もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】

検索結果

現在の検索条件

12歳〜

3545件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★4  黒井健さんのイーハトヴ世界 掲載日:2018/02/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
私のイーハトヴ−黒井健 NOTE BOOK
私のイーハトヴ−黒井健 NOTE BOOK 詩: 宮沢 賢治
画・文: 黒井 健

出版社: 偕成社
宮沢賢治の世界と言うよりも、宮沢賢治に触発された黒井健さんのイーハトヴ世界です。
黒井健さんの目を通して、現代の岩手の風景ですが、奥行きと言い、広がりと言い、自然と対峙している真摯な視線に、とても深さを感じました。
絵だけを見ていても心が壮大になっていくような気がしました。
参考になりました。 0人

★4  詩と絵がいい感じ 掲載日:2018/02/09
るるこるさん 60代・その他の方・香川県  
スーパーマンその他大勢
スーパーマンその他大勢 作: 谷川 俊太郎
絵: 桑原 伸之

出版社: 自由国民社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
あとがきを見れば、先に絵があって、谷川俊太郎さんに、文章をお願いしたとありました。意外でした。
でも、どちらが先でも、絵と詩、両方の魅力が相互作用で倍増しているなと感じます。とても、よかったです!
参考になりました。 0人

★4  『サルくんとウサギさん』の… 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
CACHE CACHE
CACHE CACHE 作: 谷口 智則
出版社: Le petit Lezard
フランス語だけかと思ったら、ちゃんと日本語も併記されていたので、よかったです!こちらのサイトで手に入らなかったので、他のサイトで中古本を購入しました。
この絵本に登場するサルくんとウサギさんは、同著者の『サルくんとバナナのゆうえんち』で、出会った二人です。お洒落で、楽しくて、温かくて、そして哲学的…いろんな感性を刺激してくれて、この1冊まるごと、大好きです。この絵本が手元にあるだけで、なんだか嬉しい、そう思える絵本です。
参考になりました。 0人

★4  ムジナさん不在!? 掲載日:2018/02/02
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳
ムジナ探偵局(5) 本日休業
ムジナ探偵局(5) 本日休業 作: 富安 陽子
絵: おかべ りか

出版社: 童心社
本日休業って…ムジナさんが不在ですか!?
おしかけ助手の源太が1人で事件に立ち向かうようで、ハラハラ。
まあほどほどでムジナさんが登場するのですが、源太が1人だとさすがに事件解決はやっぱり難しいかな〜。小学生のうちから助手をがんばっているし、経験は着々と積まれているので将来的には名探偵になったりするのかしら?
参考になりました。 0人

★5  豆をまくわけ 掲載日:2018/02/02
やこちんさん 50代・ママ・兵庫県  女の子13歳
鬼といりまめ
鬼といりまめ 作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好

出版社: 佼成出版社
節分に豆をまくいわれが物語になっています。

泣く泣く鬼の嫁になったお福と
娘・お福を案ずる賢い母。
最初は菜の花の種が登場し
どこで豆が絡んでくるかと思ったら・・。

ネタバレしたら面白くないから
ぜひぜひ読んでください。
なぜ鬼に向かって豆をまくのか
そして、たかが豆で、なぜ鬼は逃げていくのか
謎が解けます。
参考になりました。 0人

★3  『もこ もこもこ』の昇華版 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
ココロのヒカリ
ココロのヒカリ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
全ページためしよみで、読ませていただきました。
谷川 俊太郎 X元永定正 さんのコラボといえば、いわずと知れた『もこ もこもこ』が有名です。
その、続編とでもいうべきか、発展版とでもいうべきか、大人版とでもいうべきか…。やっぱり、いいです。この巨匠コンビ。
参考になりました。 0人

★5  かわいい冊子です 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
おはなしのろうそく(23)
おはなしのろうそく(23) 編: 東京子ども図書館
挿絵: 大社 玲子

出版社: 東京子ども図書館
児童担当の図書館員や、おはなしのボランティアにとっては、知らない人はいないといっていいほどの定番ですが、一般にはあまり知られていないかもしれません。

でも、語りをしていない人にとっても、とてもおすすめです。
読んであげれば、子どもたちは耳で聞く読書を楽しむことができます。

小さな冊子ですので、バスや電車の移動中や、トイレでも(笑)ちょっとした時間に、1話ずつ、自分で読んだり、子どもたちに読んであげるのに、おすすめしたいです。

セレクトされたお話は、昔話を中心に、今の子どもたちに是非届けたい、質の高いものばかりです。
また巻末の、対象年齢の目安や、お話のウンチクなどの簡単な説明も参考になります。

大社玲子さんの挿絵が素朴でかわいいです。
参考になりました。 0人

★5  かわいい冊子 掲載日:2018/02/01
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
おはなしのろうそく(11)
おはなしのろうそく(11) 編: 東京子ども図書館
挿絵: 大社 玲子

出版社: 東京子ども図書館
児童担当の図書館員や、おはなしのボランティアにとっては、知らない人はいないといっていいほどの定番ですが、一般にはあまり知られていないかもしれませんね。

でも、語りをしていない人にとっても、とてもおすすめです。
読んであげれば、子どもたちは耳で聞く読書を楽しむことができます。

セレクトされたお話は、昔話を中心に、今の子どもたちに是非届けたい、質の高いものばかりです。
また巻末の、対象年齢の目安や、お話のウンチクなどの簡単な説明も参考になります。

手ごろな価格で、小さな冊子ですので、寝室やリビング、キッチン、トイレに置いても邪魔になりません。ちょっとした時間に、1話ずつ、自分で読んだり、子どもたちに読んであげるのに、おすすめしたいです。
参考になりました。 0人

★5  旅の記録画集 掲載日:2018/01/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
黒井健画集 ミシシッピ
黒井健画集 ミシシッピ 絵: 黒井 健
文: 黒井 健 T・ラニング

出版社: 偕成社
ミシシッピ川の出発点から900マイル(約1440キロ)をカヌーで下るという大冒険を絵で記録した画集です。
エッセイからは大変さがよくわかるのですが、絵を見る限り、壮大な自然がとても静かで感動的です。
旅途中に立ち寄った町もなぜか喧騒とは別世界で不思議な感じがしました。
黒井健さんのノスタルジーでしょうか、ゆったりとした時の流れを感じることができました。
とてもダンディな画集です。
参考になりました。 0人

★5  ああ勘違い 掲載日:2018/01/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
リスとはるの森
リスとはるの森 作・絵: ゼバスティアン・メッシェンモーザー
訳: 松永美穂

出版社: コンセル
勘違いに気づくまでの、リスとハリネズミのドタバタが滑稽で、繰返し見ても飽きません。
勘違いに気づいて、落ち込む姿の哀愁にも心打たれました。
春になるとこんな事ってあるのかなあ?
この本みんなに紹介したいけれど、言葉がないページが多いので、読み聞かせには苦労しそうです。
参考になりました。 0人

★5  笑顔あふれる1冊です 掲載日:2018/01/18
あおい金魚さん 40代・ママ・神奈川県  
パグパグ 3きょうだい
パグパグ 3きょうだい 作・絵: 長澤 星
出版社: 鈴木出版
まずは表紙に一目ぼれ!我家にも3きょうだいがいるのでワクワクしながら一緒に読み進めました。末っ子はパグパグちゃん達を自分のきょうだいに置き換え大喜び!とにかくページいっぱいに広がるパグパグちゃんの表情が可愛らしくシリーズ化が待ち遠しい1冊です!
参考になりました。 0人

★3  この曲が浮かんでこないので 掲載日:2018/01/12
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
パパゲーノとパパゲーナ
パパゲーノとパパゲーナ 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
オペラ「魔笛」を知っていれば、このお話の深みが味わえるのかも知れません。
曲の展開に符合したお話だったり、意味があったりするのだと思いました。
でも、曲を知らないとせっかくの面白味が味わえない絵本でした。
オペラ「魔笛」をまずは聴いてみましょう。
参考になりました。 0人

★4  美しい絵本です 掲載日:2018/01/12
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
おしえて おしえて
おしえて おしえて 作: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 講談社
自然と宇宙と時間と歴史と人間と…
それらに関する、素朴な疑問が、詩的に連なっていきます。
人間が取り囲まれて、その中で生きているすべてのものへの、敬愛が感じられます。絵が美しいです。大人向け絵本かもしれません。
参考になりました。 0人

★3  さすが面白いです 掲載日:2018/01/12
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
ねこのさら
ねこのさら 作・絵: 野村 たかあき
監修: 柳家 小三治

出版社: 教育画劇
全ページためしよみで、読ませていただきました。
落語絵本といえば、川端誠さんのシリーズしか知りませんでしたが、野村さんも描かれていたんですね。
この、お話も、面白いです。(落語なので当然ですが!)オチがいいです。高学年に読みたいですね。
参考になりました。 0人

★3  ゴーリーだわ 掲載日:2018/01/12
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
題のない本
題のない本 作: エドワード・ゴーリー
日本語表記: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
エドワード・ゴーリー的、世界観が、爆発してますね。不思議な生き物と、その登場、異様な出来事を、何ごともないように、見つめる子ども…全体の雰囲気もそうですが、細部をよく見る楽しみもあります。
参考になりました。 0人

★3  抒情詩 掲載日:2018/01/12
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
ジャンブリーズ
ジャンブリーズ 文: エドワード・リア
絵: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
抒情詩のような、バラッドのような…不思議ですが、ユーモアのある世界です。翻訳された日本語も、心地よいリズムがあって素敵です。別世界を旅したような読後感があります。
参考になりました。 0人

★3  ゴーリーの世界 掲載日:2018/01/12
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
悪いことをして罰があたった子どもたちの話
悪いことをして罰があたった子どもたちの話 絵: エドワード・ゴーリー
文: ヒレア・ベロック
訳: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
面白かったです。これが、面白かったと思える自分は、ゴーリーの作品を何冊か読んで、その世界観を感じた経験があるからかもしれませんが。
ストーリーは、こんな悪いことをすれば、罰が当たるよという、イソップ物語のような教訓ですが、この絵本には、ゴーリーならではの、アートがありますね。
参考になりました。 0人

★3  画集として 掲載日:2018/01/10
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
キャッテゴーリー
キャッテゴーリー 作: エドワード・ゴーリー
出版社: 河出書房新社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
エドワード・ゴーリーのファンなら、手元に置いておきたい画集として、最適ですね。珍しく、カラフルに採色もされていて、それでもゴーリーらしい、不思議な雰囲気が漂っています。他の負のオーラ満載の作品よりは、敷居が低いかも…
参考になりました。 0人

★3  訳文がかっこいい 掲載日:2018/01/10
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
輝ける鼻のどんぐ
輝ける鼻のどんぐ 作: エドワード・リア
絵: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
エドワード・リアの物語詩に、エドワード・ゴーリーが挿し絵をつけました。
文章・絵・翻訳が、それぞれに、個性的で、でも、三者がマッチしていて、1冊の絵本として、とても魅力的です。自分で声に出して読みたい絵本です。
参考になりました。 0人

★3  うろんな客とは子どものこと? 掲載日:2018/01/10
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
うろんな客
うろんな客 作・絵: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
途中から、「うろんな客とは、もしかしたら、子どもの存在、本質が描かれているのかな?」と、感じながら読んでいました。最後の「17年」という言葉で、それが確信に…
何とも不思議な世界です。でも嫌いじゃない私も、変人の一種?
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

3545件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット