絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  ともだちって かぜがうつっても へいきだっていってくれるひと『ともだち』みんなの声大募集!

ともだちって かぜがうつっても へいきだっていってくれるひと『ともだち』みんなの声大募集!

ベストフレンド賞

谷川俊太郎×和田誠 Wネームサイン本  5名様

豪華すぎてスタッフも欲しい・・・(関係者応募はできないのです 涙)
谷川俊太郎さん・和田誠さんのダブルネームサイン本を1名様に!

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

  • ともだち

    ともだち

    作: 谷川 俊太郎
    絵: 和田 誠
    出版社:玉川大学出版部

    「ともだちって かぜがうつっても へいきだっていってくれるひと」―谷川俊太郎の珠玉の詩と,和田誠のほのぼのとしたイラストによる,幼児〜小学校低学年向き絵本。よい友は一生の宝であり,生きて行くうえで友だちがいかに大切かということを,やさしいことばと楽しい絵により,幼児にもわかりやすく語りかける。

すたすたじじいさん

60代 じいじ・ばあば 広島県

 

やっぱり、ともだち

ずっと前の絵本が、今もよく読まれることは珍しくはないことです。 けれども「ともだち」は名作絵本とはまた違った、大切なことがすごく普通に書かれています。 わかっていること、それが本当にわかるために作・・・続きを読む

ポン太さん

30代 ママ 広島県

 

ともだちとは・・・

図書館で借りて読んでみました。 とっても簡潔でシンプルな文章と絵ですが、友達について分かり易く描かれています。 まだ我が子には友達はいないけれど、保育園や小学校に行くようになったら、この絵本を・・・続きを読む

しゅうくりぃむさん

40代 ママ 大阪府

 

じっくりと見つめなおす

ともだちって、どんな人のことかな? ひとつひとつの文章は短いけれど、たくさんの思いや考えが、次から次へと浮かんできました。 ともだちがいると、楽しいことがいっぱい。 けれど、衝突したり、・・・続きを読む

ねこよんよんさん

40代 ママ 佐賀県

 

大人も子供も

ともだちってなんだろう?という問いかけに答えるように、わかりやすい言葉でいろいろな場面におけるともだちを描いてあります。 子供にも伝わりやすいし、それでいてその行動の意味について深く考えることができ・・・続きを読む

りおらんらんさん

30代 ママ 東京都

 

大人も子供も

4歳の長女のために借りてきました。 でも実際に読んでみて、これは子供だけではなく、大人も読める絵本だと思いました。いや、むしろ大人こそ読まなければならないのかもしれません。 お友達が大好きな娘・・・続きを読む

一覧を見る


「ともだちって かぜがうつっても へいきだっていってくれるひと」 『ともだち』 谷川俊太郎さんインタビュー

『ともだち』という絵本を知っていますか? 現代日本を代表する詩人の一人である谷川俊太郎さんが、1979年刊行のシリーズ「玉川こども・きょういく百科」のなかの一冊として書かれたものです。好評だったことから2002年に単行本化され、和田誠さんのユーモアのある絵とともに、子ども、親、先生、多くの人の胸に響く絵本として18万部(2015年6月現在)のヒット絵本となっています。誕生の舞台裏と、谷川俊太郎さんの「ともだち」のお話をうかがいました。
※このインタビューは、玉川大学「大学教育棟 2014」において、100人ほどの学生の前で、絵本ナビによる谷川俊太郎さんへの公開インタビューとして行われました。

応募ルール

募集期間 2015年10月15日(木)0:00〜2015年11月11日(水)23:59
募集内容 『ともだち』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年11月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者

  • 谷川 俊太郎

    1931年、東京に生まれる。高校卒業後、詩人としてデビュー。1952年に第一詩集『二十億光年の孤独』(創元社)を刊行。以後、詩、絵本、翻訳など幅広く活躍。1975年日本翻訳文化賞、1988年野間児童文芸賞、1993年萩原朔太郎賞を受賞。ほか受賞多数。絵本作品に『ことばあそびうた』(福音館書店)、『マザー・グースのうた』(草思社)、『これはのみのぴこ』(サンリード刊)、『もこもこもこ』(文研出版)、「まり」(クレヨンハウス刊)、「わたし」(福音館書店)、「ことばとかずのえほん」シリーズ(くもん出版)他多数の作品がある。翻訳作品も多数。 ついにあの名作登場!「もこ もこもこ」&「ココロのヒカリ」 講談社レビュー大賞当選者発表中!!

  • 和田 誠

    1936年大阪生まれ(小学校2年から東京)。イラストレーター、グラフィック・デザイナー 。多摩美術大学卒業。1959年ライトパブリシティに入社。9年間社員デザイナーを務める。1960年漫画集『21頭の象』を刊行。続いて私家版絵本を7冊作る。1968年から4年数カ月「週刊サンケイ」の表紙絵を描く。1977年「週刊文春」の表紙(絵とデザイン)を担当して現在にいたる。装丁、挿絵、絵本などの仕事のほか、映画を監督することもある。 主な絵本作品に『ことばのこばこ』(瑞雲舎)、『ねこのシジミ』(ほるぷ出版)、『ぬすまれた月』(岩崎書店)他多数。また谷川俊太郎との作品に『あな』(福音館書店)、『ともだち』(玉川大学出版部)、『これはのみのぴこ』(サンリード)、『あくま』(教育画劇)など多数ある。

おすすめ作品


A FRIEND

作:谷川 俊太郎 絵:和田 誠 訳:アーサー・ビナード


かずをかぞえる

作・絵:五味 太郎


もりにいちばができる

作・絵:五味 太郎


かんじのえほん

文:灰島 かり 絵:小中 大地


おそらに はては あるの?

作:佐治晴夫 絵:井沢 洋二

全ページためしよみ
年齢別絵本セット