絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

今読みたい絵本児童書16選!

2023年新春のこの時期に読みたい絵本児童書。出版社さんおすすめの一冊が揃いました。

この時期読みたい作品、注目の新刊、イチオシの定番作品など、いろんなタイプの絵本が揃っています。
普段自分では手に取らない絵本も、この機会に読んでみませんか? もしかしたら、レビューを読んで作品に興味が湧くこともあるかもしれません。
共感したり、自分の意見を再確認したり、読み聞かせた子どもの様子にクスッとしたり…レビューの楽しみ方も様々。 絵本を読んだら、みなさんのレビューもぜひ聞かせてくださいね。
 投稿いただいた方の中から5名様に、絵本ナビオリジナルデザインの図書カードをプレゼントします。さらに投稿いただいた全員に、絵本ナビで使える絵本ナビポイントもプレゼント。 
これまでのコンテストもご参考に、レビューコンテストをお楽しみください♪

賞品

絵本ナビ賞

絵本ナビオリジナル図書カードNEXT

絵本ナビオリジナル図書カードNEXT  5名様

5名様に、絵本ナビオリジナル図書カード(1000円分)をプレゼントします!

受賞レビュー

  • 100ぴきかぞく

    100ぴきかぞく

    作: 古沢たつお
    出版社:大日本図書
    税込価格:1,540円

    • ちょっとためしよみ

    100ぴきの個性が可愛い!(のののままさん)
    100ぴきのねこたちが可愛くて3歳の娘と読み始めました。 1回目は、絵本のお話のとおりにねこ探ししながら。 2回目は、3歳の娘からねこ探しの問題を出されながら。 3回目は、ネムくんにハラハラしながら。 100ぴきのねこたちはみんなそれぞれ好きなものがあって、個性的です…続きを読む

  • A FIELD TRIP  えんそく

    A FIELD TRIP えんそく

    作: アレン 玉井光江
    絵: のだ よしこ
    監修: アレン 玉井光江 村松 麻里
    出版社:東京書籍
    税込価格:1,650円

    英語が苦手な親でも大丈夫(クッチーナママさん)
    今は小さいうちから英語を楽しめる教材がたくさんありますが、自分も英語が苦手なので、どうやって読んであげたらいいのか、迷うことがあります。 こちらは、そんななやみにぴったり。無料音声つきで、しかも、読み聞かせ台本つき。どんなふうに読んであげればいいかを解説してくれているのです。さらに、絵本を使って、こんなクイズを出してみて、というようなプラスアルファーの学びにも対応しています…続きを読む

  • ことばとふたり

    ことばとふたり

    作: ジョン・エガード
    絵・訳: きたむら さとし
    出版社:岩波書店
    税込価格:1,760円

    どちらも大事。(だっこらっこさん)
    言葉を必要としない時間も、言葉で表現する時間も、どちらも大事。そのようなメッセージを受け取りました。 私の好きなシーンは、「自分で自分をハグしながら少しづつ相手に近づいていく」です。 全く面識のない相手だと、なになに、なんなの?と警戒されるようなしぐさだけど、「あなたとハグしたいんですよ、今からこうしますけど、いいですかね?」という意味だと思うとちょっと微笑ましくて、笑えるような。 彼らの間には、言葉の有無という違いはあるけれど、「時間を共有する」という共通点はある…続きを読む

  • しあわせに なあれ

    しあわせに なあれ

    詩: 弓削田 健介
    絵: 松成 真理子
    出版社:瑞雲舎
    税込価格:1,430円

    • 全ページためしよみ
    • ちょっとためしよみ

    ママになったばかりの頃を思い出しました(おさるのかごやさんさん)
    一人一人に付けられた名前には、「幸せになぁれ」という願いが込められている…。そんなシンプルなメッセージが込められた絵本ですが、とても深い。 毎日、何度も呼びかける子どもの名前。時にイライラして怒鳴るように呼んでみたり…。 すっかり当初の気持ちを忘れていたけど、はっきり思い出しました。 我が子がお腹に宿ったと分かった時から名前について考え初め、響きが良いとか、この漢字がカッコいいとか、画数が良いから…だとかいろいろな理由をつけながらも何度も話し合いを重ね、何ヶ月も悩みようやく決めた名前。 その根底にあるのは他でもない子どもの幸せを願う気持ち。 あぁ、そうだったなぁ…。本当にそうだわ…。続きを読む

  • 白髪の国のアリス

    白髪の国のアリス

    著: 田村 セツコ
    出版社:集英社
    税込価格:1,980円

    • ちょっとためしよみ

    白髪の国のアリス(miki222さん)
    「さすが」のエッセイを読み、思わず涙が込み上げてきました。「認知症になってしまっても、あんまり悲しまないで。励まさないで。叱らないで。 ニコニコしていてほしい。」 父が晩年、忘れっぽくなってしまった時にも、私は悲しんだり、励ましたりしてばかりいました。もっと早くこの本に出会って、歳を取ることは辛いことばかりじゃない、楽しいことも沢山あるんだと気づけたら良かった。変わっていく自分を不安がっていた父に「さすが」の言葉をかけて、元気づけてあげたかったです続きを読む

投稿した方全員に

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象作品

  • しあわせに なあれ

    しあわせに なあれ

    詩: 弓削田 健介
    絵: 松成 真理子
    出版社:瑞雲舎
    税込価格:1,430円

    • 全ページためしよみ
    • ちょっとためしよみ

    「名前」は両親からの最初の贈り物。 「しあわせになあれ」という真摯な祈りがこめられています。 そんな大切な「名前」をテーマにした合唱曲「しあわせになあれ」の詩に絵本作家の松成真理子さんが叙情的な絵をつけて絵本ができました。

  • 白髪の国のアリス

    白髪の国のアリス

    著: 田村 セツコ
    出版社:集英社
    税込価格:1,980円

    • ちょっとためしよみ

    女性イラストレーターの草分け、80歳を超えてますます元気な田村セツコさんによる、読者参加型エッセイ本。紙とえんぴつがあれば幸せ、という心の健康法を伝授します。

  • 交通安全大王

    交通安全大王

    作: よしなが こうたく
    出版社:好学社
    税込価格:1,650円

    もうすぐこども祭り。番長たちはおおはりきりですが、道路でおみこしの特訓をしていると、みどりの服を着たおじさんたちに叱られて…。毎日あぶなっかしくも元気に遊ぶ子どもたちに、たのしく交通ルールをまもる大切さに気付いてほしいという作者の願いがこもった1冊です。

  • たいくつなにちようび

    たいくつなにちようび

    作・絵: MICAO
    出版社:理論社
    税込価格:1,595円

    • ちょっとためしよみ

    お父さんお母さんと楽しく過ごすはずだった日曜日。おじゃんになって、退屈になってしまったぼくの目の前に、ステッチさんが現れた。真っ赤なテントに招かれるまま入っていくと、そこは針と糸がうみだすワンダーランドだった。

  • レイチェル・カーソン物語 なぜ鳥は、なかなくなったの?

    レイチェル・カーソン物語 なぜ鳥は、なかなくなったの?

    作・絵: ステファニー・ロス・シソン
    訳: おおつかのりこ
    監修: 上遠 恵子
    出版社:西村書店
    税込価格:1,815円

    世界的ベストセラー『沈黙の春』を書いて、環境保護運動に大きな影響を与えたレイチェル・カーソンの伝記絵本。 環境の汚染や破壊をくいとめ、たくさんの生きものが支え合って暮らしていける地球にするために、人間はどうしたらいいのでしょう。

  • 恐竜トリケラトプスとウミトカゲ

    恐竜トリケラトプスとウミトカゲ

    作・絵: 黒川 みつひろ
    出版社:小峰書店
    税込価格:1,430円

    トリケラトプスは、アジア大陸から北米へと海を流されてきたデイノケイルスの子どもをウミトカゲのモササウルスやティロサウルスからすくえるか?トリケラトプスがアジア大陸へと向かう新シリーズ、第一弾!

  • A FIELD TRIP  えんそく

    A FIELD TRIP えんそく

    作: アレン 玉井光江
    絵: のだ よしこ
    監修: アレン 玉井光江 村松 麻里
    出版社:東京書籍
    税込価格:1,650円

    英語が楽しくなる!英語が好きになる!英語が得意になる!「教科書へのウォームアップ絵本」。小学英語教科書の編集委員監修。無料音声ダウンロードつき。

  • でんしゃとしょかん

    でんしゃとしょかん

    文: 深山 さくら
    絵: はせがわ かこ
    出版社:文研出版
    税込価格:1,430円

    団地の公園にある電車の中は、子どもの本でいっぱい。本や電車が大好きな子たちがやってきて、「でんしゃとしょかん」 はいつも満員。東京都東村山市にある電車図書館がモデル。

  • 100ぴきかぞく

    100ぴきかぞく

    作: 古沢たつお
    出版社:大日本図書
    税込価格:1,540円

    • ちょっとためしよみ

    100ぴきのねこのかぞくが、今日はみんなでおでかけ。ごはんを食べたり、でんしゃに乗ったり。この子は何をしているのかな?1匹いっぴき違った個性をもつ猫たち。ページをめくるたびにわくわくドキドキする可愛い絵本です。

  • 王さまのお菓子

    王さまのお菓子

    文: 石井 睦美
    絵: くらはしれい
    出版社:世界文化社
    税込価格:1,650円

    • 全ページためしよみ
    • ちょっとためしよみ

    フランスの伝統菓子、「ガレット・デ・ロワ」を題材にした作品。 大切な誰かを想う、めぐりゆく幸福の物語。 子どもから大人まで楽しめる、贈り物にもぴったりの一冊です。

  • ごきげんななめな おさるさん

    ごきげんななめな おさるさん

    作: スザンヌ・ラング
    絵: マックス・ラング
    訳: ひさやま たいち
    出版社:評論社
    税込価格:1,650円

    • ちょっとためしよみ

    ニューヨークタイムズのベストセラーランキング1位を獲得、25週間ベスト10にランキングされていたヒット作! 「ごきげんななめ」も心を守るために必要な大切な感情です。子どもたちに、感情との付き合い方を楽しく教えてくれる絵本です。

  • 宮沢賢治の絵本 茨海小学校

    宮沢賢治の絵本 茨海小学校

    作: 宮沢 賢治
    絵: 西村 繁男
    出版社:三起商行(ミキハウス)
    税込価格:1,870円

    茨海(ばらうみ)という名前の野原に出かけたとき、思いもかけず狐の小学校の授業を参観することになった、だなんて信じてくれますか? いや、これは本当のことです。疑ってはいけません。このお話を読んでくださればわかります。あなたもぜひ、参観してみてください。

  • おうさまのまえで みぎむけーみぎ!

    おうさまのまえで みぎむけーみぎ!

    作: 柏原 佳世子
    出版社:KADOKAWA
    税込価格:1,540円

    • 全ページためしよみ
    • ちょっとためしよみ

    『おうさまがかえってくる100びょうまえ!』のけらいたちがかえってきた!子どもと笑って読みながら「みぎ、ひだりってどっち?」と考えるヒントにもなる絵本。読み聞かせにもぴったりです!

  • ねこのラーメンやさん

    ねこのラーメンやさん

    作・絵: KORIRI
    出版社:金の星社
    税込価格:1,540円

    ここは町で人気のラーメンやさん。ちょうネクタイがにあう三毛猫のマオさんが、こだわりのかつおぶしでだしを取ったカツオラーメンを手際よく作っていきます。でもお客さんは、なぜかだれも食べようとしません。人気作『ねこのようしょくやさん』に続く第2弾!

  • ことばとふたり

    ことばとふたり

    作: ジョン・エガード
    絵・訳: きたむら さとし
    出版社:岩波書店
    税込価格:1,760円

    ことばを知らない生きものがいました。喜びも悲しみも感じていたけれど、それをなんというのか知りません。ある苦しくてつらいとき、ことばを知っている生きものと出会い、気持ちを表すことばを、はじめて知ります。 だれかとわかりあえるって、なんてすてきなんだろう! 高名な詩人と人気絵本作家が贈る出会いの絵本。

  • おかしの まちの おかしな はなし

    おかしの まちの おかしな はなし

    作・絵: いわさき さとこ
    出版社:フレーベル館
    税込価格:1,496円

    お菓子の町の和菓子と洋菓子はいつもケンカばかり。ある日そこに引っ越してきた見知らぬ誰かは、なんだか不思議な研究をしているようだけど……。おかしなあなたは一体なにもの? 違うものも受け入れ認めることの大切さを、個性豊かなキャラクターが伝えます。第11回日本童画大賞絵本部門大賞受賞作!

応募ルール

募集期間 2023年1月15日(日)0:00〜2023年2月14日(火)23:59
募集内容 このページ掲載されている対象作品のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(選考対象の投稿は1作品に付き、お一人様1レビューです)
発表について 2023年3月上旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
賞品発送は、コンテスト終了後1-2ヶ月を目処に当選者さまに郵送いたします。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

お預かりした個人情報のお取り扱いについてはプライバシーポリシーのページをご確認ください。

レビューコンテストにあたって

いつもみなさんはどのように絵本や児童書を選んでいますか?
書店店頭や図書館で実際に絵本を手にとって、中を少し読んで、「うん、これ読んでみよう」と決める方。同じように子どもに選ばせる方。たくさんいらっしゃると思います。

絵本ナビでは「実際に読んでみる」の他に、「ちょっと気になった絵本のレビューを読んで、決める」選び方もおすすめしています。

絵本を読んでみた感想は、人それぞれ。
絵本ナビスタッフも、他の人のレビューを読んだり聞いたりして、そんな見方があったんだ!と新たな作品の魅力に気づくことも多々あります。

感じたことを言葉にしていくのは、なんだかちょっと難しそう…?
いえいえ、気負わなくて大丈夫!
レビューコンテストは宿題ではありませんし、感想に正解はありません。
絵本を読んで一番に感じたことを、ぜひ教えて下さいね。

そのレビューを読んで、次の誰かが絵本を読むきっかけになって、更にバトンがつながっていくかもしれません。

レビューってどうやって書くの?

@あらすじは書かない!
レビューというと、ついついあらすじを書いてしまいがちですが、レビューコンテストは、内容を知っている出版社の人も見ているので、あえてあらすじを書く必要はありません。
それよりも「こんなところが面白かった!」「この本を読んでこういうところに共感した」などご自身の感想を書きましょう。

Aお子さんの反応を見てみましょう
お子さんのいるご家庭なら、一緒に読んだときの我が子の様子「このページでこんなことを言った」「読み終わった後、こんな行動をとった」など、お子さんの様子を描いてみてください。
子どもがどんな風に絵本を楽しんでいるか、出版社の人はとても知りたがっています。ほかのユーザーさんにとっても、同年代の子どもの反応は絵本選びの重要なポイントです。

Bほかのレビューを参考にする
絵本ナビには、ユーザーさんのアイコンの隣に「TOP500」のメダルが出ている人がいます。それはレビュー投稿数TOP500人以内の証。レビューをたくさん書いている方は、それだけ絵本のおすすめが上手です。 上手なレビューを読むことで、自分のレビューの足りない部分に気づくことができるでしょう。

Cたくさん書く 「習うより慣れよ」ということわざがあるように、とにかくたくさんレビューを書くことが上達への近道です。今回のようなレビューコンテストは、レビューをたくさん書く練習にぴったりです。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット