オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ジョージ大好きさん 40代・ママ

こっちも楽しいよ
ワタナベさんという絵本が好きだったので…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  新・おはなし名画シリーズ 『対訳 北斎の富士』 西村和子さんインタビュー

───≪羅に隔るの不二≫と≪村雨の不二≫も少し変わった感じで面白いなと思いました。探し絵のような感じで楽しめますよね。


ウネリの不二(富嶽百景)


そうですね、今回、見返しに使用した≪ウネリの不二≫も同じ趣向で描かれた富士の絵です。どこに富士がいるか、是非探してみてください。


登龍の不二(富嶽百景)


構成の部分でこだわったのは最初を≪登龍の不二≫、最後を≪富士越龍図≫にしたことです。
1760年、辰年生まれの北斎にあやかって、この2枚を選びました。
≪富士越龍図≫は北斎が89歳の時の作品と言われている肉筆画(絵の具で絵を描いたもの)です。

───説明を聞きながら絵本を拝見すると、日本における富士山の存在を感じますね。

そうですね。富士信仰はずっと昔からあったようですが、江戸時代が一番ピークを迎えたようですね。政治の中心が江戸に移ったこともそのきっかけだと思います。京都から富士山は見えませんでしたから。

───北斎も富士山が大好きだったから、あれだけ多くの絵を描けたんですね。102点以上ある北斎の富士を、絵本では章立てして紹介しているので、とても読みやすく、ぐいぐいと魅力に取りつかれていきました。先ほど翻訳のお話も出ましたが、絵本の形にするのに苦労したところなど教えていただけますか?

「富嶽百景」はモノクロか、薄く色がついているだけでした。絵本にするうえでは同じように黒1色にすることもできたんですが、試しにやってみたらすごく浅くなってしまったんです。なので、4色を使ってカラーで再現しました。そのため微妙な濃淡や黒の深みなどが出ました。


羅に隔るの不二(富嶽百景)


それと、原本には虫が喰っている部分があるのですが、そこはわざと修正しませんでした。今の技術を使えば、修正するのは簡単ですけれど、あえて、そのままにしました。
よーく見ると分かると思います。探してみてくださいね。

















葛飾北斎の魅力とは?

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎の試し読みができます!
構成・文:西村 和子
監修:小澤 弘
出版社:博雅堂出版

1999年、アメリカの雑誌ライフがおこなった「この1000年でもっとも重要な業績をのこした世界の人物100人はだれか?」 というアンケートの中で、ただひとりえらばれた日本人、それは葛飾北斎でした。 この葛飾北斎とはどんな人だったのでしょう。 しばらく葛飾北斎の作品をみながら、北斎爺さんのはなしに耳をかたむけてみましょう。

───1冊目の『葛飾北斎』は「私の名前は葛飾北斎」から始まる語り口調が面白く、おはなしの世界に引き込まれていきました。

このときは北斎になりきっていましたから(笑)。最初は三人称で書いていたんですが、北斎の前半生に関する資料がほとんどなく、お話が書けなくなっていたんです。そこで、「朝から晩まで描いて描いて、気が付いたら40も半ばを過ぎておった」と本人に言わせてみました。そうしたら、楽に後半の人生から書き進めることができました。

───90回以上引っ越しをしたという話や、たくさんの画号を持っていたという話など、エピソードがとても豊富で、北斎という人物が魅力的に感じました。中でも娘である葛飾応為の名前のエピソードがとてもほほえましかったです。

物語のラストのエピソードは創作ですけれど、「おおい」と呼ばれたという記述は残っているんです。一人称で書くことを決めた後、苦労したのは北斎の口調をどうするかということでした。江戸言葉にしちゃうと分からない。でも、現代語だとおじいさんが語っている様にならなくて、相当悩みました。

───どうやって解決したんですか?

一番参考にしたのは「落語」なんです。古典落語には、江戸時代の口調が分かりやすく、バランスよく入っていたので、落語を聞きながら文章を考えました。当時は「江戸、江戸…」と憑りつかれた様に考えていましたからね。勢い余ってかっぽれなんかも習っていました(笑)。

───生活の中心が葛飾北斎になっていたんですね。西村さんが考える、北斎の絵の魅力はどういったところにあると思いますか?

やっぱり着眼点ではないでしょうか? 私は美術の専門家ではないので、技術的なことは分からないのですが、誰も思いつかないような富士山が描かれていますよね。「富嶽百景」では特にそれがよく出ていると思います。これらの絵を72歳以降に描いて89歳まで描き続けている。しかも、平均年齢が50歳くらいの時代に。本当にすごいなと思います。

───89歳…。今の時代に、葛飾北斎がいたとしても神様みたいな存在ですね。

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット

西村 和子(にしむらかずこ)

  • 早稲田大学理工学部卒、同大学院研究科修士課程修了、東京芸術大学美術学部中退。獨協大学講師、川村学園女子大学教授をへて、現在博雅堂出版代表。
    主な著書に『ファジィ情報分析』(共著)共立出版、『おはなし名画−葛飾北斎』他博雅堂出版。

作品紹介

新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士
新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士の試し読みができます!
監修:辻 惟雄
文:西村 和子
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎の試し読みができます!
構成・文:西村 和子
監修:小澤 弘
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画
新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画の試し読みができます!
監修:辻 惟雄
著:西村 和子
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象
新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象の試し読みができます!
監修:狩野 博幸
文:西村 和子
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(12) マティス
監修:森田 義之
出版社:博雅堂出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット