あかまる どれかな? あかまる どれかな? あかまる どれかな?の試し読みができます!
作: しみずだいすけ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
パパやママの質問に答えて「これ!」とゆびさし。「できた!」達成感で“地頭”がぐんぐん育つ、ゆびさしあそびの絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>

【飯野 和好さん サイン本】 月見草の花嫁

【飯野 和好さん サイン本】 月見草の花嫁

【飯野 和好さん サイン本】 月見草の花嫁

在庫あり

本体価格:  ¥1,500+税

【数量限定商品】

残り 9点

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

商品コード:510291054X

  • ためしよみはこちら
【ご注意! 必ずお読み下さい】 ※ページ下部の注意事項もご確認ください。
 ・このサイン本は名入れではありません、ご了承下さい。
 ・絵本ナビ宛へのご意見欄にお名前を入力されても、お名前は入りません。

数量限定商品です。お早めにどうぞ!(残り 9点)

  • 読み聞かせにどうだろう!?
  • 高学年になので大人っぽい絵本もいいかな♪
  • これは私が読みたくて購入(3冊目)
  • 素敵な雰囲気に惹かれました。



誰も見ていない夜に、一際美しく咲く「月見草」という花をご存知ですか。

真夏の闇夜にぼんやりと浮かぶ幻想的な白い花。
月を見上げるように花開く凛とした立ち姿は、清楚で清らかな心をもつ艶やかな美しい娘のよう。
夕方から咲きはじめ、月の出る時間に生命の限り花びらをひろげ、その花の色は白からゆっくりと淡紅色に染まり朝方にはすっかりとしぼんでしまう夢のように儚い野草。一度その姿を見た者は誰しもが魅了されてしまう不思議な花だそうです。

この絵本は、夜にひっそりと咲くその美しい月見草が、人間の男に恋をした愛しくも哀しい物語。
蒸し暑い夕暮れ、海沿いの蛇のようにうねる街道を馬子の清吉は、馬子唄を歌いながら馬を引き峠を越します。

ホーイホイ
だれが待つやら
宵の月 ホーイホイ

深い木立の奥にひっそりと命を宿した月見草。その峠から聴こえる清吉の馬子唄に思いを馳せ、その晩、月見草は、月夜(さよ)という美しい娘に姿を変えて清吉の前に現れるのです。二人は結ばれるべき運命のごとくお互い強く惹かれあい夫婦になります。一年たっても二人がお互いを思いやる気持ちは衰えることなく、ある時雷雨に襲われた清吉は偶然にも雨宿りの場所で、1本の美しく咲く月見草に出会ってしまうのです。そして・・・。

この悲恋の物語は、作者の飯野和好さんが今から10年ほど前に熊本で、「語りと絵本」の講演に参加されていた語り部の蒲原タツエさんから教えていただいたお話だそうです。蒲原さんは、佐賀地方の民話を独特の語り口で伝承し、市重要無形文化財の語り部としてご活躍された方で2013年3月にご永眠されています。飯野さんは、この妖しくも不思議なお話にひどく心を揺さぶられ、深い愛情が招いてしまった哀しみとせつなさをいつか絵本にしたいと長年願い続け実現されました。

そんな思いを秘めたこの絵本。開いたが最後、暗闇の中、妖しく輝く月見草を見つけてしまった旅人のように、その色香漂う圧倒的な絵の魔力にすっかりと惑わされてしまいます。人を慈しむ心の情愛を感じられる作品、是非とも飯野さんの絵本の世界でご堪能ください。
(絵本ナビ編集部 富田直美)






ある夏の夜、花開いた月見草は、清吉の馬子唄に聞き惚れ恋をしました。月見草の花は、一晩しか咲くことができません。花は月夜(さよ)という名の娘の姿で、清吉のもとへ。二人はめでたく夫婦となり、孤独だった清吉は、はじめて共に暮らす喜びを知りました。ある日、仕事の帰りに月見草の花を見つけた清吉は、月夜を喜ばせたい一心で花を摘んで帰ります。ところが…



↓月見草は月夜(さよ)という名の娘の姿で・・・

サイン画像





【ご注意! 必ずお読み下さい】

以下についてご了承のうえ、お買い求めください。

●お支払い方法について
・dケータイ払いプラスはご利用いただけません。

●サイン本について
・このサイン本は名入れではありません、ご了承下さい。
・絵本ナビ宛へのご意見欄にお名前を入力されても、お名前は入りません。

●サイン本の装丁について
著者さんのサイン時の状況等から、カバー、帯等が新刊時の装丁と同様にはなりませんので、
 予めご了承ください。

サイン本は限定品となりますので、装丁上による返品は、お受けできません。

●サイン本の販売期間について
・数量限定商品ですので、完売次第、販売終了とさせていただきます。

===========================================
<著者直筆サイン本。その特別な一冊。>

絵本ナビでは、絵本の著者さん、出版社さんのご協力をいただき、著者サイン本の販売を行っています。
その「サイン本」について、少しご紹介させてください。

通常、ある絵本が1万冊販売されるなかで、著者がサインを入れるのは、ほんの百冊程度といわれます。
一冊一冊、著者が直筆サインを書いていくのは、実は想像以上に大変に手がかかることなのです。
ではなぜ、そんな手のかかることをするのでしょうか。

それは、ファンサービスです。
その著者の作品が好きな読者にとって、著者が直々にサインしてくれた本は宝物になります。
その読者の心に想いを届けることができる。
読者の喜んでくれる姿が嬉しくて、著者は制作の合間を縫ってサインを書いてくれます。

もうひとつは、宣伝です。
著者が書店に出向いてサイン会を開催して、サインを書く。
この特別な行為に書店の担当者は動かされますし、イベントを訪れた方は、もともとその本を知らなかったとしても、読んでみようかという気になります。

このようなサイン会は、都市部の大書店ではイベントとして定期的に開催されていますが、実際にイベントに行ける方はほんのわずかです。
遠かったり、時間があわなかったりするでしょうし、子連れでイベントに参加するのは労力もかかります。

絵本ナビでは、作品の魅力をご紹介する記事と併せて、著者サイン本を全国のお客様にご購入いただけるようにしています。
このような企画を通じて、作品に興味を持っていただければとても嬉しく思います。
想いを込めたサインが書かれた特別な一冊は、もちろん数量限定です。
著者のファンの方に限らず、そんな貴重なサイン本であれば手に入れたい、という方も、よろしければご利用ください。

※サイン本は人気商品のため、購入いただける作品は随時変化します。
 今ご購入いただける作品は、以下の「限定商品」コーナーでご覧ください。

こちらもオススメ


新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会
商品カテゴリ
ぬいぐるみ・パペット
おもちゃ・知育玩具
あそべる絵本・自分で創る(図画・工作)
ファッション(大人・子ども)
食器・キッチングッズ
ランチグッズ
ステーショナリー(文房具)
ファッション雑貨
雑貨
ハンカチ・タオル・クッション他
インテリア・小物
ギフト
洋書セレクション
デジタル知育ツール
全ページためしよみ
年齢別絵本セット