話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  と〜ってもロングな絵本が登場!『はしれ! こうそくどうろ』モリナガ・ヨウさんインタビュー

子どもの頃から、絵本に囲まれていました。

───細かい部分までとても描き込まれているのがモリナガさんの作品の特徴だと思います。絵はどうやって描いているのですか?

ぼくはいまだに手描きで描いています。

───そうなんですか。手描きだと修正があまりできないイメージがあります。

そういうものですね・・・。でも直しはどうしても出てしまうので、ホワイト(白)を使ったり、こまかく切り抜いたり紙を貼ったり、修正をします。最近では、デザイナーさんにお願いして、最終修正をしてもらったりしています。


サラサラとトラックを描くモリナガさん。さすがです!

───それでも、この細かい作業をされているなんて驚きです。絵を描くときは長い紙を用意して描くんですか?

裏側は普通に見開きサイズですが、道路側は全紙という大きなサイズのを3枚分使っています。接続部分は目立たぬ工夫をして、最後デザイナーさんに仕上げてもらいました。

───では、実際につながっている状態を見るのは、色校(※)がはじめてなんですね。はじめて見たときはどうでしたか?
※色校……本と同じ紙で印刷され、ページに閉じられた状態。

家で広げてみたら、思った以上に長くてびっくりしました。じゃばら絵本は馬場のぼるさんの『11ぴきのねこ マラソン大会』(こぐま社)で見たことがあったので、ある程度イメージしていたつもりだったのですが、自分の絵でこういう作品を作れるとは思っていなかったので、嬉しかったですね。

───あの作品も、道路を舞台にした絵本ですね。モリナガさんはもともと絵本について詳しいのですか?

そうですね。もう大きくなってしまいましたが、うちには男の子と女の子が1人ずついるので、子どもが小さいころは毎月届く、月刊絵本を定期購読していました。

───お子さんが生まれて絵本を読むようになったのですね?

もっとさかのぼると、うちの両親が、私が生まれたときに張り切って絵本をそろえてくれていて、我が家には大量に絵本がありました。『ちいさいおうち』(岩波書店)は初版本がまだ我が家にありますよ。

───それはとても貴重ですね。子どもの頃好きだった作品は覚えていますか?

ぼくのような細かいタッチで描く人はたいてい通過していると思うのですが、安野光雅さんの「旅の絵本」シリーズ(福音館書店)や『蚤の市』『ふしぎな絵』などは大好きでした。

───いつから絵を描く仕事に就こうと思ったのですか?

ぼくの祖父母が絵を描く人だったので、物心つく頃から絵が身近にある環境で育ったことが大きいと思います。

───モリナガさんは絵本を描く前は、雑誌のイラストやルポライターとして活躍されていますよね。

大学に入ったくらいの頃、まだバブル期の最中だったので、雑誌に持ち込みをして、イラストの仕事をもらっていたんです。それから自分で取材に行ってそれを絵でまとめるルポライターのような仕事を長くしていました。書き下ろしの本が出版できるようになったのは、ここ10年くらいのことです。

───絵本作家としては2009年に『乗り物ひみつルポ (1) 新幹線と車両基地』(あかね書房)でデビューされています。

7年前ですね。絵本であってもルポであっても、基本的に自分で取材をして描くというスタイルは変わっていません。ぼくが目で見て、驚いたこととか、発見したことをなるべく読んでくれた方にも伝わるように描くようにしています。それと、絵と一緒に文字も書き入れるというやりかたも、デビューからずっと続けていることです。

───一貫したポリシーを持って描いていらっしゃるんですね。絵を描くときに特に気をつけていることはありますか?

そうですね……。結構サラサラと描く方もいると思いますが、ぼくは一個一個の部品を愛おしみながら描くようにしています。ゆっくりした線で描くと、読者もゆっくり見てくれるように思うんです。描くときは写真を見たり、実物を見ることが多いですが、トレースするのではなく、対象をしっかり見ながら描く。構造を見ながら描くのが好きなので、よく見えない部分があると途端にペースが落ちますね。

───今までにもいろいろな場所を取材されたと思いますが、今、行ってみたい場所や描いてみたいものはありますか?

お寺とか神社とか、古いものを取材して描いてみたいですね。今まで、結構ミリタリー系や機械を描くことが多かったので、和風の建築や風景などを描いてみたいと思います。あと、植物や自然を描くことに興味が出てきました。葉っぱや樹木は好きです。

───これからの作品がますます楽しみになりました。最後に、絵本ナビユーザーへメッセージをお願いします。

広々のばして遊んでください。高速道路に乗るときに一緒に持って行ってもらって、もし、渋滞に巻き込まれても退屈しないようにいろいろ描き込んでいるので、楽しんでもらえたら嬉しいです。サービスエリアに立ち寄ったら、ぜひチェックしてみてください。

───ありがとうございました。

≪もっと知りたい! モリナガ・ヨウさんに一問一答!≫

Q.1日のスケジュールを教えてください。

A.朝は6時半くらいに起きて、朝ご飯を食べて、子どもたちを送り出します。8時には洗濯物を干して、作品制作に入ります。家族が帰ってきて夕ご飯を食べた後は、22時には寝てしまいます。以前は、子どもを寝かしつけた後も仕事をしていましたが、今は眠くなって寝てしまいますね(笑)。このところやや夜更かし気味ですが。

Q.リフレッシュ方法は?

A.仕事が3つぐらい重なるとリフレッシュすることができなくなるのが悩みです。でも、作品がうまく描けたときは、とてもすっきりした気分になります。それと、料理をしているときは無心になれるので、そこでリフレッシュしているかもしれないです。山登りなどもたまにしていました。

Q.趣味はありますか?

模型製作、と言いたいのですが、最近時間がありません。本を読んだりでしょうか? あと、本人は自覚してなかったのですけど小庭いじりは熱心みたいです。モミジの双葉が生えたりすると、小鉢に移し替えて育ててました! 自宅前は地主さんの大木が植わっていて、毎日眺めています。スケッチブックもって近所の河原や公園に行くのは楽しいですが、趣味というにはやや修行の一環ですね。

Q.苦手なものは?

A.球技はからきしダメです。あと騒音も苦手ですね。以前、家の側で工事が行われていたときは1か月半くらい仕事に手が尽きませんでした。

Q.普段、制作をしているときには何か音楽を聴いていたりしますか?

A.80年代のポップスを流していることが多いようです。あとけっこうラジオを付けています。

 class=

取材協力

絵本とおはなしのみせ おばあさんの知恵袋
東京都国分寺市南町2-18-3 国分寺マンションB-03A
TEL:042-324-2708
URL:http://ameblo.jp/obaasannochiebukuro/

 class=

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集
絵本をもって、おはなし会へ!絵本作家さんによる描き下ろしデザインのトートバッグシリーズ

モリナガ・ヨウ

  • 1966年生まれ、早稲田大学漫画研究会出身。イラスト、マンガで雑誌を中心に活動。立体作品も手掛け、「空想科学読本」シリーズ(メディアファクトリー)の表紙オブジェを担当。2007年総務庁委託研究「秋葉原不思議交流空間」のキャラクターデザインを担当。著書に『ワールドタンクミュージアム図鑑』、『あら、カナちゃん!』、『35分の1スケールの迷宮物語』(第8回メディア芸術祭マンガ部門ノミネート作品)、『東京右往左往』(以上、大日本絵画)、『図録・王立科学博物館』(共著・三才ブックス)、『働く車大全集』(アスペクト)がある。

作品紹介

パタパタ絵本 はしれ!こうそくどうろ
作:モリナガ・ヨウ
出版社:ほるぷ出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット