INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  あの人気キャラクターがさがし絵本に!『トムとジェリーをさがせ! びっくりタウンはおおさわぎ』 まつやまたかしさんインタビュー

キャラクターも乗り物もアニメに忠実! まつやまさんのお気に入りは……?

───絵本の中にはトムやジェリーといったおなじみのキャラクターから、ジェリーのいとこの「マッスル」やトムの親友の「ブッチ」など、いろいろなキャラクターが登場しています。このキャラクターたちはもともと、「トムとジェリー」のアニメに登場しているのですか?

はい。今回はアニメに出てくるキャラクターのみを描いているんです。

───こんなにキャラクターがいるなんて、知りませんでした。

実は、最初に依頼を受けたとき、編集者さんから、「まつやまさんのタッチで、トムとジェリーの世界を描いてほしい」と言われたんです。それはとても魅力的なお話しだったのですが、キャラクターをデザインするところからスタートするのは、時間的にもとても厳しいと思ったので、今回は「トムとジェリー」をはじめ、ワーナー・ブラザーズのアニメに登場するキャラクターを忠実に描くことにしました。でも、ぼくが作ったキャラクターも少しだけ出てきているんです。

───そうなんですね! それはどんなキャラクターですか?

「スーパーマーケット」の場面に店長が出てきます。この店長はワーナー・ブラザーズのアニメにも登場するキャラクターなのですが、ぼくは彼の家族を作りました。

───「動物園」で家族そろって遊びに来ている3人ですね。

そうです。「デパート」の場面では奥さんがワンピースをおねだりしていて、「遊園地」の場面では、ワンピースを買ったために、お金を倹約して何も乗らずにいます(笑)。


店長の家族はまつやまさんのオリジナルキャラクター。

───この家族にも場面ごとにストーリーがあるんですね。

この家族を描くのがだんだん楽しくなってしまって……。いつか、この家族を主人公にした「シンプソンズ」みたいな作品が描けるんじゃないかと思いました。

※シンプソンズ……アメリカのコメディアニメ

───たしかに、とっても気になる3人ですね。この3人以外にも、まつやまさんのお気に入りのキャラクターはいますか?

うーん、魔女……でしょうか。この魔女は最初の「こうさてん」からずっと出ているのですが、「動物園」では清掃員のアルバイトをしていたり、「音楽ホール」では、ほうき型のギターを手にノリノリで演奏しているんです。魔女と、店長の家族はページの中でも特に自由に描けたので、いろいろ遊ばせました。


魔女はまつやまさんのお気に入りキャラクター。

───各ページにちりばめられているキャラクターを探しながら楽しむのも、この絵本の面白さですが、建物やテーマパークなどもとても細かく描き込まれていて、見ごたえがありました。

建物や車を描くのは、もともと得意でしたから、建物の構図などはかなり希望通りに描かせてもらいました。「マシーンレース」にはオリジナルデザインの車もたくさん描いてありますが、「びっくりタウンのこうさてん」に出てくる車は、アニメの中に登場する車を忠実に描いています。

───そうなんですね! アニメを観て、絵本に出てくるキャラクターやシーンを見つけるのも楽しいですね。「工事げんば」や「オバケやしき」で縦にページを使っているのもとても面白いと思いました。

ありがとうございます。「オバケやしき」は最初、正面から見た平面的な構図だったのですが、内側も外側も描きたかったので、ちょっとトリックアートのような構図にさせてもらいました。


オバケやしき。

───本当に、ページの隅々まで、まつやまさんのこだわりが感じられる作品ですね。読者から絵本を読んだ感想は届きますか?

いろいろな方から感想をいただきます。驚いたのは、「うちの子は、毎日この絵本をベッドに持っていって、何度も読んでいます」という感想をいただいたことです。

───イラストがたくさん描かれているから、毎日読んでも新しい発見があって楽しいですよね。

子どもって何回も同じ絵本を読むんだと、改めて知りました。

───絵本の仕事には以前から興味があったのですか?

はい。一度『MOTOR PANIC』(架空社)という、エンスーカーの探し絵絵本がヴィレッジヴァンガードから出版されました。その頃から、絵本は一番魅力のあるジャンルで、いつか2冊目を出したいと思っていました。今回、子どもたちの人気者「トムとジェリー」のキャラクターの探し絵絵本を出すことができたことは、ぼくにとってとても幸せなことなんです。

───これを機会に、まつやまさんの新しい探し絵絵本を見ることができたら、嬉しいです。改めて、絵本ナビユーザーに『トムとジェリーをさがせ! びっくりタウンはおおさわぎ』の見どころ、メッセージをお願いします。

絵本のあちこちに、「トムとジェリー」に登場するいろいろなキャラクターや、アニメの名シーンが描かれています。質問に書いてある絵を探すのも楽しいですし、自分の好きなキャラクターを見つけて、どこにいるか見つけるのも楽しいと思います。家族で、クイズを出し合って、だれが一番早く見つけられるか遊んでみるのもオススメです。ぜひ、ご家庭それぞれの楽しみ方で、絵本を隅から隅まで楽しんでいただければと思います。

───ありがとうございました。

まつやまたかしさんの個展が開催されます!

”TAKASHI MATSUYAMA WORLD TOUR”

日程:2016年6月16日(木)〜6月30日(木)
時間:12:00〜20:00
場所:超人墓場 内 墓場の画廊
東京都中野区中の5-52-15
中野ブロードウェイ3F
入場無料

 class=

インタビュー・文: 木村春子
撮影:所靖子

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?
可愛い限定商品、ゾクゾク♪

まつやまたかし

  • 1957年生まれ。岐阜県在住。著書に「自分で建てたあこがれのアメリカンハウス」(山海堂)、「MOTOR PANIC」(架空社)。鳥山明氏の二代目アシスタントという経歴を持つ。セルフビルドしたアメリカンハウスには、”ジェリーの穴”がある。

作品紹介

全ページためしよみ
年齢別絵本セット