新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  夏休みの宿題がこれで解決!「お父さんが教える」シリーズ赤木かん子さんインタビュー

作文や読書感想文、自由研究を教えるのはお父さんの方が適任?!

───今回の『お父さんが教える 作文の書きかた』『お父さんが教える 図書館の使いかた』は前作以上にビジュアルが分かりやすくて、読みやすいように感じました。

前作を作ったとき、かなり文字数を減らして読みやすくなるように考えたんですが、まだまだスリムにできるなと思って、今回はかなりデザイン部分にも力を入れました。 具体的には、文字数を格段に少なくして、代わりに文字の強調する部分をより見やすく、よりシンプルなビジュアルにしました。

───子どもでも読むことができるくらい、分かりやすいですよね。

そうですね。基本的にこのシリーズはお父さんが読んで、理解したら、本を置いてお子さんに説明してほしいというコンセプトなのですが、小学校高学年以上なら、お父さんの説明を聞いた後に、自力で読むこともできるし、高校生なら自分で黙読できると思います。

───会話形式でストーリーが進んでいることも、分かりやすくなったポイントだと思いました。会話形式にしたのにはどんな理由があるのでしょうか?

お父さんが子どもに説明するときの状況になるべく近いシチュエーションになるよう考えました。それと、書き言葉よりも話し言葉の方が、頭に入っていきやすいので、お子さんが自力で読むことも考えて、会話形式にしました。

───「作文の書きかた」「図書館の使いかた」と既刊の2作との関連性、対象年齢などの違いはありますか?

最初に出した「読書感想文の書きかた」と「自由研究の書きかた」、そして「図書館の使いかた」は、小学校5年生を対象に。「作文の書きかた」は小学校2年生が対象になっています。

───読書感想文と自由研究をシリーズの最初に出版したのはなぜですか?

子どもたちが一番困っているのがその2つだからです。優先順位の高い順から作っていきました。「読書感想文の書きかた」の前半部分、作文を書くという部分をピックアップして作ったのが「作文の書きかた」。レポートの書き方を中心に作った「自由研究の書きかた」で書ききれなかった、“そのレポートの内容をどうやって作ったらいいのか”の調べ方を書いたのが「図書館の使いかた」です。

───そもそも、なぜ「お父さんが教える」というシリーズタイトルにしたのですか?

作文や読書感想文って実は、男の人の方が教えるのがうまいと思うんです。なぜなら、男の人の8〜9割は順序立てて、論理的に考えることが好きだからです。作文の組み立て方は構成、なんです。ですからお父さんにお願いするのがピッタリだと思いました。

───具体的に、この本を手に取るお父さんの年代はどのくらいをイメージされていますか?

8才から12才くらいの子どものいるお父さんだから、30代から40代くらい。ですから、この本は書店の児童書以外の棚にも置いてもらえたらいいな、と思っているんです。

───たしかに、その年代の男性は児童書売り場に足を運びませんよね…。

自由国民社はビジネス書も強い出版社なので、ビジネス書の棚に置いてもらえるよう、営業部の方にも頑張ってもらっているんです。

───ビジネス書の棚で、多くのお父さんたちに手に取ってもらえたら嬉しいですね。

小学校の作文は生活文。リアル系の方法で書くのが正しいのです。

───「作文の書きかた」の中で、まず文章には2パターンあるということに、ハッと目が覚める思いがしました。

「空想系」と「リアル系」ね。

───この2つの違いをもう少し詳しく教えてもらえますか?

空想系は簡単に言ってしまえば、フィクション。この世に本当に起きていないことを書いている文章の代表格は小説です。リアル系はノンフィクション、つまり、現実にこの世にあることを書く文章、分かりやすくいえば、解説文、説明文のことです。

───私たちは、小説以外ではほとんどリアル系の文章に触れているんですよね。

はい。私たちの身の回りには空想系よりもリアル系の文章の方が圧倒的に多いです。新聞や解説書、法律、経済、医学や化学もすべてリアル系で書かれています。それなのに、世間一般では「文章=小説」だと思っている人の方が多いんですよ。だから、子どもの作文でも小説のような想像力のある内容を求めてしまう…。でも、小学生が先生から書くように言われるのは、生活文なんです。生活文はリアル系の文章だから、小説の才能がなくても、「だれが」「いつ」「なにを」「どこで」「どうした」の5つを使えばだれでも書けるようになります。

───今まではそのスタイルが分からなかったから、真っ白な原稿用紙がいつまでも埋まらなかったんですね…。

そうなんです。でも、作文が書けるようになるという意味はそれだけではなくて、文章を書くと、自分が無意識に何を考えていたかが分かるようになる。それが分かると子どもはどんどん面白くなって、作文を書くようになりますよ。だって、書いていくと自分の中の深層心理が出てくるから。自分はこんなことを考えていたんだって、自分の作文を読んで客観的に分かるの。面白いでしょ。

───それは、ワクワクしますよね。

作文を書いてみて、自分はこんなこと考えてたんだ、なるほど!と思うから面白い。でもいきなりそのレベルには行けません。書けるようになるにはスタイル、文法を知る必要があるんです。

───それを教えてくれているのが、この「作文の書きかた」なんですね。

このノウハウをお父さんが理解して、子どもたちにきちんと伝えられれば、小学2年生ならすぐに400字詰め原稿用紙2枚を10分くらいで埋められるようになりますし、感想文だって、30分で書けちゃうんですよ!

───本当ですか! この本で作文の書き方を掴んだら、これから先、どんな場面でも文章を書くことが楽になりますね。

そうなんです。「作文の書きかた」は小学2年生の子に教えられるように書きましたが、中高生でも作文の苦手な子は、ここからスタートするのがオススメです。もちろん、大人もね(笑)。

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集
きんぎょがにげた絵本&グッズ特集ページ

赤木 かん子(あかぎかんこ)

  • 1984年、子どものときに読んで、作者や題名を忘れてしまった本を、ストーリー の断片からお探ししましょう、という“本の探偵”でデ ビュー。以来、子どもの 本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している。図書館の改装・ 改善運動にも積極的に取り組み、近年では 特に小中学校の図書館の活性化に努 めている。『絵本・子どもの本 総解説』『かならず成功する読みきかせの本』 (以上、自由国民社)、『今こそ読みたい児童文学100』(ちくまプリマー)な ど、著書多数。

作品紹介

お父さんが教える自由研究の書きかた
お父さんが教える自由研究の書きかたの試し読みができます!
著:赤木 かん子
出版社:自由国民社
お父さんが教える 作文の書きかた
お父さんが教える 作文の書きかたの試し読みができます!
著:赤木 かん子
出版社:自由国民社
お父さんが教える 図書館の使いかた
お父さんが教える 図書館の使いかたの試し読みができます!
著:赤木 かん子
出版社:自由国民社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット