ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  あんなに大きかったはずなのに……?『くまちゃんがちいさくなっちゃった』【NEXTプラチナブック】

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2021.06.12

  • twitter
  • Facebook
  • line

あんなに大きかったはずなのに……?『くまちゃんがちいさくなっちゃった』【NEXTプラチナブック】

絵本ナビがおすすめする「NEXTプラチナブック」(2021年6月選定)から、ご紹介する一冊はこちら!

いつも一緒のぼくとくまちゃん。だけどある時、あんなに大きかったはずのくまちゃんが……? 毎月発売される新作絵本の中から、絵本ナビが自信を持っておすすめする「NEXTプラチナブック」。今回ご紹介するのは、『くまちゃんが ちいさくなっちゃった』。大好きなくまのぬいぐるみとのふれあいを、子どもの視点から描くこの絵本。いったい、どんな内容なのでしょう。

NEXTプラチナブックとは?

絵本ナビでは、寄せられたレビュー評価、レビュー数、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

そして、毎月発売される新作絵本の中からも、注目作品を選びたい! そんな方におすすめするのが「NEXTプラチナブック」です。
3か月に一度選書会議を行い、「次のプラチナブック」として編集長の磯崎が自信を持って推薦する作品を「Nextプラチナブックメダル」の目印をつけてご案内します。

あんなに大きかったはずなのに……?『くまちゃんがちいさくなっちゃった』

成長していく不思議を「ぼく」の視点から描く

  • くまちゃんが ちいさくなっちゃった

    みどころ

    おとうさんがくれたのは、とっても大きなくまのぬいぐるみ。ぼくのベッドにすわればいっぱいになっちゃうし、移動させるのも大変。だけどいつもぼくを守ってくれるから大好き。ところが……

    「あれっ、くまちゃんが ちいさく なってる」

    おとうさんは、そんなことないよって言うけれど。ぼくとおんなじ大きさになっちゃった。でもふたごの兄弟みたいだし、そんなくまちゃんも好き。だけどおかしいな。くまちゃんはどんどんちいさくなっていくみたいで……。

生まれた時からいつも一緒のぼくとくまちゃん。ぐんぐん背がのびていくぼくと、ちいさく見えていくくまちゃん。どうしてだろう。

でも、読者は思いますよね。

「きみが大きくなっているんだよ」

だけどぼくは、どんな大きさのくまちゃんも大好き。いつも彼の魅力を見出しながら一緒に過ごすのです。小さくなっていくくまちゃんを見ていると、なんだか寂しいような、でもくまちゃんがいるとほっとするのは変わらない。きっと大きくなるって、こういうことなんですよね。

大人から見る子どもの成長って、本当にあっという間。気が付けば、一人でベッドに入り、学校にだって行くようになって。だけど、当の本人はどうだろう。この絵本では、くまのぬいぐるみとのふれあいを通して、成長していく不思議を「ぼく」の視点から描きます。いつまでも心にとどめておきたくなる、宝物のように愛しい期間です。

編集長のおすすめポイントは……

味わい方のちがいはそのままに

見上げるほど大きなくまちゃんと、タンスの上に置かれたくまちゃん。同じくまちゃんだっていうことはわかっていても、こんなに大きさが違うのには、大人だって驚いてしまいます。だけど、ぼくには本当にこんな風に見えているのだと思うのです。

成長してやってくるのは「小さな子どもだった世界」との別れ。絵本の中でも、それは繰り返し描かれます。大人が読んで思う味わい方、子どもが見えている世界、その違いはそのままで。そっと送りだしていってあげたいですね。

この書籍を作った人

トム・エリヤン

トム・エリヤン (Tom Elyan)

フランス、ロワレに暮らす、二人の作家の共同ペ ンネーム。SF小説と旅をこよなく愛する。また、扮装を楽しむというユーモラスな一面を持つ。頭の中は絵本のアイディアであふれており、読者に届ける機会をうかがっている。

この書籍を作った人

ジェーン・マッセイ

ジェーン・マッセイ (Jane Massey)

1967年、イギリス、ボルトンに生まれ、サフォークで育つ。キングストン大でグラフィックデザインを学び、ロンドンと香港のデザイン事務所で働いた後、イラストの制作に専念。さし絵を手がけた児童書は50冊以上にのぼる。現在、家族とともにイギリス南海岸のホープ在住。

この書籍を作った人

なかがわ ちひろ

なかがわ ちひろ (なかがわちひろ)

翻訳家として『ふしぎをのせたアリエル号』『おもちゃびじゅつかんでかくれんぼ』(徳間書店)『魔女のこねこゴブリーノ』(福音館書店)『せかいでいちばんつよい国』(光村教育図書)など多くの訳書を手がける一方、著書に『おえかきウォッチング 子どもの絵を10倍たのしむ方法』(理論社)、創作絵本や童話に『のはらひめ』『きょうりゅうのたまご』『たこのななちゃん』(徳間書店)、野間児童文芸賞を受賞した『かりんちゃんと十五人のおひなさま』(偕成社)、日本絵本賞読者賞を受賞した『天使のかいかた』(理論社)、『おじいちゃんちでおとまり』(ポプラ社)などがある。

なかがわ ちひろ 作品一覧

磯崎 園子(いそざき そのこ)

絵本情報サイト「絵本ナビ」編集長として、絵本ナビコンテンツページの企画制作・インタビューなどを行っている。大手書店の絵本担当という前職の経験と、自身の子育て経験を活かし、絵本ナビのサイト内だけではなく新聞・雑誌・テレビ・インターネット等の各種メディアで「子育て」「絵本」をキーワードとした情報を発信している。著書に『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)がある。

出版社おすすめ



松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』
フォトコンテスト開催中!
全ページためしよみ
年齢別絵本セット