くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】

検索結果

現在の検索条件

大人

74858件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  人のための幸せさがしが… 掲載日:2018/08/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 幸せさがし(12場面)
紙芝居 幸せさがし(12場面) 文: 瀬戸内寂聴
絵: はた こうしろう

出版社: 講談社
人のための幸せさがしが、自分の幸せを導いてくれる。
瀬戸内寂聴さんが語ると、とても心に響いてきます。
12場面の絵に、細かい配慮が展開を解りやすくしてくれていて、はたこうしろうさんの絵も響いてきて、素晴らしい紙芝居だと思います。
子ども向けではないかも知れません。
参考になりました。 0人

★5  紙芝居ならではの工夫あり 掲載日:2018/08/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 三枚のおふだ
紙芝居 三枚のおふだ 文: 赤木 かん子
絵: 中川 大輔

出版社: 埼玉福祉会
紙芝居の絵の枚数に限りがあるので、絵本で読んだ「さんまいのおふだ」に比べると、展開が簡素化されている感じです。
話の流れてをわかりやすくするために、絵に工夫を凝らしているような気がしました。
埼玉福祉会のコンセプトは、しょうがい者が楽しめる紙芝居だったかも知れません。
参考になりました。 0人

★5  斬新な仕掛け 掲載日:2018/08/20
レイラさん 50代・ママ・兵庫県  
くだものどうぞ
くだものどうぞ 作: きのした けい
絵: 阿部 真由美

出版社: コクヨ
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
果物を切ったりむいたりする様子を、仕掛け仕立てで見せる趣向。
これがなかなか斬新で、リアルで素晴らしいです。
りんご、みかん、バナナ、スイカ、桃、などなど。
身近な果物であることもうれしいです。
本来の姿と、食べる時の姿がいっぺんに学べるのがいいですね。
特にむき方など工夫されており、本当に臨場感たっぷりに実演できます。
バナナや桃の皮むきの見事さに脱帽です。
どうぞ、と差し出される嬉しさも味わってほしいです。
幼稚園児や小学生向けおはなし会でも、導入や箸休めにいいかもしれません。
参考になりました。 0人

★5  トンネルの過ごし方 掲載日:2018/08/20
レイラさん 50代・ママ・兵庫県  
きかんしゃホブ・ノブ
きかんしゃホブ・ノブ 作: ルース・エインズワース
訳: 上條 由美子
絵: 安徳 瑛

出版社: 福音館書店
『こすずめのぼうけん』のエインズワースの作品、
尊敬する上條由美子先生の訳とあらば、と手に取りました。
『HOB NOB』が原題。
『こすずめのぼうけん』もそうなのですが、エインズワースは文章のみ。
それだけに、言葉が簡潔で心地よいです。
赤い機関車ホブ・ノブが、遊園地に向かう道中、動物たちを乗せてあげるストーリー。
機関車の走行音、「しゅっ、しゅっ、しゅっ!」などのリズムと、
乗車する動物が増えていく繰り返しが、呼応しています。
機関車と言えば、難関のトンネル。
ホブ・ノブは、怖がる動物たちのために、
トンネル内で火の粉を飛ばすというサービスまでしてくれますよ。
まるで花火のような光景にビックリです。
もちろん、無事遊園地に到着して、みんな大満足ですね。
ホブ・ノブの造形は難しいところだったと思いますが、
変に擬人化せず、それでも人間らしさがにじみ出ていて、好印象です。
地味ですが、子どもの心に寄り添った作品だと思います。
幼稚園児年少さんくらいからでも楽しめそうです。
参考になりました。 0人

★5  絵がすごいです! 掲載日:2018/08/20
しいら☆さん 50代・その他の方・宮城県  
王子のきつね
王子のきつね 文: 柳家 三三
絵: 原 マスミ
編: ばば けんいち

出版社: あかね書房
なんて独特な絵なんでしょ!?
好みではないのですが
どうしても気になる(笑

「王子」???
表紙の絵の髪飾りは、「どんぐり」
抱いているのは、2匹の犬ではなく、キツネなんですかね?

と、怖いもの見たさで即借りてきました

有名な落語とのこと
生で聞いてみたいものです

化かす、騙し、お稲荷さん
そして、「オチ」
とても、わかりやすかったです

とにかく、絵に惹きつけられて
何度も何度も
読み返してました
始まる前の、化ける所なんか
おもしろい!です

ショッキングピンクの文字の
あとがきも
目に眩しいながら
なるほど〜と、読ませていただきました
参考になりました。 0人

★4  力強い「絵力」 掲載日:2018/08/20
しいら☆さん 50代・その他の方・宮城県  
しゅりけんとうちゃん
しゅりけんとうちゃん 作: 寿 金之輔
絵: 忌野 清志郎

出版社: 岩崎書店
2002年「キンダーブック1」に掲載され
大反響をよんだ忌野清志郎 幻の作品を単行本化 
ということで、気になっていまして
図書館にリクエスト

大きいサイズで
忌野清志郎氏のアニメチックではありますが
力強い
クレヨンタッチの絵です
キンダーブック掲載ということと
「物足りない」という感想をどこかで見ていたので
あまり期待せずに読みました

ページ数は少ないのですが
「ブーアの森」を思い出すようなキャラクターと
とにかく力強く色塗りした感じが
清志郎氏らしいです

♪働くパパは光ってる〜♪の曲も
聴こえてくるようです
ママに叱られちゃうのもなんか、おかしいです
でも、いいんです(笑
ぼくにとっては
素敵なとうちゃんなんですもの!!

清志郎大好きなだんなさんに見せたら
「へぇ〜、結構シュールだね」とのことでした(笑
参考になりました。 0人

★5  自然中の不思議を感じてくれそうです。 掲載日:2018/08/20
てんぐざるさん 50代・ママ・埼玉県  女の子23歳、女の子18歳
そうそうのにわ。
そうそうのにわ。 著: きない じゅんこ
出版社: 幻冬舎メディアコンサルティング
たまたま、梨木香歩さんの「家守奇譚」を読んでいたので、とてもいいタイミングで(笑)、世界観がリンクしました。
(この「そうそうのにわ。」を気に入って、興味のある人はぜひ、梨木香歩さんの「家守奇譚」も読んでみてください)

“しげちゃん”と庭の雑草“くさおばけちゃん”との不思議な交流をやさしく淡いタッチで魅せてくれました。
“くさおばけちゃん”は草ですから、季節によって姿が変わっていきます。
空想の世界のこととはいえ、四季の移り変わりに合わせた“くさおばけちゃん”の変化していく様子は、小さなお子さんが読んだとき、自然界の理と同時に自然の中に存在する不思議ななにかを心に感じてくれるのではないでしょうか。

全体のタッチが淡いので、あまり広い場所ですと、子どもたちに見えにくいかもしれませんが、機会があったら、4,5歳から小学校中学年くらいの子どもたちに読んでみたいです。
参考になりました。 0人

★4  ヴェネチアの町の風景 掲載日:2018/08/20
てんぐざるさん 50代・ママ・埼玉県  女の子23歳、女の子18歳
町にながれるガブリエラのうた
町にながれるガブリエラのうた 作: キャンデス・フレミング
絵: ジゼル・ポター
訳: こだま ともこ

出版社: さ・え・ら書房
この絵本には「おはなしをはじめるまえに」という前書きがあって、そこにはヴェネチアの人たちがどれほど音楽が好きか、街中に音楽が溢れているかが書かれていました。

ある日、“ガブリエラ”という女の子が、町にお使いに行ったときに口ずさんだ歌を聞いた作曲家が、一つの曲に仕上げて披露しました。というお話しでした。
曲になっていく過程を描いているので、音が無くても内容はよく伝わってきますが、これほどまでに素敵なメロディだと聞かされると、いったいどんな音楽なのか来てみたくなります。
ジゼル・ポターさんの絵はどこか高畠那生さんと画風が似ているなぁと、思いました。
遠目は聞くと思いますが、「音楽」を想像しないとつまらない作品なので、読み聞かせで使うなら高学年以上でしょうか。
参考になりました。 0人

★5  特製の椅子 掲載日:2018/08/20
レイラさん 50代・ママ・兵庫県  
はりねずみのおいしゃさん
はりねずみのおいしゃさん 作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 世界文化社
ふくざわゆみこさんが、医療物!?と、ビックリしましたが、
表紙の絵を見て安堵。
こんなとびっきり笑顔のお医者様なら、お会いしただけで、ずいぶん治りが速そうです。
森の病院のはりねずみ先生の日常を描いてあります。
もちろん、かかりつけ町医者のように、診察範囲はオールアラウンド、
頼もしいです。
はりねずみという小柄な造形が、意外にもはまり役です。
注目は、医療器具がかなり本格的であること。
ふくざわさんの絵と言えば、木製グッズや調度、食べ物が素敵なことなのですが、
今回はそれにプラス、顕微鏡や聴診器など医療器具がとてもリアルなのです。
加えて、特製の椅子が素晴らしい!
見返しから裏表紙にかけてのサブストーリーにも唸りました。
そして、受付の白鳥さんとのエピソードも、心ほっこりです。
医療関係者の働きに日々感謝しているだけに、
はりねずみ先生を思わず拝んでしまいました。
幼稚園児くらいから、でしょうか。
参考になりました。 0人

★5  自分の役割があることは嬉しいことですね 掲載日:2018/08/20
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
エメラルドのさがしもの
エメラルドのさがしもの 作・絵: そのだ えり
出版社: 文溪堂
リスのエメラルドは うさぎのガーネットのことが羨ましく思っていました
そんなある日 アナグマさんのピアノの調子がおかしくて ガーネットと見に行きました
そこで 小さなリスのエメラルドの出番です
ピアノの中に 落ちていた 指輪がピアノの音をおかしくしていたのです
それを見つけたエメラルドは得意です

自分が人の役に立てるって 嬉しいことなのです!
捜し物承りますと言うお店まで開店しました
そこで またまた お友達ができて 最高のエメラルドですね
参考になりました。 0人

★5  おもしろい地球タイムズ 動物の世界が楽しめる 掲載日:2018/08/20
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
地球タイムズ
地球タイムズ 作: あべ 弘士 新沢 としひこ 平田 明子 増田 裕子
絵: あべ 弘士

出版社: 理論社
動物たちの 愛情あふれる コラムを 新聞記事にされていておもしろい
おてんきよそう なんかもあり  4コママンがあり  社説あり 伝言板あり お料理あり れんさい小説あり   いろいろ読んでいて おもしろかったり 感心させられたり たのしい 地球タイムズ 
歌もあり 本当に 子ども新聞のようでもありニュース満載です

子ども達の好きな パズルもあり 本当に楽しめますね

どうぶつ伝言板は笑えます
参考になりました。 0人

★4  ご自由にどうぞって、怖い!? 掲載日:2018/08/20
みいのさん 60代・その他の方・東京都  
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
第一印象、全体的に色や絵がけっこうこわーっ!と感じました。
読み聞かせで「怖い本、読んでー!」とリクエストをしてくる子たちに、ぴったりな気がします。
そして「全然怖くなかったー!」と言われそうです。
これって野菜泥棒の話?と思ったのですが、大丈夫ですね、ちゃんと中表紙に「タダだよ、ご自由にどうぞ」って看板出てましたね。
日本ではおばけは夏の風物詩ですが、最近ではハロウィンの頃もおばけシーズンなので、要チェックです。
参考になりました。 0人

★5  「にほんご」だけではない、学びのおもしろさ!! 掲載日:2018/08/20
しいら☆さん 50代・その他の方・宮城県  
にほんご
にほんご 作: 安野 光雅 大岡 信 谷川 俊太郎 松居 直
出版社: 福音館書店
安野光雅氏の「かんがえる子ども」を読んでから
こちらの作品が気になって
図書館にリクエストしてました

これは!!
おもしろいです
簡単な言葉で始まる
小学1年生の「こくご」の教科書のようですが
どんどん
おもしろいことになっていきます

国語だけでなく
算数、理科、社会、音楽、図工・・・
全部の教科が詰まっています
国語は、学習する全ての基礎ですもんね
なんといっても
遊び!!分野も入っているんです
ことばあそびは、もちろん
わらべうた
なぞなぞ
えかきうた
クロスワールドパズル・・・まだまだ!!

なんて楽しいんでしょ♪

安野氏の挿絵もとても素敵ですし
資料のこどもが書いたような文字
マンガ、地図、辞書のコピー等
も、なるほど!おもしろいです

《ことばさがし》
どんな ことばでもいい、ことばをひとつ とりだして
そのことばから おもいつく ことばを
いろいろ かんがえて いってごらん。

《おぼえちゃおう》というのがいっぱいあって
ことばあそび
あっ!瀬川さんの「いぬぼうかるた」
明治時代の教科書で
「ひらいた ひらいた」!!

確かに、覚えていたら楽しいかも
というか、脳の柔軟で、記憶しやすい時に
覚えてて絶対損はありません(笑
遊び感覚で唱えられちゃう

日本だけでなく
他の国の言葉も意識出来ます

〈おはなし〉もあって
おかしいのは
イソップ物語を共通語があて
秋田県南地方、京都市、熊本地方のがあるんです!!

おんなじ(おなじ って書いてません)はなし
おんなじ にほんごでも、
すこじずつ ことばが ちがうね。

と、
目で読むのではなく
音読してみると
イントネーションとかがわからず
TVやラジオで聞いたことある節をつけてみるのですが
なんとも、おかしいです

著書は
安野光雅氏
大岡信氏
谷川俊太郎氏
松居直氏

素晴らしい面々です
1979年初版とは!!

私が小学1年生の時に出逢いたかったです

あとがきは、谷川さんが代表して書かれていて

この「教科書」が直接教室で用いられる代わりに
一人の教師の心と体にいくばくかの影響を与えることのほうを、むしろ望んでいるのかもしれません。

が印象的です。他にも大切なことがぎっしり

これって、祖父母世代と一緒に
じ〜っくり
楽しむといいのかも!!!

買っちゃおうっと♪&みんなに広めようっと
参考になりました。 0人

★5  作りたくなります♪ 掲載日:2018/08/20
しいら☆さん 50代・その他の方・宮城県  
タツノオトシゴのかくれんぼ
タツノオトシゴのかくれんぼ 作: ステラ・ブラックストーン
絵: クレア・ビートン
訳: 藤田 千枝

出版社: 光村教育図書
何気なく見つけた作品です
夏だし・・・海だし・・・
フェルト作品で夏休みの宿題の参考にもなるし・・・

タツノオトシゴを探すのかな?

というゲーム性だけでなく
作品が丁寧に作られ
この布は、花柄だけど雰囲気に合うなぁ
くらげにレースの部分とか
ここにビーズを使ってるーとか
配置も上手だなぁ・・・とか

おはなしの展開も楽しいんです
最後が素敵です

巻末には、図鑑のように
「サンゴしょうでくらすいきもの」
の説明もあります
本文に戻って、どの生き物がどこにいるか
探してみるのもおもしろいと思います。

見返しの魚が泳いでいるように見えてきます
参考になりました。 0人

★5  楽しいおばけ 掲載日:2018/08/20
あんじゅじゅさん 40代・その他の方・高知県  
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
おばけと野菜がむすびつくなんて、なんだか新鮮でおもしろいです。こわがりな子どもでも、このおばけのお話なら楽しめそう! 色がはっきりした絵や、おもしろい音がならぶ文章などもユーモアいっぱいで、読み聞かせにも良さそうです。読み終わると、野菜いっぱいのカレーが食べたくなりました。
参考になりました。 0人

★4  13歳 掲載日:2018/08/19
汐見台3丁目さん 40代・ママ・神奈川県  
ファニー 13歳の指揮官
ファニー 13歳の指揮官 著: ファニー・ベン=アミ
編: ガリラ・ロンフェデル・アミット
訳: 伏見 操

出版社: 岩波書店
本の最初の2ページくらいを読んだ時点で初めて気づきました。あ、これは今年、見た映画の話だと...

13歳のユダヤ人の女の子が自分より小さなユダヤ人の子どもたちを連れて、スイスまで逃げ延びる話です。話の中にもでてくるのですが、彼女たちに協力してくれる人たち、その逆で、彼女たちを虫けら同然に扱おうとする者たち。自分がその時代に生きていたとしたら、どちらになったのだろうと思うと怖くなります。願わくば、前者でありたいです。

知識がないと背景が分かりづらいと思いますが、文自体は大変読みやすく、是非、読んでほしいです。
参考になりました。 0人

★5  平和な時だからこそ 読んでほしい作品 掲載日:2018/08/19
しいら☆さん 50代・その他の方・宮城県  
出発 から草もようが行く
出発  から草もようが行く 作・絵: 小泉 るみ子
出版社: 新日本出版社
小泉さんの作品だ!
唐草模様の風呂敷?
リヤカーを引っ張っている絵
右側は瓦礫?

と、気になって図書館から借りてきました
割烹着を着たお母さん
行李だ・・・

「もう七十年以上も前のお話です」

あ・・・戦後のお話でした

白黒が基調の絵から
だんだん心がほぐれてくるのと同じように
絵がカラーになっていきます

「どう生きたらいいんだろう」
「生きていていいのか」

重い言葉です
そんなことをずっとずっと考えていたんでしょう

各地で自然災害には遭ってはいますが
平和の日本にあって
戦争や兵役はありません
今のこどもの祖父母世代も
もう戦後生まれが多いかと思われます

でも、ほんのちょっと前に
こんなことがあったんだ・・・
どんな気持ちだったんだろう・・・
と、想像する事は、小学生でも出来ると思います

人の心を救ってくれるのは
人のやさしさなんですよね

あとがきを読んでびっくり
10年前に宮川ひろさんから聞いたお話が元に
なっているそうです

平和の大切さを語り継ぐ絵本として
お薦めしたいです
参考になりました。 0人

★5  おばけやさい 掲載日:2018/08/19
バーバショコラさん 30代・ママ・神奈川県  男の子10歳、男の子7歳
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
おばけはおばけでも 畑にいる野菜お化け達。怖いけどなんだかみんな美味しそうです。
こんなにたくさんのお化けがいる畑に 暗い時間に男の子がずんずん一人で入っていき とっても頼もしいです。
しかし、お化け達も 入れ替り立ち替り いろんな仲間がでてきて おどかそうとします。
どうなるのかなぁ ちゃんと 野菜をもって帰れるのかなぁ と、ドキドキハラハラです。
野菜たっぷりの料理を作りたくなりました。 おばけ野菜はおいしいのかな
参考になりました。 1人

★5  初めの一年間 掲載日:2018/08/20
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ
いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ 作: おか しゅうぞう
絵: ふじた ひおこ

出版社: 佼成出版社
全ページお試し読みで読みました。
ようちえんの方を読んで、子供の幼稚園時代がとても懐かしかったので
こちらの方も、読んでみました。
ぐんと成長した1年生たち、迎えてくれる高学年の子供たちの頼もしい事。
ようちえんからくらべると、何もかもが活発になってくるのですね。
小学校の初めの一年間が楽しく描かれていて、入学前に読むと楽しみになりそうな絵本でした。
参考になりました。 0人

★3  ドタバタコメディ 掲載日:2018/08/20
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳
ステラの秘密の宝箱 銀河へ飛びだせbox!
ステラの秘密の宝箱 銀河へ飛びだせbox! 著: 後藤みわこ ワラビーノ・クーゲ
出版社: 講談社
ドタバタコメディといった感のSFだなーと思いました。
美形トリオな三人が誘拐事件に巻き込まれ!?
学園長にして生徒なジャック、女嫌いのクラウド、天才発明家のキイ。タイプは違えど、なんだかんだでいいトリオなのですかねー。苦労している人いますけど(笑)。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

74858件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット