宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>

検索結果

現在の検索条件

3歳

31602件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★3  これは… 投稿日:2018/12/03
みせすゆさん 30代・ママ・栃木県  
もりのなか
もりのなか 作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: まさき るりこ

出版社: 福音館書店
なかなか深い絵本だと思います。
子どもが一人、森の中へ散歩をしに行くところから始まり、動物たちがあとから着いてくる、と簡単に話せばそんなお話です。

しかし、そんな単純なものじゃないんです。言葉では表せられませんが、どことなく、深いものを感じる、そんな感想を持ちました。
参考になりました。 0人

★3  絵はとても好きですが… 投稿日:2018/12/04
バンピーナさん 30代・ママ・神奈川県  女の子3歳
しんせつなともだち
しんせつなともだち 作: 方 軼羣 (ふあん いーちゅん)
絵: 村山 知義
訳: 君島 久子

出版社: 福音館書店
他レビューでもあったように、なぜ頂いた物を食べなかったのかな?と思いました。
子どもも最初、優しいね?と言いながら読んでいましたが、数回読んだ辺りから何でカブを誰も食べないの?と聞いてきました。こういうお話は他にもあると思うのでこの本でなくてもいいかな?というかんじでした。
参考になりました。 0人

★5  驚きの縦長画面! 投稿日:2018/12/04
エホンヨウさん 20代・その他の方・群馬県  
なが〜くのびる しかけえほん とんでった
なが〜くのびる しかけえほん とんでった 作・絵: たかい よしかず
出版社: KADOKAWA
友人宅に遊びに行くのに、お子さんへのプレゼントとして購入しました。

自分で開くのが楽しいのか、こちらが読むのも待たずに全ページぐるぐる開いていました。
ぶらぶら持ち上げているのを見ると、1ページが子どもの座高より長い!縦画面の珍しさに加えて意外な大画面さに、驚きました。

友人の子は、節分で覚えた「鬼」が嬉しいのか、妖怪のページがお気に入りでした。
参考になりました。 0人

★5  バケバケベーカリー みんなで協力して美味しいパンできたね 投稿日:2018/12/04
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
おばけのパンこうじょう
おばけのパンこうじょう 著者・絵: オームラ トモコ
出版社: 理論社
おばけのパン工場 なかなか  労働条件いいですね!

時給もいいし  あかるく 楽しい職場  良いねえ〜
パートさんも なか良さそうで  いいお仕事だと思いました
(働く立場で考えると)

オートメーションで みんな楽しく働いていましたが 雷で 停電!

バケバケバー  おばけの世界でも おばけにびっくりするというのが 笑えますね〜  

バケバケベーカリーは 雲の上に 工場があるんですね

そして コンビニとか お店に届けられると みんなが楽しみに買っていきます(みんな パン好きですものね)

お味はいかが?  食べてみたいな〜    美味しそうです!
いろんな味がありそう

みんなで作った 自慢の バケバケパン   パンが大好きですから 

これからも おばけ工場で  おいしいバケバケパン期待しています〜  
いろんな種類のパンがあるといいな〜  
パンやさんて  夢があんです
 
かわいい 絵本ですね  子どもたちに受けそうですね

読んであげたいです〜!
参考になりました。 1人

★5  のりもの好きの子にはお勧め! 投稿日:2018/12/03
hime59153さん 40代・ママ・三重県  男の子7歳
トラックはこぶよ
トラックはこぶよ 作: こもり まこと
出版社: 福音館書店
小さなトラックが出かけて行って、ちょっと大きなトラックに乗せてもらい・・・の繰り返しなのですが、色々な種類のトラックが出てきますし、みんなとても楽しそうで可愛い!
車の表情が可愛いので、息子もにこにこしながら、何度も読んで欲しいとせがんでくれた一冊です。
参考になりました。 0人

★5  わんぱくだんシリーズです 投稿日:2018/12/01
みせすゆさん 30代・ママ・栃木県  
わんぱくだんのきょうりゅうたんけん
わんぱくだんのきょうりゅうたんけん 作: 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
わんぱくだんシリーズが好きな我が子のために読みました。
けん、ひろし、くみの三人がいつも通り不思議な国?へ迷い込みます。
末崎さんの絵は毎回丁寧に描かれていて感心してしまします。
我が子たちは、わんぱくだんの3人はいいなぁ、きょうりゅうの国に行けて、、、と羨ましがっていました。
参考になりました。 0人

★4  恐竜にはまっている我が子に 投稿日:2018/12/01
みせすゆさん 30代・ママ・栃木県  
恐竜トリケラトプスときけんな谷 ラプトル軍団と戦う巻
恐竜トリケラトプスときけんな谷 ラプトル軍団と戦う巻 作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店
とにかく恐竜好きな子どものために読みました。
肉食でも草食でも恐竜が好きなので、なんでもくいつきます。
黒川さんの恐竜の絵本はだいたい肉食恐竜が敵として描かれていますが、わが子たちはそれでも(草食恐竜からすると)ハッピーエンドの結果にほっとしている様子です。

とても楽しく読ませていただきました。
参考になりました。 0人

★4  最初の数ページは勉強です。 投稿日:2018/12/01
みせすゆさん 30代・ママ・栃木県  
勇者のツノ 化石が語るトリケラトプスの話
勇者のツノ 化石が語るトリケラトプスの話 作: 黒川みつひろ
出版社: こぐま社
恐竜の絵本で有名な黒川みつひろさんの作品です。
いつも通り最初から物語が始まるのかなとおもいきや、最初の数ページは少しお勉強の内容が入っています。

少し大きめのお子様にはとてもいい内容だと思います。

定番の草食恐竜vs肉食恐竜の物語なので
恐竜好きのお子様にはもってこいの絵本だと思います。
参考になりました。 0人

★3  字のない絵 投稿日:2018/11/30
まことあつさん 30代・ママ・新潟県  男の子6歳、男の子3歳
かもつれっしゃ
かもつれっしゃ 作・絵: 長嶺 太
出版社: 岩崎書店
字のない絵本で
電車の好きな3歳児には面白いのではと読んだのですが、
最近お話し好きになってきたせいか、
「よんで、おはなしよんで」のコール。

親が勝手に「あ、これ何してる?」きくと、「虫とってる」
「貨物の中になにがある?」「うし」と答え、
「みんなで線路直してるね〜」と状況をいっていると、
「おはなしよんで」
・・・

読むタイミングが悪かったのか、
私の読み方にもっと工夫がいったのか。

繊細な絵でじっくり眺められました。
参考になりました。 0人

★5  とんとんたんたんうたいたくなる♪ 投稿日:2018/11/30
みーみーがっちゃんさん 50代・その他の方・東京都  
とれたんずのえほん つぎはーなんのおと?
とれたんずのえほん つぎはーなんのおと? 作: yajitama
声: 櫻井孝宏

出版社: オレンジページ
はやぶさくんはじめ仲間たちと子どもとうたいたくなる本。おとがでるボタン、うたをうたうボタン、いろいろあるけど、ボタンがなくてもとんとんたんたん口ずさんでしまう。絵本に音がくわわると楽しい。とれたんシリーズのなかでも画期的な一冊です。大勢の子どもたちの読み聞かせにもいいかも。
参考になりました。 0人

★4  おじいちゃんの口調がいい 投稿日:2018/11/30
まことあつさん 30代・ママ・新潟県  男の子6歳、男の子3歳
しょうたとなっとう
しょうたとなっとう 作: 星川 ひろ子 星川 治雄
絵: 星川 ひろ子 星川 治雄

出版社: ポプラ社
なっとうが好きな息子たち。

でもなっとうってどうやってできるか、
豆からできるんだよって教えてもイメージがわいていなかったので、
種をまくところから、ストーリー付きで、
(しかもおじいちゃんの口調がいい!)
わかりやすかったです。

でも、菌をわざわざつけるかと思っていたら
ただ藁でくるんで蒸しただけでできるなんてびっくりです!

なっとうぎらいのしょうたくんが、
昔ながらの匂いのきついなっとうを気に入るなんて
正直嘘っぽいですが、
自分で育てて過程を見てきた分愛情が勝ったんでしょうね。
参考になりました。 0人

★5  ぼくもろば飼いた〜い 投稿日:2018/11/30
まことあつさん 30代・ママ・新潟県  男の子6歳、男の子3歳
わたしのろばベンジャミン
わたしのろばベンジャミン 作: ハンス・リマー
絵: レナート・オスベック
訳: 松岡 享子

出版社: こぐま社
今から25年以上も前に出版された本だそうですが、
いろいろな本で紹介されているので読んでみました。

ちょっと文章が長いのですが、写真もたくさんあり、
ストーリーも面白いので、3歳児も最後まで聞いていました。

ろばってかわいいですね。
目も大きくて、毛もふわふわで、役に立つし。
息子も「ぼくもろば飼いた〜い」って言い続けていました。
参考になりました。 0人

★5  少しずつ声色を変えて 投稿日:2018/11/30
まことあつさん 30代・ママ・新潟県  男の子6歳、男の子3歳
おやすみみみずく
おやすみみみずく 作・絵: パット・ハッチンス
訳: 渡辺 茂男

出版社: 偕成社
本でお勧めされていたので読みました。

眠たいみみずくの周りでいろんな鳥たちが様々な声で鳴くので、
みみずくが「あーねむたい」っていうのですが、
その言い方を少しずつ声色を変えたり、
ちょっとイラっとした感じで読むと、
子どもたちはきゃっきゃっと笑って喜びました。

鳥の鳴き声も姿も個性があって面白かったです。
参考になりました。 0人

★4  リズムがいい! 投稿日:2018/11/29
森の小人さん 40代・ママ・大阪府  
Brown Bear、 Brown Bear、 What Do You See?(洋書) ハードカバー
Brown Bear、 Brown Bear、 What Do You See?(洋書) ハードカバー 作: ビル・マーチン
絵: エリック・カール

出版社: Henry Holt & Company
色使いが綺麗なこと、英語のリズムが良いことが気に入って購入しました。
色々な動物が出てきて、同じセリフを繰り返します。英語を知らない子供も、いつのまにかそのセリフを口にするようになりました。色と動物の名前も絵本を通じて自然と覚えるようになるので、英語に興味のある親子にオススメです。
参考になりました。 0人

★5  名作です! 投稿日:2018/11/29
森の小人さん 40代・ママ・大阪府  
よこながきしゃぽっぽ
よこながきしゃぽっぽ 作・絵: リチャード・スキャーリー
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
仕掛けがたくさんあって、楽しい絵本です。最後に絵本を広げてみるとすごく長くてそれだけで子供が大喜び。文字が読めない子供でも、自分で絵本を何度も広げて遊んでいました。乗り物好きな子供も、そうでない子供にもオススメです。
参考になりました。 0人

★5  英語で読んでも心に響きます! 投稿日:2018/11/29
森の小人さん 40代・ママ・大阪府  
Rainbow Fish(にじいろのさかな)
Rainbow Fish(にじいろのさかな) 作・絵: マーカス・フィスター
出版社: New Books and Merchandise
英語が子供に絵本を読んであげたくて、購入しました。一生懸命読む母の英語を最後まで子供は聞いてくれていました。言葉を超えた素敵なイラストとストーリーが気に入って、何度も何度も読み聞かせしました。
分かち合うことの大切さは、世界共通。そういうことを世界中の子供がこの絵本を通じて感じてくれたらいいですね。
参考になりました。 0人

★5  リアルな断面図! 投稿日:2018/11/29
みーみーがっちゃんさん 50代・その他の方・東京都  
のぞいてみよう!いきもののスゴイひみつ
のぞいてみよう!いきもののスゴイひみつ 作・絵: 松島 浩一郎
監修: 今泉 忠明

出版社: JTBパブリッシング
どうぶつたちのリアルな断面図に目が釘付けになる。かこさとしさんの「だんんめんず」に通じる。アフリカのサバンナ、北アメリカの森林、海のなか、日本の里山から大昔のいきものまで、生態に思いをはせる。どの生きものも目が愛らしく、ちょっとこわくなる断面図とのギャップが激しいのも見どころ。
参考になりました。 0人

★5  オウムのママとフクロウおじさんに励まされ 投稿日:2018/11/24
おしゃすさん 40代・ママ・神奈川県  男の子4歳
ドアをあけたら
ドアをあけたら 作: しまだ ともみ
出版社: 東京書店
私は読書が大好きです。でも、子どもが幼い頃は子育てに追われ、読書の時間は遠のくばかりでした。
子どもが3歳くらいのころ、この本に出会いました。ドアの穴から見えている動物たちが、実際にページのドアを開けると、全く違う動物だったという、楽しい絵本です。子どものお気に入りですが、文章の語調もよく、イラストも温かみがあって、私も好きな一冊です。
私には特にお気に入りのシーンが二つあります。一つはコアラと思わせて、実はオウムのママが子育ての合間に美味しそうなオレンジジュースで一休みしているところ、もう一つは一つ目おばけと思わせて、ドアを開けるとお茶を片手に読書をしているフクロウおじさんの部屋の様子。
子どもの寝かしつけで良く読んでいましたが、このシーンに随分と慰められ、励まされました。この子が眠ったら一休みしてオレンジジュース飲んで、それから読書をしよう。。。そう思っていても、実際は自分も眠ってしまって、なかなか思い通りにはなりませんでしたが、それでも絵本の中の動物たちに励まされた、私の大切な思い出の詰まった一冊です。
参考になりました。 0人

★5  これからは英語で絵本もいいですよね! 投稿日:2018/11/23
Pocketさん 40代・ママ・大阪府  女の子16歳、男の子12歳
はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)
はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) 再話: 深山 さくら
出版社: くもん出版
小学生でも英語教育が必須になるという時代になりました。乳幼児のうちら、自然と耳にすることができれば理想的です。

外国の絵本が英語で書かれたものはこれまでも数多く目にしたことがありますが、日本の昔話が英語で書かれているものはそれほど多くはなかったように思います。
外国の方に日本の昔話を伝えるのにも有効ですし、子どもにもなじみのあるストーリーを英語で読むというのもとても新鮮だと思います。
CDがついているので、発音に自信のない私でも・・安心して子どもに読むことができるのも良いと思います。
はじめてのえいごシリーズがたくさん出るといいなと思います。
参考になりました。 0人

★5  なっとうの運動会 楽しい〜 歌いながらリズムにのってね! 投稿日:2018/11/21
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
ねばらねばなっとう
ねばらねばなっとう 作: 林 木林
絵: たかお ゆうこ

出版社: ひかりのくに
♪静かな湖畔の♪リズムに乗って

なんと なんと なっとうの運動会とはおもしろいですね
つなひき かけっこ 玉入れまで・・・・

なっとうたちの 楽しそうなこと! そして 野菜さんたちの応援団も みんなみんな 笑顔で 楽しくなる絵本ですね

リズムに乗って 子どもたちと楽しめる絵本ですね

じっくり 絵を見るのも 楽しいです
   
運動会 子どもたちがみんなで力合わせるのを なっとうたちがみんなで 力合わせて 楽しんでる〜

組みたいそうも おもしろい かいじゅうが いっとう いっとう
笑えますね
    
歌って、笑って 楽しもう なっとうと一緒に 運動会を!

あ〜楽しい!
なっとう嫌いな子どもたちも 好きになれそうですね??
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

31602件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット