季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ミュさんの公開ページ

ミュさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子2歳

ミュさんの声

386件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 英語で読み聞かせ  投稿日:2021/03/04
英日CD付2ヶ国語絵本 ももたろう MOMOTARO The Boy Born from a Peach
英日CD付2ヶ国語絵本 ももたろう MOMOTARO The Boy Born from a Peach 作: 中村 とも子 鈴木 小百合
絵: 本多 豊國
語り: 根本泰彦
音楽: 長生淳

出版社: ラボ教育センター
誰もが概要はしっているお話と思いますが、とっても細かくお話が構成されているので親も楽しめます。
そしてなんといっても英語がよい!いつも日本のものを紹介する時に自分で訳すのが苦痛だったので、英語付きはとっても助かります!
英語必須の時代の息子に読み聞かせることもできるし、重宝しそう。

絵が芸術的で日本らしい力強い毛筆風、且つ日本的なデザインの背景があったりと楽しめます。英語付きだというだけでなくそういった点でも海外の方へのプレゼントにも使えるなと思いました。

ただ、なぜきび団子を半分だけ挙げたのか?桃太郎が鬼をやっつけなかったのか?等自分のしっているお話と違う部分があり、基礎としてあげるのはどうかな?と思ったり、子供に質問されると少し困るな・・と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 皆特別、皆に注目  投稿日:2021/02/28
109ひきのどうぶつマラソン
109ひきのどうぶつマラソン 作・絵: のはな はるか
出版社: ひさかたチャイルド
みんな特別、それが分かる絵本です。
109種もの動物がマラソンでゴールを目指し、最後は皆それぞれの一番になり金メダルをもらいます。
みんな見た目も特技も違うけど、みんな何かに長けていて、それを目の見えるかたちで讃えてもらえる、学べるし報われる、気持ちの良いお話だなと思いました。

絵が1匹1匹細かく描かれており、子供と一緒に毎ページ念入りにじーっくりと見て楽しみました。
本編と違ったところで毎ページ探してみよう、の出題があったり、それをヒントに自作の質問を出し合ったりしているうちに、各動物各場面での物語が何通りもできちゃいます!!
ジャングルや雪等色々な環境が出てきたり、動物たちの間で助け合っている姿も見れたり、とにかく盛りだくさんの絵本で大満足間違いなしです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ありがとうのさようなら  投稿日:2021/02/28
おめでとうかいぎ
おめでとうかいぎ 著者: 浜田 桂子
出版社: 理論社
ゆうきくんが卒園した夜、ゆうきくんを今まで支えてきたモノたちが大集合して門出を祝い、次のステージへ送り出してくれます。
人生の節目の、嬉しい反面、寂しさや不安も入り混じるような絶妙な心境をうつしだし、皆応援しているよというメッセージも含まれている、おめでとうがこめられている暖かい絵本です。

「ありがとうのさようなら」という言葉が心に残りました。巣立つ時に、そのように捉え、考えることができればとっても素敵だなと思いました。
次は任せたというモノたちの引継ぎもかわいいです。
お話から子供に伝わったことに終わらず、親としても末永く応援しているよということをしっかりと伝えて、子供たちが安心して人生を楽しめるように心がけようと再認識できました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 焼きもち予防  投稿日:2021/02/27
おもちのかいすいよく
おもちのかいすいよく 作: 苅田 澄子
絵: 植垣 歩子

出版社: 学研
海は、にぎやかな食べ物たちでいっぱい!まずこの楽しいページをじっくりみてしまいます。
おもちが迷子になって助かるストーリーですが、最後に焼きすぎてやきもちになっちゃうというお茶目さが楽しいです。
じりじり太陽に焼かれると、調理後と同じになるんだな、と仕組みがわかったのではないかと思います。
だんだん日が長く、強い季節になってきたので今年の夏は日焼け止めを塗る時にこのお話を活用してすんなりいくのではないかと期待しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏満載  投稿日:2021/02/27
なつのおとずれ
なつのおとずれ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: PHP研究所
夏の風物詩たちが呼ばれて、太陽と共に夏をはじめる、とっても素敵なアイディアのお話だなと思いました。
太陽から放出された後の夏盛りだくさんの見開きのページはどこか懐かしく、細かく夏が散りばめられており楽しく眺められます。子供と一緒に色々と発見しては報告しあいました。
なんとも味のある絵本だなとほっこりしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自信をもって  投稿日:2021/02/27
おへそはどこかなかえるくん
おへそはどこかなかえるくん 作: さくら ともこ
絵: 塩田 守男

出版社: PHP研究所
雷に取られたおへそを気にしていたかえるくんたち。
生まれた時からそれぞれに特徴があって、みんなと違うからといって決して変じゃないのだよ、ということが学べたかと思います。
それでも不安に思うことが今後でてくるだろうけど、正々堂々としていられるためにはうさぎさんがやってあげたみたいに、自信をもってもらえるような計らいを親としてやっていけたらなと私自身の勉強にもなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ようこそ赤ちゃん  投稿日:2021/02/27
ムーフと99ひきのあかちゃん
ムーフと99ひきのあかちゃん 作・絵: のぶみ
出版社: 学研
たーくさんの赤ちゃんが生まれてびっくりしている最中に囚われてしまったムーフ。最後はその赤ちゃんたちが助けてくれます。
最後に、びっくりした後色々あって、遅れたけど、「生まれてきてくれてありがとう」、と言うしめくくりに感動しました。
そして、日々感謝しきれていないなと改めて気づかされました。体を息子はストーリー自体を楽しそうに見聞きしていました。特につかまるまいと逃げ続けるムーフの姿がおもしろかったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぽんちゃんとおなじ  投稿日:2021/02/27
はずかしがりやの ぽんちゃん
はずかしがりやの ぽんちゃん 作・絵: にき まゆ
出版社: 学研
はずかしがりやのぽんちゃんが、一緒にあそぼう、と言う練習をこーっそり行います。
息子が正に後ろに隠れるほど人見知りをする状態なので、親子そろって親近感をもちながら読み進めました。
ぽんちゃんみたいに練習すれば言えるようになるね、ぽんちゃんみたいに言ってみたら結構いい感じかもよ?、ぽんちゃんにもお友達できたね!、と色々と自身に照らし合わせながら読みました。
これで少しは歩み寄る勇気がでてくれれば、と思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う サンゴの森に住む  投稿日:2021/02/27
サンゴのもり
サンゴのもり 著: きむら だいすけ
出版社: イマジネイション ・プラス
サンゴの森での生活のお話です。
日常を描いていて、なので、大きなストーリーの流れはありません。
メンバー紹介で様々なおさかなや生き物がでてきたり、満月の日にサンゴの森で起こる出来事を教えてもらったり、というほのぼのした内容で、実際住んだら、仲間になったら、どんなかな?と子供と一緒にお話しながら読み進めました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 助け合い  投稿日:2021/02/27
おむすびさんちのたうえのひ
おむすびさんちのたうえのひ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: PHP研究所
おむすびさんちの田植えの日に近所の人達が助けにきてくれます。
皆協力しあって田植えをしている、助け合いがよく見て取れます。
メンバーも面白いし、田植えをする情景が非日常で楽しいです。
たこといかの田植え名人が登場する場面は笑ってしまいました!たしかに!なぁるほど、と(笑)
古き良き日本の、和む絵と共にとっても癒されました。
参考になりました。 0人

386件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット