たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>

【キム ミンジさん サイン本】 ググさんとあかいボタン

【キム ミンジさん サイン本】 ググさんとあかいボタン

【キム ミンジさん サイン本】 ググさんとあかいボタン

在庫あり

本体価格:  ¥1,300+税

【数量限定商品】

残り 12点

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

商品コード:5102852841

  • ためしよみはこちら
【ご注意! 必ずお読み下さい】 ※ページ下部の注意事項もご確認ください。
 ・このサイン本は名入れではありません、ご了承下さい。
 ・絵本ナビShop宛へのご意見欄にお名前を入力されても、お名前は入りません。

数量限定商品です。お早めにどうぞ!(残り 12点)




たくさんの可愛い洋服が並んでいるのは、モグラのググさんの洋服屋さん。土の中にあるのです。(最初に登場する、お店をふくめたググさんの土の中のおうちの図にはワクワクさせられちゃいます!)
お店はいつもお客さんでいっぱい。ググさんは赤いボタンが3つ付いているジャケットが特にお気に入りです。ところが、ググさんは忙しすぎて赤いボタンの1つが落ちてしまったことに気がつきませんでした。しかも、買い物中のネズミさんが持っていたバッグの中に入ってしまったのです!赤いボタンもびっくりしてさけびます。「たすけてよう」
やっとネズミさんのバックから逃げられたのは森の中。さてどうしようかと途方にくれていた赤いボタンが見たものとは・・・?

そういえば、いつの間にお洋服からなくなってしまったボタンってあったなあ。どこで落としたのか思い出そうと思ってもなかなか思い出せなくて。
このお話には、そんな「忘れられたボタン」たちがたくさん登場するので驚きです。
もしかしたら本当にこんな風にどこかに集まっているのかもしれない、なんて。

さて、赤いボタンは無事にググさんと出会えたのでしょうか。
ググさんはボタンやお洋服に深い愛情を持っているのできっと大丈夫。
みんなの協力で起こした行動は、思いもつかなかった幸せな結末を呼び寄せてくれますよ。

あたたかで可愛らしいこのお話。読んだ後に、そっと自分のタンスの中をのぞいてみたくなっちゃいます。
(絵本ナビ編集長 磯崎園子)





ここはモグラのググさんの洋服屋さん。ある日、ググさんのお気に入りのジャケットのあかいボタンがとれて、ネズミさんのバッグに落ちてしまいます。なんとかバッグから出られたあかいボタンは、ググさんのお店を探します。探すうちにたどりついたのは、忘れられたボタンたちがいる場所でした。そこにググさんが探しに来ますが、あかいボタンは声が小さくて気がついてもらえません。そこでボタンたちは、ある行動をおこします。ググさんは気がついてくれるでしょうか?



 ↓ ググさんのいる素敵なサインです!!

サイン画像





【ご注意! 必ずお読み下さい】

以下についてご了承のうえ、お買い求めください。

●お支払い方法について
・dケータイ払いプラスはご利用いただけません。

●サイン本について
・このサイン本は名入れではありません、ご了承下さい。
・絵本ナビ宛へのご意見欄にお名前を入力されても、お名前は入りません。

●サイン本の装丁について
著者さんのサイン時の状況等から、カバー、帯等が新刊時の装丁と同様にはなりませんので、
 予めご了承ください。

サイン本は限定品となりますので、装丁上による返品は、お受けできません。

●サイン本の販売期間について
・数量限定商品ですので、完売次第、販売終了とさせていただきます。

===========================================
<著者直筆サイン本。その特別な一冊。>

絵本ナビでは、絵本の著者さん、出版社さんのご協力をいただき、著者サイン本の販売を行っています。
その「サイン本」について、少しご紹介させてください。

通常、ある絵本が1万冊販売されるなかで、著者がサインを入れるのは、ほんの百冊程度といわれます。
一冊一冊、著者が直筆サインを書いていくのは、実は想像以上に大変に手がかかることなのです。
ではなぜ、そんな手のかかることをするのでしょうか。

それは、ファンサービスです。
その著者の作品が好きな読者にとって、著者が直々にサインしてくれた本は宝物になります。
その読者の心に想いを届けることができる。
読者の喜んでくれる姿が嬉しくて、著者は制作の合間を縫ってサインを書いてくれます。

もうひとつは、宣伝です。
著者が書店に出向いてサイン会を開催して、サインを書く。
この特別な行為に書店の担当者は動かされますし、イベントを訪れた方は、もともとその本を知らなかったとしても、読んでみようかという気になります。

このようなサイン会は、都市部の大書店ではイベントとして定期的に開催されていますが、実際にイベントに行ける方はほんのわずかです。
遠かったり、時間があわなかったりするでしょうし、子連れでイベントに参加するのは労力もかかります。

絵本ナビでは、作品の魅力をご紹介する記事と併せて、著者サイン本を全国のお客様にご購入いただけるようにしています。
このような企画を通じて、作品に興味を持っていただければとても嬉しく思います。
想いを込めたサインが書かれた特別な一冊は、もちろん数量限定です。
著者のファンの方に限らず、そんな貴重なサイン本であれば手に入れたい、という方も、よろしければご利用ください。

※サイン本は人気商品のため、購入いただける作品は随時変化します。
 今ご購入いただける作品は、以下の「限定商品」コーナーでご覧ください。

こちらもオススメ


医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー
商品カテゴリ
ぬいぐるみ・パペット
おもちゃ・知育玩具
あそべる絵本・自分で創る(図画・工作)
ファッション(大人・子ども)
食器・キッチングッズ
ランチグッズ
ステーショナリー(文房具)
ファッション雑貨
雑貨
ハンカチ・タオル・クッション他
インテリア・小物
ギフト
洋書セレクション
全ページためしよみ
年齢別絵本セット