ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

一緒に楽しい旅を
全ページお試し読みで読みました。 船…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>

検索結果

現在の検索条件

4歳

28324件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★4  清涼感! 掲載日:2018/08/18
morimoriさん 30代・ママ・山口県  
どどどーん ぱっ!
どどどーん ぱっ! 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 鈴木出版
暑い暑い夏にぴったりの、清涼感あるお話でした。夏はやっぱり涼しいところに行きたいし、みんなでワイワイできる楽しいことをしたい!夜はみんなで花火をして楽しい時を過ごしたライオンさんたちの様子を見て、「いいな〜!」という我が子でした。緑のリュックサックも納得でした。まるみのある絵がなんともかわいくて気に入ってます^^
参考になりました。 0人

★5  どこまでいったら終わるのでしょう 掲載日:2018/08/09
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
ぶんぶんぶるるん 【改訂新版】
ぶんぶんぶるるん 【改訂新版】 作: バイロン・バートン
訳: 手島 悠介

出版社: ほるぷ出版
はちがおうしをチクリと刺して、刺されたおうしがビックリ跳ね回り…、とどんどん続いていくお話です。
この作品を紙芝居で見たことがありますが、絵本にまとめられて読み聞かせしやすくなりました。
ユーモアたっぷりのお話です。
表紙に出演者全員が登場しているのが印象的です。
参考になりました。 0人

★5  おばけが泣いた 掲載日:2018/08/09
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 ちいさなおばけ
紙芝居 ちいさなおばけ 作画: 瀬名 恵子
出版社: 教育画劇
親切でやさしいおばけもいるのですね。
泣いているちいさなうさぎのために、一生懸命になって相手をしてくれました。
そのちいさなおばけを泣かしてしまって、その訳がわからないうさぎちゃん。
年少児の日ごろの生活を思い起こすと、当てはまる光景が思い描かれて和みます。
絵本も紙芝居も瀬名さんは、怖くないおばけ好きですね。
参考になりました。 0人

★4  可愛いろくろ首 掲載日:2018/08/09
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
ろくろっくび
ろくろっくび 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
怖いろくろ首のイメージから離れた、可愛いろくろ首の女の子の絵本です。
「ふしぎなたいこ」や「てんぐだいこ」に近い展開で、親しみの持てるおはなちゃんでした。
ろくろ首の怖い話の合間に組み込むと、子どもたちの緊張感がほぐれてちょうどいいかもしれません。
参考になりました。 0人

★5  ものを粗末にあつかうと 掲載日:2018/08/09
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
くずかごおばけ
くずかごおばけ 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
わかりやすくて怖い本です。
ものを粗末にしていると、それらが化けて出てくるぞと、自分も小さい頃に言われたことを思い出します。
何でも大切にしましょうと言うことなのですが、絵本になってみると、やっぱり怖いですね。
参考になりました。 0人

★4  目が悪いと困ること 掲載日:2018/08/08
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
めがねうさぎ
めがねうさぎ 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
メガネなしではいられないうさこちゃんが、メガネをなくしてしまうとこれだけ大変なのだと思ったら、見えなくて良かったこともあるのですね。
独特なちぎり絵で、とぼけたお化け絵本を連発するせなけいこさんの世界にはまってしまいました。
怖くないお化け絵本です。
参考になりました。 0人

★4  お化けの仲間入り 掲載日:2018/08/07
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
ぼくはかさ
ぼくはかさ 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
ビニール傘がお化けになったらこんなに可愛いお化けになるのですね。
お化けの仲間入りすることで、たろうちゃんの関心を呼び戻した傘ですが、お化けって怖いものじゃなかったのかなあ?
お化けの世界で、いろんなお化けが応援してくれているところが微笑ましかったです。
参考になりました。 0人

★5  やさしいお医者さん 掲載日:2018/08/07
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
おばけいしゃ
おばけいしゃ 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
お化けが出てくる怖くないお話です。
誰にでもやさしいお医者さんは、お化けにもやさしいものだから、すっかりお化けに頼られる人になってしまいました。
怖いお話で縮こまってしまった子どもの癒しのような絵本です。
参考になりました。 0人

★5  怖くないお話 掲載日:2018/08/07
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 おじいさんとおばけ
紙芝居 おじいさんとおばけ 作: 堀尾青史
絵: 瀬名恵子

出版社: 童心社
ひとつ目小僧やろくろく首のお姉さんが現れてもちっとも動じないおじいさんのおかげで、不思議と怖さを感じないお化け話です
幼児向けの紙芝居かと思います。
せなけいこさんの絵も、どこかユーモラスです。
安心できる作品でした。
参考になりました。 0人

★5  喜ばれそう 掲載日:2018/08/07
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
おしゃれノート
おしゃれノート 作・絵: 渡辺 直樹
出版社: コクヨ
女の子が喜びそうなものを探していて
みなさんのレビューを参考に買ってみました。
プレゼントする前に、開いてみて、盛りだくさんで楽しめそうなので
どんな風に遊んでくれるのか、プレゼントするのが楽しみです。
まずは基本のおしゃれノートと、少し年上のまご娘には、ほかのシリーズを。良かったら、違うのも買ってみます。
参考になりました。 0人

★5  どきどきひとり旅 掲載日:2018/08/07
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
小さな子どものうららちゃんが、電車に乗っておばあさんの待つ駅までひとり旅します。
知らない駅、知らない乗客に囲まれると、こんな感じに思えるのかも知れません。
親切な人ばかりで良かったですね。
乗り過ごしてしまったら、とんでもないところに行ってしまうところでした。
参考になりました。 0人

★5  早く寝ないとこわいぞこわいぞ 掲載日:2018/08/01
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
おどかしながらのおやすみ絵本でしょうか。
夜はこわいものだって誰が決めたんでしょうね。
せなけいこさんの絵が可愛いので、それほど効果があるとも思えないのですが、夜の神秘性を伝えることは出来そうですね。
おばけの世界にいきたくない子は、この絵本が読み聞かせ最終便ですね。
参考になりました。 0人

★4  枝豆はやっぱり塩ゆでが一番 掲載日:2018/07/25
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
えだまめきょうだい
えだまめきょうだい 文: 苅田 澄子
絵: わたなべ あや

出版社: アリス館
枝豆はそのままに育つと大豆になるのですが、やっぱり夏は枝豆の季節ですね。
自分の居場所を探して旅するえだまめきょうだいと、いろんな食べ物や道具たちとの出会いが楽しいです。
枝豆もいろんな料理に使えそうなのに、どこでも冷たくされるのは残念でした。
塩ゆでの枝豆はおいしいですが、それだけというのもさびしいかも知れません。
参考になりました。 0人

★5  癒される紙芝居 掲載日:2018/07/25
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 よちよち あかちゃん
紙芝居 よちよち あかちゃん 作: 中井 はるの
出版社: 教育画劇
ペンギンの家族を追いかけた写真絵本ですが、とても爽やかで癒されました。
台詞部分が幼稚園向けと、新生児向けとで選べるユニークさも気に入りました。
ペンギンは家族の愛情を伝えるために、とても良い題材かも知れません。
参考になりました。 0人

★5  楽しく言葉を覚える本です 掲載日:2018/07/25
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
すてきなひらがな
すてきなひらがな 作・絵: 五味 太郎
出版社: 講談社
この手の本は五味太郎さんに勝る人はいないのではないかと思います。
見事な切り口、見やすさ、面白さ、ページを繰る楽しさが溢れています。
この本から発展して、どんどん語彙が増えていけば良いと思います。
英語まで学べるこの本は、親のためにも良いかも知れません。
参考になりました。 0人

★5  完成度高し! 掲載日:2018/07/27
はりー隊長さん 30代・ママ・兵庫県  男の子4歳
おっきょちゃんとかっぱ
おっきょちゃんとかっぱ 作: 長谷川 摂子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
何かで紹介されていたので図書館で借りて読んでみました。
本を手にしたとき、表紙の絵が素敵!と読む前からわくわく。
そのわくわくは読み終わるまで裏切られませんでしたよ。

ありきたりな日常と、非現実な水底のカッパの世界がうまくつながっていて、大人もひきこまれます。

物語と絵がぴったり合っていて素晴らしいの一言です。

七色のあぶく(シャボン玉)が出る魚の形の水笛なんて、子供は欲しくてたまらないでしょうね。絵本の中にしか存在し得ない不思議な玩具や食べ物が想像力をかきたてます。

わくわく、ドキドキ、ハラハラ
温かさ、悲しみ、爽快感、安堵感
一冊であらゆる感情が沸き起こり、冒険をしたかのような爽やかな後味が残ります。

「めっきらもっきら〜」は少し怖かった息子ですが、こちらは読む前に少しカッパを怖がっていたものの、一度読んでしまえば気に入ったようで、自分で開いて絵を眺め、世界に入っています。

毎年夏に読みたくなるような、完成度の高い作品です。
手元に置いておきたいなー。

3歳〜となっていますが、4歳〜ちょうど良さそうです。さらに大人まで楽しめますよ!
参考になりました。 0人

★5  子供の好奇心を満たす 掲載日:2018/07/25
いちこうさん 40代・ママ・兵庫県  
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科 出版社: JTBパブリッシング
電車に乗ると路線図を見るのが大好きな息子
全国の私鉄も掲載された分かりやすい子供の用の路線図はないかなと探しているときに書店で見つけました
ただ、路線図が載っているだけではなくて、地図に添っているので分かりやすく地理の勉強にもなると思い購入しました
そのうちに漢字は自然と覚えて理解するようになりました

テレビで電車が紹介されたり、駅の名前を聞くと本を開いて探しています
子供だけでなく大人も楽しめる興味深い一冊です
自分から調べてマーカーでチェックする様子は大人顔負けです
参考になりました。 0人

★5  お気に入りの一冊 掲載日:2018/07/25
いちこうさん 40代・ママ・兵庫県  
コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本
コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本 作: ユーフラテス
出版社: 小学館
全作持っていますが、どれも面白く親子ですっかりはまっています

クリスマスがテーマのお話も素敵でした

シリーズで一番のお気に入りとなった、まちあわせのテーマは、踏切や電車、鉄橋。子供が大好きなものが詰め込まれていて、とっても大好きなお話です
ここだけ読んで!ここだけ一緒にして!と持ってきます

おおきないぐら、ちいさないぐらが出てくるお話も、結末はどうなるのかドキドキワクワクでした

次回作も、とっても楽しみです。
参考になりました。 0人

★4  ワクワクした気分で読める 掲載日:2018/07/25
いちこうさん 40代・ママ・兵庫県  
おまつり
おまつり 作: あずみ虫
出版社: 白泉社
お祭りの楽しさが伝わってくる絵本です
子供と一緒に、これ見たね、これあったね
とお話しながら読み進めるのも楽しいです

我が子はかき氷が大好きで、かき氷を食べたら満足ですが
くまたはお面、綿菓子、金魚すくい
色々楽しんでおみこしを見て帰ります

子供の頃ワクワクしたおまつり
今は子供と一緒にワクワク

お祭りの気分が楽しめる一冊です
参考になりました。 0人

★4  おめでとう 掲載日:2018/07/25
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳
ねこざかなの たんじょうび
ねこざかなの たんじょうび 作・絵: わたなべ ゆういち
出版社: フレーベル館
ねこざかな、おたんじょうびおめでとう。
はじめてねこざかなになってから3年ということです。実際のねことさかなはまた別にたんじょうびがあって、3歳よりももう少し年上だったりするのでしょうか?
海の仲間達とみんなでなかよく踊るしかけが楽しかったみたいです。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

28324件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット