もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ゆがゆがさんの公開ページ

ゆがゆがさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、男の子12歳 女の子9歳

自己紹介
5歳の息子と2歳の娘のママ。
小さいころから絵本がある生活を送っているので、息子は絵本が大好き。
おもちゃを手にしているよりも、絵本を持って、「読んで」とせがんだり、一人でぱらぱら見ている時間が多いです。
ひとこと
子供たちに読んであげた本でお気に入りのものを載せています。
子供たちの反応を記録しています。

ゆがゆがさんの声

48件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絵本のバイブル  投稿日:2012/01/30
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
子供が生まれて絵本を探すも、自分で選ぶといつも同じような絵本ばかり。
そして何よりもどんな絵本がオススメなのわからなかったときに、絵本クラブをはじめ、そのときに届きました。

はじめはどうせ自分たちが子供の頃に読んでもらった有名な絵本ばかりが紹介されてるんじゃないかと見向きもしませんでしたが、ある時本の整理をしながら、この本をペラペラめくってみたところ、見たこともない絵本がいっぱい載っていることに気づき、さらには気になる絵本は1ページやあらすじではなくて、その1冊を読みたいという欲望をもたらせてくれる一冊です。

自分たちがおかれている立場で、読んであげた、読みたい一冊を探すのにも役立っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 仕事と育児  投稿日:2011/10/12
どんぐりむらのぱんやさん
どんぐりむらのぱんやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
どんぐりむらのパン屋さんのパパとママは大忙し。
新しいパンができないから、子どもたちと遊園地へ行く約束を延期にするなんて、子どもたちにはかわいそうなお話です。

子どもたちは遊園地に行きたいために、夜中にこそこそパン作り。
そんな子供たちの姿に涙がでます。

仕事と子育ての両立は大変だと思いますが、やっぱり子どもたちとの時間はしっかり持ってあげなければならないなぁと思う一冊でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい リアルなうんち  投稿日:2011/10/07
うんちしたのはだれよ!
うんちしたのはだれよ! 作: ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵: ヴォルフ・エールブルッフ
訳: 関口 裕昭

出版社: 偕成社
「うんちの本読んで〜」と息子にせがまれて購入しました。

うんち=きたないという印象でなかなか手を伸ばせませんでしたが、この本はそれぞれの動物のうんちの特徴がリアルに表現されていて楽しませてもらいました。

はとのうんちは「ピシャッ」
馬のウンチは「ボトン ボトン」など。

親子で動物園に行って、実際の動物たちがどのようなうんちをするのか見るのも楽しみですね。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う やっぱり女の子向け?  投稿日:2011/10/07
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
私が子供の頃お気に入りの絵本でした。
白いワンピースが次々かわり、「にあうかしら?」と問いかける。
おしゃれ好きの女の子にはお気に入りの一冊になるでしょうね。

うちの息子に読みましたがあまり関心を示してくれませんでしたが、下の娘がもう少し大きくなったら一緒に読みたい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 発想がおもしろい  投稿日:2011/10/07
とりかえっこ
とりかえっこ 作: さとう わきこ
絵: 二俣 英五郎

出版社: ポプラ社
とりかえっこの中身が面白い発想の本でした。

「とりかえっこ」と言ったらモノが一般的でまさか泣き声を交換するとは。

猫に食べられそうなひよこの泣き声は「わん」
かたつむりさんの泣き声は「む」?
息子は大笑いしながら読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 温かな気持ち  投稿日:2011/10/03
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
毎日あわただしいこのご時世、次の人のために・・・ということを忘れかけているのではないですか?

「どうぞ」
「遠慮なく」
「あとの人におきのどく」

こんな気持ちを素直にできたらいいですね。

絵本の文章だけでなく、絵を通しても心温まる本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひと工夫がだいじ  投稿日:2011/10/03
どんぐりむらのぼうしやさん
どんぐりむらのぼうしやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
ただのどんぐりの帽子では売れない・・・

そんなある日、ねずみたちが自分たちの帽子を見分けるために絵具でお絵かき。

これをヒントにどんぐり屋さんたちはいろんな材料を拾い集め、どんぐり帽子に飾り付け。

一つ一つが個性豊かなものになり、今まで売れなかった帽子がうそのようにみんなが買ってくれる。

心温まるお話ですね。


このお話をヒントに、何もしなければただのゴミになってしまうものを、切ったり、他の物をつけたりして廃材遊びを子供と楽しめるようになりました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ほんもののおはなし  投稿日:2011/10/03
三びきのこぶた
三びきのこぶた 作: (イギリス昔話)
絵: 山田 三郎
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
誰もが触れたことのあるお話ですよね。
私自身、本物の「さんびきのこぶた」を息子と一緒に初めて読みました。

こぶたが食べられてしまう。
そして、さいごにはオオカミが食べられてしまう。
と簡略版のお話とはちがい、怖い場面もありましたが、
中途半端でいると危険があるということを息子とともに感じ取りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなぬくぬく  投稿日:2010/11/24
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
保育参観の日のできごと。
保育園のお散歩途中で手袋を拾った子どもたち。
先生は園に戻ると、子どもたちにこの絵本を読み始めました。

「手袋って?」と言っていた子どもたちが、自分たちが拾ったものですっかり理解ができたらしく、上手にお話を聞くことが出来たとか。


そんな我が家でも、今一番のお気に入り。
くいしんぼうねずみ、ぴょんぴょんがえる、はやあしうさぎetcが手袋に住み始め、次第に大きな動物たちが・・・
手袋に入りきれないのを感じたのか、6匹目のいのししあたりから、

息子「満員です」
ママ 絵本に沿って「どうしてもはいってみせる」
息子『「いれて」「いいよ」といってからでしょ?』
とやり取りが始まります。

こんな会話をしながら、手袋に動物たちを迎え入れます。
7匹入った手袋は窮屈そう。おしくらまんじゅうをしたりしながら、楽しんでいます。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい いろんなパン  投稿日:2010/11/24
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
お父さんカラスとお母さんカラスは4羽のカラスの子どもたちの子育てでいっぱいいっぱい。
パン屋さんがうまく回らず、失敗パンがおやつ。
他のカラスと違うものを食べているのをきっかけに、カラスの子どもたちの興味を誘います。

たちまちお客さんが増え、「お店をきれいにしてほしい」「もっといろんなパンを置いてほしい」と要望が・・・

パン屋のカラスたちは、ちゃんとその要望にこたえ、お店の掃除、いろんな形のパンを用意します。

おもちゃや本を出しっぱなしにしている息子に、きれいにすると気持ちいねぇと絵本を通して教えられます。

この本を読んだ後、「どのパンがすき?」「中に何が入っているのかなぁ」「こんなの売っているかなぁ」と親子の会話も進み楽しませてくれます。
参考になりました。 0人

48件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット