 金の星社
我が家の様子を見てました??というくらい、どのページにも心当たりが・・・。
全てしっかり当てはまります。
叱ってばかり、小言ばかり。そう言えばいいのに、言えてないな〜。きっと子どもはこういってくれたらいいのにって思っているんだろうなと反省。

こどもに読み聞かせたら、そうそう!いっつも気をつけてよ!って逆に叱られそうですね。
でも、最後に、おかあさんの本当の気持ち、だいすきだよっていうメッセージが書かれているので、そこもきちんと受け止めてもらえるといいな。
読み聞かせのときの反応がどうなのか、どきどきです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うふふ。食べちゃったね〜!  投稿日:2011/09/02
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
好き嫌いが多くってとってもエラそうな妹のローラと、ちゃめっけたっぷりで、すっとぼけたお兄ちゃんのチャーリーのやりとりが最高です。
写真のコラージュも面白いし、二人の表情がいい。
テンポがいいから、読むほうも楽しくなってくる絵本です。
もちろん、娘も楽しそう。

ローラ「まめもにんじんもじゃがいもも・・・・・ぜーったい食べないからね!」
チャーリー「あんしんしていいよ。まめもにんんじんも・・・きょうはみんなないんだ」

えー!!いったいどんな献立にしたら食べなくてすむの??
と、思ったら、びっくり。

にんじんは、はるばる木星から届いた『えだみかん』だって。
お兄ちゃんの口調にのせられて妹は「ちょっと食べてみようかな」って食べちゃった!

お兄ちゃんすごすぎる〜。こんな調子で一つずつクリアしていく様子が本当に面白いし、発想・ネーミングがステキ。

他のシリーズもぜひ読んでみたいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いすぎです!  投稿日:2011/08/12
おどります
おどります 作: 高畠 純
出版社: 絵本館
どんなふうに読んだらいいの?
と、迷いながら読み聞かせましたが、どんなふうに読んでも子供にはおおうけでした。
いろんな動物が次々出てきて、踊る。ただそれだけなのに、
『♪ メケメケ フラフラ  メケメケ フラフラ〜 ♪』
という言葉の響きと、楽しそうにあやしげに踊る動物達の絵にこどもは釘付け。
こどもも真似して早速踊り始める♪という、不思議な魅力をもつ絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物園にいこう!  投稿日:2011/06/12
どうぶつえんガイド
どうぶつえんガイド 作・絵: あべ 弘士
出版社: 福音館書店
まさに”よんでたのしい!””いってたのしい!”『どうぶつえんガイド』です。
絵本のような、図鑑のような、でも、ガイドブックというのが一番あってるかな。

旭山動物園に勤務されていた作者の動物への愛着がいっぱい伝わってきます。
知ってるようで知らなかったこと、動物達の様子がいきいきと描かれていて、どんどん引き込まれます。
そういう目線で見るとおもしろい〜、動物のあの行動ってそういう意味だったのか〜と新発見がたくさんありました。
こどもに読んであげると動物園に行った気分になって楽しいし、今度行くときの楽しみ、ワクワク度が増してきます。
親が先に読んどいて、動物園でそのうんちくを披露するのもいいかも!

41種類だけですが、はじめての図鑑として、また動物園を楽しむ(予備知識をもつ、復習する)には十二分。
出会えて良かった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっぺとほっぺをきゅ!!  投稿日:2011/01/21
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
妊娠中に本屋さんで見つけて、とてもかわいらしいイラストに魅かれて購入しました。
きっと子どもも好きになってくれるに違いない!!と思っていましたが、子ども自身の評価は「まあまあ好き」くらいのようです。
それでも、私は三浦太郎さんの使う明るい色や絵が大好きなので、この本が好きになってくれるよう頑張って読み聞かせています。

「ぞうさんとぞうさんが〜〜」と間を持たせて、「くっついた!!」と驚いた風に読んでみたり、「くっついた」と読むときに声に合わせて、手を握ったり、ほっぺをくっつけたり。
そうやって読むと、子どもも喜んで「もう一回」「もう一回」とリクエストしてくれます。
こどもとたくさんスキンシップのとれる絵本ですよ♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙、なみだ  投稿日:2011/01/03
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
「下の子ができてから上のお子さんに手を焼いている、困っている」というお母さんに保育園の先生が読むことを勧められていた本です。
けなげに頑張るなっちゃんが最後にお母さんに甘える様子、お母さんが上手に甘えさせてあげてる場面で、思わず涙が…。
読んでる私が泣いてしまうので、読み聞かせなんてできない。
ママの気持ちにぐっとくる、絵本です。

自分にも二人目の子どもができたらぜひ購入したいと思っていました。
そして、次女ができて、我が家の本棚に仲間入り。
長女は自分と重ねているのか、何度も「読んで」と持ってきました。
ときには、「ちょっとだけ、がんばってるの〜」と言いながら自分のことを自分でやってみせたり、子どものこころもがっちりつかむ素敵な絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ぐいぐい引き込まれます  投稿日:2010/12/29
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
子どもに読み聞かせているとページをめくる度、私もわくわくどきどき。
「そうくるかぁ!」、「なるほど・・・」、「次は何かな♪」とぐいぐい引き込まれていきます。
最後はなんだか心がぽっとあたたかくなる絵本です。

もちろん、子どもも大好き。
単純な絵本でないと途中でどこかに行ってしまう娘も、この絵本なら最後まできちんと座って聞いて(見て)くれます。
読んでる声に合わせて、「あっ」とか「ぱっ」とか声をあげて喜んだり、そして、時々、一人で絵本をめくって眺めていることも!!
ひとりでじぃーっと不思議な絵に見入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハマりすぎです  投稿日:2010/12/29
だるまさんの
だるまさんの 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
「だるまさんが」が大のお気に入りの3歳と1歳の娘達。
同じパターンだろうし、どうかな?うけるかな??と心配していたけど、全く問題なし!!
先に3歳の娘が読んで大喜び。「め!」が飛び出ただるまさんの絵におおうけでした。
「私が妹によんであげる〜!!」と大張りきりで読んでくれ、次女はどのページにもきゃきゃっと声をあげて笑っていました。
そんなに面白いの?!本当に?!と、こちらがびっくり。
何回読んでも、大笑いなんです。
一人で本をとりだして、めくっていることもあるし、長女が次女に読んであげていたり、親子でも楽しめるし、素敵な楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たのしい☆おもしろい!  投稿日:2010/12/16
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
3歳と1歳の娘のお気に入りです。
私が娘二人に読み聞かせたり、長女が次女に読んであげたり、次女が一人でぱらぱらページをめくって楽しんだり、いろいろ楽しんでいます。
特に、長女は、「だ・る・ま・さ・ん・が」と読み始めると、絵と同じように体を左右に動かして、顔も真似て、「ぷっ」とお尻を突き出して、だるまさんの真似をして喜んでいます。それを見て、次女も大笑い。
とってもシンプルで、短い絵本だけど、楽しみ方はいろいろ♪すてきな本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おおウケです☆  投稿日:2010/10/25
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
ぴょーん!と飛んだときの動物の表情がおもしろい。
大人には受けそうな絵だけど、子どもには??…と思っていたら、子どもも食い入るように見て、「ぴょーん!」と繰り返されるテンポの良いジャンプに大喜び!
縦型の本なので、動物が「ぴょーん!」と飛ぶ度、同じように本も動かして読むときゃっきゃっと声をだして笑ってくれます。
自分で本をめくることができるようになると、自分でめくって「ぴょーん」のページでにたっと笑っています。
何回読んでも、笑うので、読んでいるこちらも楽しく嬉しくなる本です。
参考になりました。 0人

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット