絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  愛され続けて30年以上 がちょうのペチューニアシリーズ みんなの声大募集

愛され続けて30年以上 がちょうのペチューニアシリーズ みんなの声大募集

レビューコンテストにあたって

 デュボワザンくらい、伸びやかな絵が描ける人は、そういません。描きたい気持ちと筆がそのままつながってしまったような、とびきり自由な絵。見たとたんに楽しくなって、好きにならずにいられません。

 この本で何より翻訳に苦労したのは、歌の部分です。歌を訳すのは初めてのうえ、私は音符もろくに読めないので、友だちにバイオリンで弾いてもらったのを録音して、聞きながら訳しました。歌いながら訳したのは、これが初めてです。その間ずっと、なんだかデュボワザンがこの本でいちばん楽しんだのは、歌の部分ではないかと感じていました。略歴を見て、納得。デュボワザンは幼いころから音楽に親しみ、ジュネーブの音楽院にも入学していたのでした。

 春の新芽のように元気で明るいペチューニア。あっけらかんと楽しいこの絵本を、どうぞお楽しみくださいね!

 ふしみみさを

賞品

ぺチュニーニア賞

ペチューニアマグカップ  1名様

絵本から飛び出してきたような、可愛いペチューニアのオリジナルマグカップをプレゼントいたします。

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象作品

  • ペチューニアのうた

    ペチューニアのうた

    作・絵: ロジャー・デュボワザン
    訳: ふしみ みさを
    出版社:復刊ドットコム

    愛され続けて30年! 大人気“がちょうのぺチューニア”シリーズが復刊! おっちょこちょいだけど、どこか憎めない“がちょうのぺチューニア”と、農場の動物たちがくりひろげる愉快な物語。 子どもたちに読みつがれてきた「ぺチューニア」シリーズのうち、ファン待望の2冊が新訳版で30年ぶりに帰ってきました。美しい色使いは昔のまま。子どもたちへのプレゼントにピッタリの素敵な絵本です。 ◇『ペチューニアのうた』あらすじ うたが大好きなぺチューニア。でも、なくことはできても、歌うことはできません。ある日、どこからかぺチューニアのことを歌っている素敵なうたが聴こえてきて…。 楽しい「ペチューニアのうた」が、楽譜つきで載っています。

みんなの声

らずもねさん

30代 ママ 東京都

 

自分の良さ

ぺチューニアのお話です。 なんとものびやかですてきな白鳥です。 とっても歌がすきなのですが ぺチューニアの声は車のクラクションみたいって歓迎されません。 他の動物のすてきな鳴き声がうらやましく・・・続きを読む

かつかつかっちゃんさん

60代 その他の方 

 

この曲が聞いてみたいですね

とても興味深い内容の本でした。また、絵が日本の絵本とは違う感じのタッチで素敵でした。 絵本の途中で曲が登場するのですが、実際の曲が聴けるとよりこの絵本が素敵な物になるような気がしました。また、絵・・・続きを読む

一覧を見る

  • ペチューニアのクリスマス

    • 全ページためしよみする
    • ちょっとためしよみする

    ペチューニアのクリスマス

    作・絵: ロジャー・デュボワザン
    訳: ふしみ みさを
    出版社:復刊ドットコム

    愛され続けて30年! 大人気“がちょうのぺチューニア”シリーズが復刊! おっちょこちょいだけど、どこか憎めない“がちょうのぺチューニア”と、農場の動物たちがくりひろげる愉快な物語。 子どもたちに読みつがれてきた「ぺチューニア」シリーズのうち、ファン待望の2冊が新訳版で30年ぶりに帰ってきました。美しい色使いは昔のまま。子どもたちへのプレゼントにピッタリの素敵な絵本です。 ◇『ペチューニアのクリスマス』あらすじ 散歩にでたぺチューニアは、近くの農場のオリの中でクリスマスのために太らされているハンサムながちょうのチャールズに一目ぼれ。チャールズを救うためにぺチューニアは知恵を絞ります。ぺチューニアはチャールズを救えるのでしょうか?

みんなの声

さみはさみさん

40代 ママ 東京都

 

大人になったペチューニア!

ちょっとおっちょこちょいのペチューニアのシリーズを私も長男も気に入ってよく読んでいました。 でもこんな巻があったとは知りませんでした。クリスマスに売られる予定のチャールズに出会って恋をしてしまっ・・・続きを読む

みいのさん

50代 ママ 東京都

 

命がけの恋

命がけの恋のお話でした。 チャールズはクリスマスに食べられてしまうかもしれないし、ペチューニアも、もう少しでウィンディさんの猟銃で撃たれるところでした。 ペチューニアはガチョウなのに、器用にリース・・・続きを読む

一覧を見る

応募ルール

募集期間 2016年6月2日(木)0:00〜2016年6月29日(水)23:59
募集内容 「ペチューニア」シリーズのレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2016年8月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • ロジャー・デュボワザン

    1904年スイス ジュネーヴ生まれ。1925年、アメリカに渡る。息子のために絵本を作ったことがきっかけとなり、絵本作家・イラストレーターとして活躍。1980年没。 主な作品に『ロバのロバちゃん』(偕成社)、『しろいゆき あかるいゆき』(BL出版)、「ごきげんなライオン」シリーズ、「がちょうのペチューニア」シリーズなど多数。

  • ふしみ みさを

    1970年埼玉県生まれ。上智大学仏文科卒。絵本を好きになったきっかけは、子どもの頃父親が、自分や近所の子を主人公にして漫画付きのお話をしてくれたこと。20歳の時、パリと南仏エクサンプロヴァンスに留学。洋書絵本卸会社、ラジオ番組制作会社、餃子店経営を経て、海外の絵本や児童書の翻訳、紹介につとめている。ペットは、顔、頭、目、耳、鼻、性格ともに悪い、忠義心のないラブラドール。 おもな訳書に『うんちっち』(あすなろ書房)、『トラのじゅうたんになりたかったトラ』(岩波書店)、『どうぶつにふくをきせてはいけません』(朔北社)、「せんをたどって」シリーズ(講談社)、『トトシュとキンギョとまほうのじゅもん』(クレヨンハウス)、『ホラー横町13番地』(偕成社)、『おやすみ おやすみ』(岩波書店)、「ハムスターのビリー」シリーズ、『ゾウの家にやってきた赤アリ』『大スキ! 大キライ! でも、やっぱり…』(ともに文研出版)など多数。

イベント案内

未来屋書店様にてフェア実施中です。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット