絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  ナタリー・レテ マッシュノートから日本初の本格絵本『たぶん ほんと』みんなの声大募集!

ナタリー・レテ マッシュノートから日本初の本格絵本『たぶん ほんと』みんなの声大募集!

お待たせいたしました。
注目の受賞レビュー発表です!

サイン入り色紙  2名様

【2名様】
ナタリー・レテさんの直筆サイン色紙を
2名様にプレゼント。
とびきりキュートなフクロウさんが
福を運んでくれそうです!
パリから届きました!!

スカーフ  2名様

【2名様】
「たぶん ほんと」の表紙と
同じフクロウが描かれたスカーフを2名様に。
絵本のハッピーな世界観を
身につけたり、お部屋に飾ったり。
しなやかなシルクのスカーフです。
素材:シルク、製造国:イタリア、
サイズ:約77×75cm

ポケットノート  10名様

【10名様】
「たぶん ほんと」に登場する
ウサギが描かれたノートを10名様に。
中は白無地、
携帯に便利なポケットサイズです。
サイズ:約9.1×14.1×0.6cm 120ページ

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。

ふんわりうさぎさん

30代 ママ 滋賀県

 

自分のなかに隠れてる ほんとの気持ち

「え??なになに??」と引き込まれ 「うんうん、そうそう!」とうなずいちゃう はっとしながらも、「そうなんだよ」と思わずにはいられない ふふふと笑わずにはいられない 「え?なんでなん?」とつっ・・・続きを読む

hilocoさん

30代 ママ 京都府

 

子どもと会話しながら楽しむ宝箱のような絵本

「これから、たぶんほんとのはなしをします」で始まる宝箱のような絵本です。 物語ではなく、ひとつひとつの絵に、それぞれに合った素敵な言葉が添えられています。 もうすぐ5歳の息子の 「これは・・・続きを読む

しゅんさんさん

30代 パパ 大阪府

 

ほんわか違う視点に出会える

素敵なイラストにほっこりする文 絵本からやさしくかたりかけてくれます。 いつもと違う価値観や視点に出会える。 そして、考えるきっかけをあたえてくれる。 読んだ後、なんだかいつもとちがう世界が見・・・続きを読む

ピンクちゃんさん

40代 ママ 広島県

 

最後の言葉が好き

とっても素敵な絵本。文章と素敵な絵がマッチして、まるで美術館で絵本を読んでいるかのような絵本だと思います。私は一番最後のページの言葉が大好きで、とてもこのページを読むのが好きです。「家族っていいよね、・・・続きを読む

タマさん

40代 その他の方 大阪府

 

カラフルで心のビタミンになる、まるで果物のような絵本

1度見たら忘れられないような色彩の豊かさと懐かしさもある素敵な絵と、素敵な言葉の数々。 今の世の中でもまだまだ未知の世界や発見がたくさんある。もしかしたら正しいと思っていたことが間違っていたり、間違・・・続きを読む

一覧を見る

応募ルール

募集期間 2015年3月5日(木)0:00〜2015年4月1日(水)23:59
募集内容 『たぶん ほんと』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年4月中旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

ナタリー・レテ
パリ在住。世界で活躍するアーティスト。イラストをはじめとする作品を各国企業に提供、数多くのプロダクトを世に送り出す。ハッピー、ユーモア、ほんの少しの毒。その魅力は日本でも幅広い層に愛されている。


センスとこだわりが詰まった、パリにあるショールーム。壁のタイルにもナタリーさんの絵が。
間部 香代
東京都在住。児童文学作家、コピーライター、雑貨ショップ「マッシュノート」オーナー。日本児童文芸家協会会員、日本童謡協会会員。著書に「グッバイ山でこんにちは」(文研出版)、絵本「ルコちゃんがいく」「ルコちゃんはどこ?」(鈴木出版)などがある。


ときどきオープンするという「マッシュノート」は、大通りから入った隠れ家のようなお店。


「聡明で、明るくて、やさしくて。普段のやりとりはメールですが、ちょっとした気遣いをよく感じます。そしてなにより、とってもオシャレ!」と間部さん。
「お父様が中国の方なので、少し東洋の雰囲気も感じます。日本が大好きで、来日したとき一緒にお蕎麦を食べたら、箸の使い方が上手でビックリしました。」
プライベートでは、一男一女のお母さん。お嬢さんはもう大学生だそうです。「子どもの話をするときは、表情が変わるんです。すごいアーティストでもあるけれど、やっぱりお母さんなんだなって思います。」
ナタリーさんの人柄を知ると、1枚1枚の絵が身近に感じられますよね。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット