絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  『ぴっぽのたび』の刀根里衣(とねさとえ)が描く、深く透き通った青色の世界 『きみへのおくりもの』 レビュー大募集!

『ぴっぽのたび』の刀根里衣(とねさとえ)が描く、深く透き通った青色の世界 『きみへのおくりもの』 レビュー大募集!

それではいよいよ受賞レビューの発表です!

『きみへのおくりもの』イラスト付き 直筆サイン本  3名様

イタリアに在住している刀根さんの、
とても貴重なサイン本です。

新刊の『きみへのおくりもの』にサインを
入れて。

『きみへのおくりもの』のみんなの声

かつかつかっちゃんさん

60代 その他の方 

 

美し過ぎる

美し過ぎるほど美しい絵本です。絵の美しさ、透明感のある絵に吸い込まれそうな印象を受けました。2匹の猫の愛らしいお話もほのぼのとして心温かくなります。湖の中から色々な物が採れますがどれも物凄く幻想的で素・・・続きを読む

なしなしなしさん

30代 ママ 宮城県

 

美しい青

同じ作者さんで、「ぴっぽのたび」を読んだ後に、こちらを読みました。 あらすじを読んで、「自分達のすぐそばに、幸せがあると気がつく」というテーマから、ヘンゼルとグレーテルの「青いとり」を思い浮かべまし・・・続きを読む

muchimuchiさん

50代 せんせい 京都府

 

青の美しさ

 猫が主人公なので、少し躊躇しました。というのも、私は新車の愛車を近所の野良猫にずいぶん傷つけられ、もう「猫は天敵!」と思っているからです。もちろん絵本の中の猫に車を傷つけられるわけないのですから、気・・・続きを読む

一覧を見る

『ぴっぽのたび』イラスト付き 直筆サイン本  3名様

絵本のもととなった原画が
名誉ある国際イラストレーション賞を受賞した『ぴっぽのたび』。

イタリア在住の刀根さんのサインを入れて。

『ぴっぽのたび』のみんなの声

みぃあさん

20代 その他の方 神奈川県

 

絵の力

真っ赤な表紙を見た時に、夢に出てきそう・・・と思わず手に取りました。 実際に、夢の中を旅するお話だったので幻想的な絵に納得。 12ヶ月を色だけで表している、と言っても過言ではない、鮮やかなペー・・・続きを読む

すっくるさん

30代 ママ 神奈川県

 

不思議な空気感

母親の私が、絵本売り場で目に付いて読んでみたくて 「これ読んでみようよ」と娘を誘った一冊。 三歳の娘には、それほど心を奪う絵本ではなさそう。 「ひっぽのたび」だって。私の読み間違いに 「ひっぽ・・・続きを読む

ふんわりうさぎさん

30代 ママ 滋賀県

 

大切なものを知るための旅

赤色、金色、青色と言葉では簡単に言えない 美しい色彩の旅の中で どんどん旅を続けるにつれ、ぴっぽがひつじと寄り添っていっているのが 心が近くなっているんだなと嬉しくなったり。 綺麗なポピー・・・続きを読む

一覧を見る

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。


 この絵本の原書に出会ったのは、ボローニャのブックフェア会場内に特設されていた書店でのこと。猫好きはどういうわけだか、猫がモチーフになっているものが気になります。表紙に描かれた2匹の猫に惹かれてジャケ買い! この作品がその後、小社から出版されることになる『ぴっぽのたび』の作者・刀根里衣さんの作品だと知ったのは、帰国してからのことでした。これを運命と言わずして、なんと言うでしょうか!!

 2013年にイタリアの出版社から刊行された原書は、「バレンタインデー用にロマンチックな絵本を」という編集者の依頼に応じて創作されたもので、ページのあちらこちらにハートがあしらわれています。『ぴっぽのたび』と同様に、特別な演色技術と、特注インキを使って、深く透き通った青の世界を表現しました。これには「さすがニッポン!」と刀根さんもびっくり。
 猫が主人公ではありますが、犬派の方も、ウサギ派の方も、ハムスター派の方も、だまされたと思ってページをめくってください。大切なものに気付かされるはずです。


 絵本のもととなった原画は、2013年、ボローニャで行われる国際原画展において、繊細な筆致で描かれた幻想的な風景が高く評価され、名誉ある“国際イラストレーション賞”を受賞しました。入選者のなかから35歳以下の絵描きさんが対象となるこの賞は、いわゆる磨けばピカピカ光る原石に贈られます。すでにイタリアの出版社から絵本を何冊か刊行していた刀根里衣さんでしたが、当時、彼女の名前を知る人はほとんどおらず、表彰式で名前が呼ばれた際、出版関係者はキョトンとしたとか。しかし、この受賞を機会に刀根ワールドは世界中の人々から注目されるようになります。

 表紙を見てください。赤く染まった景色のなかに佇む小さなカエル。絵本の主人公というものは、たいてい大きく、表情もわかりやすく描かれることが多いと思いますが、この絵本では違います。しかしながら、ぴっぽはどのページでも強い存在感を出しています。そして、よく見ると少し不安そうであったり、微笑んでいたりします。たまらないのは、ラストシーンのあの優しい目。じつは、この最後のページは、原書を担当したスペイン人編集者の「絵本には結末が必要」というアドバイスによって、あとから付け加えられたそうです。胸が熱くなるエンディングを心ゆくまで味わってください。

応募ルール

募集期間 2015年3月26日(木)0:00〜2015年4月22日(水)23:59
募集内容 『きみへのおくりもの』『ぴっぽのたび』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年5月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

  • 刀根 里衣

    1984年、福井県生まれ。2007年、京都精華大学デザイン学部ビジュアルコミュニケーション学科卒業。 2010年、ボローニャ児童書ブックフェアでイタリア人編集者の目にとまり、Kite EDIZIONIより絵本を刊行。それを機にイタリアに渡り、現在ミラノを拠点に制作に取り組んでいる。2012年から2年連続でボローニャ国際絵本原画展で入選をはたす。2013年、日本人としては初めて国際イラストレーション賞を受賞し、翌年“El viaje de PIPO”(『ぴっぽのたび』)をスペインのEdiciones SMより出版。ヨーロッパだけでなく、アジアでも注目を浴びている絵本作家である。

◆あらすじ
主人公は2匹のネコ。湖に浮かぶ“キラキラ光るたからもの”を、大好きなシロにプレゼントしようと、クロは悪戦苦闘します。しまいにクロはシロを水辺に残して、深くて暗い水のなかに飛び込んでしまいます。そうこうしているうちに空は陰り、水面に輝いていたものは消え、戻ってきたクロはしょんぼり。しかし、その横でシロはやさしく微笑んでいます。なぜなら、“キラキラ光るもの”は、ふたりの心のなかにあることを知っていたから。そのキラキラは、空のどの星よりもきれいに輝いていました。

◆みどころ
大好きな人を喜ばせたかったクロ。どこにも行かず、そばにいてほしかったシロ。すれ違うふたりは、最後に大切なものの在りかを知ります。ハートウォーミングなメッセージを、作家が表現したかったという青色の世界とともに語りかける珠玉の一冊です。


◆あらすじ
夢を見ることを忘れてしまった孤独なカエル、ぴっぽ。眠れない夜、羊を数えながら過ごしていると、これから「夢を探す旅」に出るという小さな羊に出会います。こうしてふたりの旅は、ポピーの花が咲き誇る5月の風景から始まり、魚が悠々と泳ぐ池の中(6月)、朝焼けに露きらめく朝顔の草原(7月)と、季節をめぐりながら続きます。旅で出会う小さな生き物たちは、それぞれに大きな夢を持っていて、それをふたりに語ります。
森の季節は秋から冬に変わり、雪がしんしんと降り積もるなか、ひとりでも大丈夫と感じたぴっぽは、羊を雪のなかに残して歩き始めます。しかし、ひとりぼっちの旅はちっとも楽しくありません。そして、ぴっぽは羊を探しに3月の夢のなかに走り出します。甘く暖かい空気で満たされる春(4月)、とうとうふたりは再会を果たすのです。

◆みどころ
孤独なぴっぽに勇気を与えたのは、旅の途中で出会った小さな生き物たちが抱く、大きな夢でした。世界が評価した絵本界の新星が、四季のうつろいと主人公の心の軌跡を、鮮やか、かつ細やかな筆致で描きます。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット