たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、たなばたの知識が学べます!
tori.madamさん 30代・ママ

かわいい七夕物語
たちもとみちこさんの絵が好きで読みまし…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ開発チーム 星野由香さんインタビュー

30年以上人気のロングセラーの商品です。

───「くもんのこどもえんぴつ」は1980年の発売以降、ロングセラーとなっている商品ですね。

はい。ありがたいことに、「うちの子もこのえんぴつを使いました」と言ってくださる親御さんも多くいらっしゃいます。


開発事業部開発チームの星野由香さん。

───どのような経緯で、この「くもんのこどもえんぴつ」が発売されたのか、お話を伺えますか。

公文式教室で就学前のお子さんが教材学習を進めるために、それに合った鉛筆の開発が必要だと考え、開発された商品が「くもんのこどもえんぴつ」です。

───開発にあたって、どのようなことを検討されていたのでしょうか?

当時、2〜3歳のお子さんが細くて長い鉛筆を使っている際、ぎゅっと力を入れて握っていて、安定していない、コントロールしづらい、すぐ疲れてしまう、という様子が見受けられたそうです。しかも幼児期に持ち方の癖がついてしまうと、それ以降直すのに苦労したり、直すのを嫌がったりすることがあったようです。はじめから正しい持ち方であれば、疲れず作業性が高まり、学習の効果にもつながるので、どうにかしてあげたいと思ったと聞いています。

───どのような点を工夫されたのでしょう?

まずは形ですね。鉛筆を支える親指・人差し指・中指が作る形は三角形。3面でフィットするので、自然に正しく持てると形は三角形に決めました。もともと三角形の鉛筆は色々と発売されていたと聞いています。ただ、3本の指で持ったときに、幼児の手でもあまり力を入れすぎずに持てるよう計算された鉛筆はなかったといいます。そこで、太さにもこだわり、ある程度の太さがあれば無駄な力を入れず握りやすいということがわかったんです。

───最初から6Bの濃さの鉛筆を検討されていたのでしょうか?

鉛筆というと、一般的にBや2B、HBを思い浮かべられるかもしれませんね。けれども、それではまだ手の力の弱い小さな子どもには固すぎます。成長期は手や指の力がまだ十分でなく、鉛筆をしっかり握って書くのはとても難しいことです。それで、試行錯誤を重ねて、弱い筆圧でもしっかりと線を書くことができるようにいちばん柔らかい6Bの芯を使うことが決まりました。それから、鉛筆の長さにも意味があるんですよ。

───3種類で長さが違うんですね?

そうなんです。6Bは12cmと短めになっています。これは幼児の小さい手で握った場合、あまりに長いと安定せず、コントロールするのが難しいんですね。小さなお子さんでも扱いやすいよう、お子さんの手の大きさと成長にあわせて、鉛筆の長さも変えています。

───工夫がつまった商品なんですね。苦労された点などもあったのでしょうか?

開発当初から、さまざまな調整に苦労したと聞いています。例えば、6Bの芯は柔らかく折れやすいので、黒鉛と粘土の割合を考慮したり、鉛筆表面に厚い塗装を施すと、小さなお子さんが噛んではがれてしまったりすることがあったようです。
それらを含め、この37年の間に改良を重ね、今に至っています。発売までには、全国の公文式教室に何度も足を運び、実際にお子さんに使ってもらってはそのたびに改良するということをくり返して、子どもたちに最適なものを追求し続けました。そのかいあって、「正しく持てる!」「書きやすい!」とご好評をいただいています。
おかげさまで、今では年間10万箱以上を出荷するベストセラー商品のひとつとなりました。

───10万箱以上! すごいですね。今では、鉛筆も3種類になり、関連商品も増えていると伺いました。

発売当初、商品は6Bしかなく、お子さんが成長して、文字を書くようになったら、普通の鉛筆に持ち替えて学習してもらうことを考えていたのだそうです。しかし、お客様から「子どもが大きくなっても、この鉛筆を使いたい」、「小さな文字を練習するための鉛筆もほしい」「色鉛筆はないの?」という声を多くいただきました。そこで、4Bと2B、色鉛筆を発売することにし、書く文字の大きさや使い方にあわせ、幅広く選んでいただけるようになりました。

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット
全ページためしよみ
年齢別絵本セット