まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『どこいったん』『ちがうねん』長谷川義史さんインタビュー

《スペシャルコンテンツ》インタビュー

2013.02.07

『どこいったん』『ちがうねん』
長谷川義史さんインタビュー

一覧を見る

───出版社からの「こうしてほしい」という要望は何かあったんですか?

『どこいったん』はクマが帽子を探していて、いろんな動物たちに帽子がどこにあるか聞いていくという繰り返しの妙が楽しいストーリー。そのラストでクマが「ウサギなんて さわったこともないわ」というセリフ、実は原書では「Eat(食べた)」という言葉を使っているんです。でも、出版社からは日本の読者のことを考えたときには表現としてちょっと合わないので、「Eat」は使わないでほしいと言われました。そこが面白いのにな…と思ったけれど、「食べた」を使わないでクマがウサギを食べたことを匂わせる言葉を探しましたね。「さわったこともない」というラストの言葉を見つけるのに、しばらく悩みました。

───『どこいったん』と『ちがうねん』は、追う者と追われる者の関係が、2冊でうまく対になっていて、それぞれ登場人物も場面も違うんですが、コレクションしたくなる感じがありますよね。

本当にこの2冊はうまいことできていると思いますね。絵を見ると分かるけれど、『どこいったん』は森、『ちがうねん』は深い海なんですよ。どちらも真実が分かった瞬間からガラッと雰囲気が変わる。特に『ちがうねん』は、「とってきてん」という言葉でひきつけておいて、大きい魚がだんだんと近づいてくる描写にドキッとしますよね。絵本だから音楽はついていないんだけど、自然と恐怖の音楽が聞こえてくる感じがしてくるんです。

───『ちがうねん』は「ちゃうねん」ではなく、「ちがうねん」なんですよね。このニュアンスには意味はあるのでしょうか?

ちゃうねん…ちがうねん…ちゃうねん…(しばらく繰り返して)。…やっぱり違うね。
「ちがうねん」の方が嘘をついているっぽい感じがする。「ちゃうねん」の方が軽い。「ちがうねん」はもっと深くて重いね。あ、でも、出版社の方に本屋さんから「『どないやねん』ください」って注文が来たことがあったらしいですよ(笑)。

───この2作の翻訳絵本は、長谷川さんの今までの作品を比べると異色な感じがするんですが、この作品を手がけたことによって、今後の創作に影響を受ける部分が出てくると思いますか?

それはあると思います。こういう翻訳の仕事以外でも、自作絵本を作っているときも、編集の人とお仕事をしていくと、自分だけでは気がつかない部分を引き出してくれるときがあるんです。以前、『おかあさんの手』(作者: まはら 三桃、出版社: 講談社)という絵本の絵を依頼されたとき、編集者に「長谷川さんの絵は、ときに饒舌ですけど、饒舌じゃない、見えないものを描いてください」と言われたことがありました。聞いたときは「難しいこと言うな」と思ったけれど、その意図を汲んでやっていったら、また違う本ができた。僕は意外と素直なんで、そうやなと思ったらやってみるんです(笑)。そういう新しい面と出会える仕事ができたときはすごく嬉しい。『どこいったん』と『ちがうねん』もそういう作品だったと思います。

───今後も翻訳のお話が来たら受けたいと思いますか?

もちろん。

───ジョン・クラッセンさんはすでに3作目を考えているそうですが…。

へー。次は何出てくるんだろうね……虫か!(一同笑い)

───最後に、絵本ナビ読者の方にこの2冊の面白さ、オススメポイントを伝えていただけますか。

とても映像を見ているような絵本です。
ユーモアのあるお話なんですけど、最後にドキッとする結末が待っていて、そしてそれをみんなで考えることのできる絵本だと思います。

───僕はこの2作はパパがまず気に入るような内容だと思うんですが、お父さんが絵本を読むことに対して、長谷川さんはどう思いますか?

男の人が読むのはすごくいいと思います。この絵本にもあっていますし。お父さんにもぜひ読んでほしいですね。

───ありがとうございます! 長谷川さんのライブに今度は娘と一緒に参加したいと思います。

(編集協力:木村 春子)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪

長谷川 義史(はせがわよしふみ)

  • 1961年、大阪府生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て、『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』(BL出版) で絵本デビュー。『うえへまいりまぁす』(PHP研究所)、『やまださんちのてんきよほう』 (絵本館)、『きみたちきょうからともだちだ』(朔北社)、『おへそのあな』(BL出版)、『スモウマン』『いろはのかるた奉行』(講談社)など、ユーモアあふれる作品を発表。2003年、『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で講談社出版文化賞絵本賞、2005年に『いろはにほへと』(BL出版)で日本絵本賞を受賞。2008年に『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で日本絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞。

作品紹介

どこいったん
どこいったんの試し読みができます!
作:ジョン・クラッセン
訳:長谷川 義史
出版社:クレヨンハウス
ちがうねん
ちがうねんの試し読みができます!
作:ジョン・クラッセン
訳:長谷川 義史
出版社:クレヨンハウス
全ページためしよみ
年齢別絵本セット