うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>

検索結果

現在の検索条件

10歳

4498件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  実話だったのですね 掲載日:2018/05/21
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
こねこのタケシ 南極大ぼうけん
こねこのタケシ 南極大ぼうけん 作: 阿見 みどり
絵: わたなべあきお

出版社: 銀の鈴社
南極探検隊に同行したねこがいたなどという話は知らなかったので、実話と解って掲載されている写真を何度も見返しました。
あの大変な局地でタロ、ジロの話が有名なだけに、嘘のような実話でした。
それだけに隊員たちをなごませてくれる存在だったと思います。
帰国して、居なくなってしまったのは残念ですね。
ついでながら、オーロラが北極のものだと思っていた勘違いを、この絵本に教えられました。
参考になりました。 0人

★5  考える人マッティ 掲載日:2018/05/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
発明家になった女の子マッティ
発明家になった女の子マッティ 作: エミリー・アーノルド・マッカリー
訳: 宮坂 宏美

出版社: 光村教育図書
マッティは素晴らしく理論的な発想力と探求心を持った女性だと思います。
興味と好奇心が、人にはまねできない発明をもたらしたのでしょう。
今まで知らなかっただけに、とても興味深く読みました。
歴史に埋もれている人を、絵本で知るということは、知識欲の導入部分だと思います。
参考になりました。 0人

★5  これがドクタースピリット 掲載日:2018/05/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
みとりびと8 まちに飛び出したドクターたち
みとりびと8 まちに飛び出したドクターたち 写真・文: 國森 康弘
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
日ごろ長時間待たされたあげくに、パソコンの画面ばかりみて自分をあまり診てくれない医者が多いと感じている私に、本当の医者魂を見せつけられたようで、とても気持ちの良い写真絵本です。
東日本大震災のあと、居ても立っても居られないで被災地に飛び出しがお医者さんたち。
人のために何ができるかを何より大切にしてくれる人たちがいることを大変うれしく思いました。
そして、人のために何ができるかを子どもたちと一緒に考えたいと思います。
参考になりました。 0人

★5  幼すぎる看とり 掲載日:2018/05/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
いのちつぐ「みとりびと」 みとりびと6 華蓮ちゃんさいごの家族旅行
いのちつぐ「みとりびと」 みとりびと6 華蓮ちゃんさいごの家族旅行 写真・文: 國森 康弘
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
このシリーズでは、ご高齢者の方のバトンを見てきただけに、小学校四年生の華蓮ちゃんのケースは衝撃であり、悲しすぎていたたまれない気持ちになりました。
東日本大震災のつなみを生き残り、これから未来を目指そうとしている少女を襲った難病に、家族の悲しみは想像するに耐えません。
それでも、看取らなけれならぬ時、華蓮ちゃんの最後の希望が叶えられました。
最後のディズニーランド旅行に、華蓮ちゃんはほっと肩の力を抜いたようです。
お友だちのお別れが印象的でした。
参考になりました。 0人

★5  安心できる豪華版 掲載日:2018/05/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 こびとのくつや
紙芝居 こびとのくつや 脚本: たかどの ほうこ
絵: 松成 真理子

出版社: 童心社
「こびとのくつや」はよく知っているグリム童話です。
それをたかどのほうこさんの脚本で、松成真理子さんが絵を描いた紙芝居とあれば、手にしないわけにはいきません。
ということで手にしたからには、読まないわけにはいきません。
読んでみて、実に心地よい紙芝居です。
聞いている子どもたちを気持ちよく包んでくれました。
参考になりました。 0人

★4  全部、まんがです。 掲載日:2018/05/18
えみりん12さん 40代・ママ・東京都  女の子10歳
ダイアナ
ダイアナ 脚本: 和田 奈津子
漫画: 東 園子

出版社: 集英社
ダイアナ妃の一生の物語。

ボランティアに心を尽くした貴族の娘、ダイアナ。誰もが知る、、、けど小学生はあまり知らない世代なので、良かったです。

絵もかわいいので娘も喜んで読んでいました。

グレースケリーまで出るので、お得でした。
参考になりました。 0人

★5  知ってもらえたら 掲載日:2018/05/18
コメすきさん 40代・ママ・東京都  
わたしのそばできいていて
わたしのそばできいていて 作: リサ・パップ
訳: 菊田 まりこ

出版社: WAVE出版
可愛い犬の表紙に惹かれ手に取りました。
読むと息子と同じ失読症(ディスレクシア)の御子様のお話のようだと思い購入致しました。
私自身は読む苦労はしていないので、子供時代に読むのが苦手な子を不思議に思ったものでした。息子の障害を理解するのにも時間がかかりました。
息子に、この犬のように寄り添おうと思いました。

海外では、やはり進んだ治療が行われ認知度も高いのだなと知りました。
この本が日本にも多くいるディスレクシアの皆様を理解していただけるきっかけになればと願います。

先日、学校の子供達にこの本を読み聞かせをしました。
最初、読めない主人公を笑っていた子供達が最後は静かにじっと聞き入っていました。
参考になりました。 0人

★5  1年に一度のおまんじゅう 掲載日:2018/05/15
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
おめでとうのさくらまんじゅう
おめでとうのさくらまんじゅう 作: 西本 鶏介
絵: 野須 あき

出版社: 絵本塾出版
小学校の校庭にある一本の桜の木が主人公です。
和菓子屋を営むおじいさんが、60年前に卒業記念で植樹した桜です。
毎年満開に咲く桜は、移り変わる町にあって、いろんなものを見てきたのでしょうね。
入学記念に作られるさくらまんじゅうは、きっと新入生の心に残ることでしょうね。
和菓子が食べたくなりました。
参考になりました。 0人

★5  女心はむずかしい 掲載日:2018/05/15
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
としおくんむし
としおくんむし 文: ねじめ 正一
絵: 高畠 那生

出版社: 光村教育図書
好きな女の子の前で、道化師になったり虫になったり、精一杯のパフォーマンスで自分を売り込もうとする、健気な男だましい、よーくわかります。
それに関心を持ってくれる女の子の嬉しさも何となくわかるのだけど、あまり好きではなかったら、男の子が普通に戻ったら、元の自分に戻ってしまうのですね。
自分にも思い出があるけれど、ねじめさんの実感がこもっていて、としおくんんのような子どもだったのかなと、親しみを覚えました。
ゆきちゃんは今どうしているのでしょうね。
参考になりました。 0人

★5  子供におすすめ 掲載日:2018/05/14
えみりん12さん 40代・ママ・東京都  女の子10歳
巌窟王
巌窟王 著: アレクサンドル・デュマ
訳: 矢野 徹
絵: 篠崎 三朗

出版社: 講談社
本物は結構長いし、表現も難しい部分がありますが、子供用でこれを見つけました。

本来3巻くらいになっているこれが1冊で済んでいるのと、言葉が子供にわかりやすいのでオススメです。

モンテクリストの内容がわかりやすく面白いので、娘ははまっていました。
参考になりました。 0人

★5  ヘリコプターから始まった空の安心、安全 掲載日:2018/05/14
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
ANA
ANA 編: こどもくらぶ
出版社: ほるぷ出版
航空会社というと命を預かる企業だけに、この本の細部までが教えられることが多くありました。
ヘリコプターから始まった全日空のチャレンジは、いかに安全を守るか、効率をあげるか、様々な取り組みによる信頼感の向上だったように感じます。
そのためには強いこだわりを持った企業だと思います。
知らなかったことが多かっただけに、とても参考になりました。
参考になりました。 0人

★5  盲導犬の引退 掲載日:2018/05/14
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
そっといちどだけ
そっといちどだけ 作: なりゆき わかこ
絵: いりやま さとし

出版社: ポプラ社
愛しさと切なさを凝縮した内容で、胸がいっぱいになってしまいました。
ステラにとって、盲導犬としての生き甲斐はあるに違いないのですが、衰えが来る日もあるのですね。
トイレ以外で粗相をしてしまったシーンで震えてしまいました。
きっとステラには堪えられない屈辱だったのでしょう。
盲導犬にとって役割を終えることの寂しさは、まさに退職後の人生を迎えた自分に被ってしまいました。
新しい生活に落ち着いたステラが描かれていて良かったです。
参考になりました。 0人

★4  休日のサンタさん 掲載日:2018/05/14
えみりん12さん 40代・ママ・東京都  女の子10歳
サンタクロースのはるやすみ
サンタクロースのはるやすみ 文・絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 小宮 由

出版社: 大日本図書
おしのびで街歩きをしたいサンタさん。

変装してワクワクしている姿が可愛いです。

でも、泥棒と間違われてサンタだ!と自分の正体をあかしてしまいますが、素敵なことが、、、。お互いに感謝し、思いやる気持ちの大切さを実感できました。
参考になりました。 0人

★4  いまどき珍しい江戸弁の小学生 掲載日:2018/05/14
えみりん12さん 40代・ママ・東京都  女の子10歳
江戸っ子しげぞう(3) わたる世間に虫歯なし!の巻
江戸っ子しげぞう(3) わたる世間に虫歯なし!の巻 作: 本田 久作
絵: 杉崎 貴史

出版社: ポプラ社
しげぞうは、虫歯になったけど、治療がいやで逃げ出します。仲良くなった美人さんが実は、、、、。大人なら予想できるけど、歯医者さんでした。恐くない治療、いいですね。

江戸言葉の解説つき。少し知識が増えて子供にも良いと思います。
参考になりました。 0人

★5  花を愛する素朴なおじいさん 掲載日:2018/05/14
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 はなのすきなおじいさん
紙芝居 はなのすきなおじいさん 作: 小林 純一
絵: 小谷野半二

出版社: 童心社
花を愛する素朴なおじいさんですが、その真心が暴力や権力より強いことが証明されて、とてもすっきりした気持ちになれる紙芝居です。
おじいさんの心が花の精たちを呼び出したのですね。
ストーリー展開が小学生にはどのように伝わるか、楽しみな作品です。
時間もちょうど低学年から中学年向きだと思います。
参考になりました。 0人

★5  すべての母の想いを 掲載日:2018/05/11
ランコタママさん 60代・じいじ・ばあば・岩手県  男の子11歳、女の子10歳、男の子9歳、女の子7歳
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
涙で絵本を濡らすお母さんの顔が見えます。
母と子の数だけ物語があり、そのすべてがそれぞれのお母さんの宝物です。
22歳で母になった私は初めて抱いた小さな娘を前に戸惑っていました。
「私はこの子をどういうふうに育てていけばいいんだろう……」
五体満足で健康に生まれてきますようにとの願いがかない、小さいながらも元気な娘。
これからは、心を育て、ちゃんと躾けて、人に迷惑をかけないように。
限りない親の希望が湧き出てきました。
そんなある日、ふと気づいたのです。
私にできるのは本をたくさん読んであげて、本の好きな子に育てることしかないということに。
本が私にたくさんのことを教えてくれたように、娘にも人として必要なことを教えてくれるはず。
そう、信じて3人の子を育ててきました。
この本には、母としてのそんな想いがつまっています。
どんな反抗期を経ようとも、形が変わろうとも、母の想いは子供に伝わり、また伝わり、繋がってゆきます。
頑なな子供の傍らにそっと置いてあげましょう。
そんな時はおばあちゃんの出番かもしれませんね。
参考になりました。 1人

★5  すっかりだまされてしまいましたが…、感動。 掲載日:2018/05/10
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
ローラとわたし
ローラとわたし 文: キアラ・ヴァレンティーナ・セグレ
絵: パオロ・ドメニコーニ
訳: 杉本あり

出版社: 徳間書店
ローラが犬だと思った私、少女と愛犬の話だと思った私は、話の展開で事実がわかってくると、なんともたまらない気持ちになりました。
ローラが少女の名前だったこと、中途失明者だったこと、犬がステッラ(星)という盲導犬だったこと、ドメニコーニさんの素晴らしい配慮で、崇高な絵本になっています。
それほどに、ローラが失望から立ち直った様とふたりの絆が生き生きと描かれているからです。
障害者を差別化しない素晴らしい作品だと思います。
参考になりました。 0人

★5  旅芸人だった思い出 掲載日:2018/05/09
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
私が学校に行かなかったあの年
私が学校に行かなかったあの年 作・絵: ジゼル・ポター
訳: おがわ えつこ

出版社: らんか社
著者自身の思い出のきらめきと哀愁がこめられた絵本です。
旅芸人として、家族でアメリカからイタリアに渡り、巡業した日々を絵日記に記録した著者。
旅の断片が子どもの視点で描かれていて眩しく思いました。
両親の離婚で一座が終わったこと、父親は新しい奥さんと「新バージョン」
の劇団を続けていることを考えると、とても意味深い経験だったのでしょうね。
参考になりました。 0人

★5  サントリーのマルチスタイルに驚きました 掲載日:2018/05/08
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
サントリー
サントリー 編: こどもくらぶ編集部
出版社: ほるぷ出版
サントリーといえばウィスキー、ビール、水、…と連想していっても、この本に書かれているところまでは思いつかないほど、多角的な商品を扱っていることに驚きました。
また、文化、スポーツへの関与、「やってみなはれ」精神の数々は、単純に成長してきた企業とは言えない、独自の企業スピリットに培われているのかと、サントリーへの関心を深めました。
「見学!日本の大企業」シリーズは、大人にとってもとても親切な情報絵本だと思います。
参考になりました。 0人

★4  外見の美醜について考えている主人公 掲載日:2018/05/07
えみりん12さん 40代・ママ・東京都  女の子10歳
ラブリィ!
ラブリィ! 著: 吉田 桃子
出版社: 講談社
外見の美醜って何?

映画監督志望の主人公がいろいろ考えていますが、周囲にはたくさんのケースがああります。美しいけど一般的じゃない思考の人、かっこいいけど昔は醜かったからといじめられた子、醜いと言われるけど実はかっこよくて美しい人。

中身を見ようとする主人公に共感できてすごく良かった。

いじめ世代に読んでほしいです。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

4498件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット