新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  【連載】6月の注目の新刊&おすすめ絵本紹介 〜あそべる絵本〜

連載

2021年6月の新刊&おすすめ絵本

連載トップへ

思うままに切ったり貼ったり、自由に遊べるのが紙の良いところです。絵本も紙でできているので、工作との相性は抜群! そんな風に絵本作家さんならではの「紙遊び」を楽しめる絵本のほか、「さがしもの遊び」や「おえかき遊び」、そして遊びのヒントがつまった絵本を紹介します。

『ヘアーサロンチョッキン』 はさみで切るのは髪じゃないよ、紙だよ!

大人気絵本作家ユニットtupera tuperaさんが手がけた、ページをはさみで切ったり、折ったりして自由に遊べる新感覚の絵本が遂に登場します。思うままに遊んだ結果、世界に1冊だけの自分の絵本ができあがり! ボロボロになればなるほど、大切に遊んだ証拠になります。

  • ヘアーサロンチョッキン

    出版社からの内容紹介

    きょうからきみも、とこやさん!

    『ヘアーサロンチョッキン』は、
    まちで大人気のヘアーサロン。
    連日お客さんで大にぎわいで、
    店長カニオのふたつのハサミでは
    (手が)たりなくなってしまったみたい。
    アシスタントをぼしゅうしているようです。

    さあ、きみのうでをみがくチャンスです!
    『ヘアーサロンチョッキン』で
    個性豊かな7人のお客さんを
    ステキな“かみ”がたにしてあげましょう。

    “かみ”を切ったり、やぶったり、折ったり、ねじったり、編んだり…。
    本の中で思いきり自由に“かみ”きり遊びができる、
    大人気ユニットtupera tuperaによる新しいタイプのワークブックです。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    かみで できること。かみだからこそ できること-。
    年に1回の発行を重ねている、紙の体験&体感ムック『ぺぱぷんたす』から、『ぺぱぷんたすBOOK』シリーズが誕生!

    その記念すべき第一弾が、『ぺぱぷんたす』001号に収録され、
    読者の心をわしづかみにした
    tupera tuperaによる“かみ”きり遊び、
    『ヘアーサロンチョッキン』です。
    単行本にするにあたって、
    新たなお客さんや、アクセサリーも加わり
    より楽しく遊び込めるようになっています。
    自由な発想で、思うがままに手をうごかし、
    あなただけの“かみ”がたをつくってください。
    『ヘアーサロンチョッキン』のお客さんも、
    きっと喜んでくれるでしょう。

この書籍を作った人

tupera tupera

tupera tupera (つぺらつぺら)

亀山達矢(1976年三重県生まれ)と中川敦子(1978年京都府生まれ)によるユニット。 絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、空間デザイン、アートディレクションなど、様々な分野で幅広く活動している。著書に「かおノート」(コクヨ)「やさいさん」(学研教育出版)「いろいろバス」(大日本図書)「うんこしりとり」(白泉社)など多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。絵本「しろくまのパンツ」(ブロンズ新社)で第18回日本絵本賞読者賞、Prix Du Livre Jeunesse Marseille 2014 (マルセイユ 子どもの本大賞 2014 )グランプリ、「パンダ銭湯」(絵本館)で第3回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ、第24回けんぶち絵本の里大賞 大賞、「わくせいキャベジ動物図鑑」(アリス館)で第23回日本絵本賞大賞を受賞。2019年にやなせたかしさんの遺志を継いで創設された、第1回やなせたかし文化賞の大賞を受賞。武蔵野美術大学油絵学科版画専攻 客員教授、大阪樟蔭女子大学 客員教授。

読んだら真似したくなる、水彩絵の具のおもしろさがいっぱい! 『ふーってして』

色水あそびにお手々はんこ、子どもたちは小さな頃から絵の具が大好き! そんな子ども心をくすぐる絵本です。「ふーってして」というページの次に丸い絵の具がどんな風に変化しているのかを想像すると、ページをめくるのが楽しくなってしまいます。

  • ふーってして

    みどころ

    真っ白な紙に色水ぽとり。

    「ねえ ふーって して」

    そうすると、どうなるの?
    ページをめくると……あっ、たいよう。

    次はみどりをぽたぽた、ふーっとすると。
    草がはえてきたよ。
    不思議、不思議、おもしろい!

    ふーっとすると、ハリネズミのはりが生えてきたり、ねこのおひげが伸びてきたり、まつ毛がびょーんと長くなったりして。ねえねえ、いったいどうなってるの?

    答えはね、紙にたらした色水をストローや口を使ってふーっと生きを吹きかけるのです。そうすると、色水がよくのびて線を描き出すのです。なんだ簡単。簡単だけど、けっこうすごい。思ったよりもずっと素敵で驚きの絵が生まれちゃう。なんだか色が生きてるみたいだね。

    絵を描くだけでなく、子どもたちが気軽に楽しめる工作や遊びが大好きな松田奈那子さん。この絵本も、ふーっと絵本に息を吹きかけるだけで参加できちゃうし、読み終わって真似してみてもきっと楽しい。想像力や好奇心を刺激してくれる、美しくて愛らしい1冊です。

この書籍を作った人

松田 奈那子

松田 奈那子 (まつだななこ)

1985年、北海道生まれ。画家。絵本作家。2009年に札幌大谷大学短期大学部専攻科美術専攻を卒業。2011年、多摩美術大学大学院美術研究科 修士課程 絵画専攻 修了。絵本制作のほか、雑誌、広告、映画など様々な媒体で活動。個展、グループ展にて作品を発表し、子ども向けの造形教室やワークショップも開催している。

「自分でできた!」という達成感を味わえる穴あきしかけ絵本『おきがえ できるかな?』

自分でがんばってやってみたけれど、あれれ?表と裏が逆。靴下も左と右で模様が違うなんてこと、小さなお子さんなら”日常あるある”ですよね。(たまに、大人でもやってしまいます!)せっかくできたと思ったのに、間違いを指摘されてやる気がなくなってしまうことも。でもこの絵本なら、ページごとに「できた!」という達成感を味わいながら、楽しくお着替えすることができます。

  • おきがえ できるかな?

    出版社からの内容紹介

    さあ、おきがえしましょ。
    パンツはどーれ? ズボンとくつしたはどーれ? 
    つぎつぎと身につけていく感覚の「あなあきしかけえほん」。

この書籍を作った人

コンノユキミ

コンノユキミ (こんのゆきみ)

イラストレーター。1978年生まれ。東京学芸大学美術科卒。つくば市在住。2児の母。「こどものくらしをキラキラに」をテーマに作品を制作。緑に囲まれた暮らしの中で、こどもの本の絵を描く。主な作品「頭のいい子を育てるおはなし366」(主婦の友社)シリーズ装画「たまひよ おうたえほん」(ベネッセコーポレーション)シリーズ装画「みてさわっておぼえる あいうえおのえほん」「みてさわっておぼえる かずのえほん」(主婦の友社)月刊絵本「チャイルドブックジュニア」装画[2014〜2018年度](チャイルド本社)などがある。

『ににんがし!』かけ声と一緒に楽しく九九を覚えよう♪

2匹ペアの虫たちが暮らす”むしマンション”で起こる物語を楽しみ、「ににんがし!」というフレーズを口にしながら読むうちに「九九」の概念が自然と身につくという算数絵本。原案は、「一切教えず、自分で考えさせる」という教育方針のもとに考した算数パズル「賢くなるパズル」シリーズの生みの親である、宮本哲也さんです。絵は、漫画『伝染るんです。』の作者、吉田戦車さん。その異色のかけ算から生まれた新感覚の絵本、ぜひ親子で楽しんでみてください。

  • ににんがし!

    ににんがし!

    作:
    吉田 戦車
    企画・原案:
    宮本 哲也
    絵:
    吉田 戦車
    出版社:
    学研

    出版社からの内容紹介

    2ひきずつくらす“むし”たちが住んでいるのは、“むしマンション”。お出かけから帰る愉快な“むし”たちと「ににんがし!」の楽しい響きで、自然と九九の概念が身につく。漫画家・吉田戦車と「賢くなるパズル」の宮本哲也がおくる、新感覚の算数絵本。

この書籍を作った人

吉田 戦車

吉田 戦車 (よしだせんしゃ)

1963年岩手県生まれ。漫画家。『伝染るんです。』の国民的大ヒットで不条理ギャグの境地を開き、現在も圧倒的な人気を誇る。『ぷりぷり県』『殴るぞ』など代表作多数。1991年、第37回文藝春秋漫画賞を受賞。2015年には第19回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。

この書籍を作った人

宮本 哲也

宮本 哲也 (みやもとてつや)

1993年,横浜に宮本算数教室を設立。無試験先着順の入室にもかかわらず,卒業生の80%は首都圏トップ校に進学。多いときは欠員待ちの生徒が500人を越えました。2015年、教室をマンハッタン、グランドセントラル駅近くに移転。『賢くなるパズル』(学研)はシリーズ300万部,『算数と国語を同時に伸ばすパズル』(小学館)はシリーズ25万部,『強育論』(ディスカヴァー)は単行本,新書で計10万部売れています。テレビ出演歴「情熱大陸」(TBS),「たけしの新教育白書」(フジテレビ),「未来シアター」(日本テレビ),「全力教室」(フジテレビ)など

見たくないけど見つけちゃう!? 世界初(?)のゴキブリ探し絵本『カサコソのかくれんぼ』

インパクトのある絵と独特の言葉づかいが人気の絵本作家ユニット、ザ・キャビンカンパニーさんが、探しもの絵本を出しました。ビンテージ品やアンティークもので埋め尽くされたやまださんのお部屋に隠れた、ゴキブリのカサコソを見つけながら読み進めると、衝撃の展開が待っています。

  • カサコソのかくれんぼ

    出版社からの内容紹介

    世界初(たぶん)のゴキブリさがし絵本の登場!

    絵本作家ユニット、ザ・キャビンカンパニー初の「本格さがし絵」絵本です。
    主人公はゴキブリのカサコソ。いっしょにすんでるやまださんと、かくれんぼです。
    見開きいっぱいに描かれた屋根裏部屋のあちこちに、カサコソがかくれています。

    やまださんはとってもユニークな人で、屋根裏部屋に置かれたものはみなビンテージやアンティークの逸品ばかり。
    あやしい雰囲気のお人形やぬいぐるみ、異国情緒あふれる外国のお土産、作りこまれた手づくりのドールハウス、そして壁に貼られたたくさんの思い出写真。
    そんな屋根裏部屋の12場面に、ゴキブリのカサコソがたくみにかくれます。

    「あっ!」 
    さいごにやまださんを待っていたのは……
    かくれんぼならではの衝撃の展開! うひひ。

    カサコソのほかにも、3つのかくし絵が折りこまれ、なんども遊べるさがし絵本です。

この書籍を作った人

ザ・キャビンカンパニー

ザ・キャビンカンパニー (ざきゃびんかんぱにー)

阿部健太朗と吉岡紗希による二人組の絵本作家。ともに1989 年大分県生まれ。由布市の廃校となった小学校をアトリエに改装し、制作拠点としている。第7回日本童画大賞準優秀賞受賞。デビュー作『だいおういかのいかたろう』(鈴木出版)で第20 回日本絵本賞読者賞受賞。作品に『よるです』『ハテナはかせのへんてこいきものずかん』(偕成社)『ほこほこのがっこう』『にょっ!』『ゆびさしちゃん』(小学館)『はみがきあわこちゃん』『ケチャップれっしゃ』『くつしたしろくん』(鈴木出版)『ひげらっぱ』(ひさかたチャイルド)『しんごうきピコリ』(あかね書房)『ねむれないおうさま』(B・エルキン原作 小宮由訳/瑞雲舎)『おかしな?ハロウィン』(ほるぷ出版)

風やせせらぎの音感を楽しみながら動物たちを探す『やまのおんがく』

山にはこんなにたくさんの動物たちが住んでいるんだと、改めて気づかされる新感覚のさがしもの絵本。すぐに見つかる動物もいれば、なかなか見つけられない動物もいて、繰り返し長く遊べるところが魅力です。

  • やまのおんがく

    出版社からの内容紹介

    うさぎが、山の中を案内してくれました。

    山に風がふく。
    木々がさざめく。
    川のせせらぎが聞こえる。
    動物たちの声がする。

    ようく耳をすましてごらん。
    いろんな音がするよ。
    ようく見てごらん。
    動物たちがかくれているよ!

    絵をよく見ると、いろんな動物たちが隠れています。
    見つけられるかな?
    隠し絵の動物たちは、欄外で簡単な生態メモを付けて、図鑑風に紹介。

    山に行きたくなる、探し絵の絵本。

この書籍を作った人

室井 さと子

室井 さと子 (むろいさとこ)

福島県生まれ。デザイン会社を経 てフリーのイラストレーターとなり、カレンダーやPR誌の表紙、本 や雑誌の挿絵等を手がける。絵本に「はなさくのんの」、「おひさま のはな」(月刊絵本/至光社)、「やまのおんがく」(岩崎書店)がある。

繰り返し遊べるカタカナ練習ワーク『4〜5歳 かいてけせる カタカナ 新装版』

書いた文字を消して、何回でも繰り返し書いて遊んでカタカナを覚えていく、「子どもが夢中になる学研のワークシリーズ」の最新刊。めいろや点つなぎなどで楽しみながら、運筆の練習もできます。

2021年7月新刊&おすすめ絵本 >

出版社おすすめ



内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年
kodomoeの人気グッズが絵本ナビで買える♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット