話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  2021年10月 注目の新刊&おすすめ 〜0・1・2歳向け絵本〜

連載

2021年10月の新刊&おすすめ絵本

連載トップへ

視力も聴力も未発達の赤ちゃんに「どんな絵本を選んだらいいの?」と、お悩みの方が多いと思います。絵本ナビでは、赤ちゃん絵本を選ぶポイントとして次の3点に注目しています。

【聞く】

赤ちゃんは、同じ音の繰り返しや心地よい響き、楽しいリズムが大好き。「ぴょん ぴょん」「きゃっ きゃっ」など、声に出すと楽しいオノマトペの絵本が人気です。

【見る】

赤ちゃんが見やすいのは、白と黒のコントラストがはっきりしている絵。キャラクターを描いている線が太いほうが、形を認識しやすいようです。また、赤ちゃんが最初に覚えるのが母親の顔ということから、「顔」の形に見えるものによく反応します。色の認識は、成長に従って区別がつくようになっていきますが、「黄色」「赤」「青」など、ハッキリした色味がおすすめ!

【読む】

赤ちゃんは「耳と目で絵本を読む」と言われています。絵本の絵を見ながら、読み聞かせしてくれる声を聞き、お世話してくれる人の温もりを感じながらの「読み聞かせ」は、赤ちゃんとお世話をする人双方に幸福感をもたらしてくれるそうです。

今月も、赤ちゃんと幸せな時間を過ごせる絵本をご紹介! 秋も深まり寒くなってきたので、赤ちゃんを抱っこしてピタッとくっついているだけで、身体も心もホカホカ。絵本を一緒に楽しんだ後は、ぜひお子さんをギューッと抱っこして温まりましょう。

 

 

「かわいい」「じょうずだね」と褒めまくり!『どこどこかわいい』で赤ちゃんの自己肯定感が高まる

  • どこどこかわいい

    みどころ

    あらあら、表紙に可愛い子たちが並んでるよ。
    最初に登場するのは……ひよこさん。

    「ねえねえ ひよこさん
     どこどこ かわいい?」

    その呼びかけに、すくっと立ったひよこさん。

    「あんよが とっても
     かわいいね」

    ほんとだ、ほんとだ。小さなあんよ、とっても可愛い。
    おまけに、よちよち歩くのがとっても上手。

    お次はりすさん。りすさんは、ほっぺがとっても可愛いね。
    もぐもぐ食べるのもとっても上手。
    じゃあ、うさぎさんは? ねこさんは?

    次々に登場する動物さんたちと一緒に、みんなの可愛いところや上手なところを見つけていきます。最後はあかちゃん、あなたの可愛いところもね!

    「かわいい」ってどういうことかな?
    「じょうず」にできるのは、どんなことかな?

    繰り返し声に出して読んでいるうちに、言ってあげるのが楽しくてなってきて……今度は自分もたくさん言ってもらって。くすぐったいけれど、やっぱり嬉しい。そうやって全てを受け入れてもらう時間の積み重ねこそ、小さな子どもたちにとって大切な経験です。絵本を読みながら、思う存分、何回でも、子どもたちをほめてあげてくださいね。

    レビューより


    ひよこさん、りすさん、うさぎさん、ねこさんが登場し、
    それぞれに、「かわいい」と「じょうず」なポイントを語りかける趣向。
    そう、この視点、嬉しいですね。
    注目は、それが次々と連鎖すること。
    こんな言葉掛けされたら、他の人にも同じことをしたくなりますからね。
    そして最後には、赤ちゃんが登場。
    このシチュエーションでの言葉掛けにびっくりですが、
    これはこれで魔法の言葉。
    親子タイムの素敵なヒントです。
    柔らかな絵も心地良いです。(レイラさん)

この書籍を作った人

たなかしん

たなかしん (たなかしん)

1979年大阪生まれ。画家、絵本作家。海の砂を下地に使った、幻想的で哀感のある作品で人気を集める。2002年ごろから絵本を手掛け、2005年のイタリア・ボローニャブックフェアをきっかけに、台湾のGrimm Pressから『巧克力熊』を出版し、本格的に絵本作家としての活動を始める。日本では『モグちゃんのねがいごと』(田中書店)、『ガマ王子vsザリガニ魔人「Paco〜パコと魔法の絵本〜」より』『げんきのないピエロのたからもの』『たなかしん作品集PORTRAIT』『カエルム 魔法の鍵と光の冒険』(いずれも求龍堂)などがある。

回して、ずらして、引っ張って! 手を使って遊べる大人気シリーズ『ぐるぐるうごく しましまぐるぐる』

  • ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

    出版社からの内容紹介

    赤ちゃんに大人気の絵本「しましまぐるぐる」シリーズの、ぐるぐる動くしかけ絵本。赤ちゃんは生後1か月から動くものを目で追います。ぐるぐるを手で触ったり、「顔」がでてくるしかけでいないいないばあをしたり、発達にあわせて長〜く遊べます。

    あかちゃんは、黒、白、赤などのコントラストの強い絵を見ることが知られています。
    さらに、あかちゃんは目と口のある「かお」に注目します。
    そんなあかちゃんの特性に合わせて生まれた『いっしょにあそぼ』シリーズ。
    あかちゃんの視覚を刺激する絵本として、
    発売から10年余りでシリーズ売上累計250万部を突破しました!

    視力が未発達の生後6か月未満のあかちゃんもしっかり注目するので、
    「うちの子が絵本を見てる! 」とママもパパも大喜び。
    「あかちゃんが泣きやんだ! 」「じーっと見てる! 」という驚きの声や、
    「バンバンたたいて喜んでる! 」「触ろうと手を伸ばしてる! 」など、
    喜びの声がたくさん寄せられています。

    「しましまぐるぐる」
    丸善ジュンク堂書店:赤ちゃん認識絵本 5年連続 売上第1位(2016〜2020年)
    楽天ブックス:絵本(日本)部門 累計売上第1位(2020年6 / 23〜6 / 24)

この書籍を作った人

かしわら あきお

かしわら あきお (かしわらあきお)

新しいこと好き。ワクワク好き。アイデアマグマ、常時噴火中。自らのイラストを素材にデザインを展開し、ひとつの世界観をつくり出す達人。キャラクター開発、動画制作、ブックデザイン、商品企画など、幅広い分野でその技をいかんなく発揮中。著書に『いっしょにあそぼ』シリーズ(全10巻、学研プラス)、『ほんとのおおきさ』シリーズ(全7巻、学研プラス)、『ゆびあそぶっく』シリーズ(全6巻、ひかりのくに)など多数。ブログ『かっしー日記

数えるのはひつじではなく犬! かわいいおやすみ絵本『かぞえるえほん おやすみわんちゃん』もちろん単位は「1わんこ」です!

  • かぞえるえほん おやすみわんちゃん

    出版社からの内容紹介

    わんこがおふとんをひっぱってきました。そろそろおやすみのじかんかな……? おやすみまえに、わんこをかぞえるの、てつだってくれる?

    みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

「このうんちはだれの?」と想像しながら楽しむしかけ絵本『とびだすえほん だれのうんち』

  • とびだすえほん だれのうんち

    出版社からの内容紹介

    小さなうんち、コロコロうんち、大きな大きなうんちなど、
    いろいろな動物のうんちが登場。
    だれのうんちか想像しながらページをめくると、
    うんちをした動物たちがポップアップしかけによって、
    飛び出しながらごあいさつ! 
    引っ張るしかけでしっかり流してトイレをきれいに保ちましょう。
    「トイレトレーニング」にも役立つうんちをテーマにしたしかけ絵本。

この書籍を作った人

さくらい ひろし

さくらい ひろし (さくらいひろし)

しかけ絵本・企業販促物・CMのポップアップ、児童雑誌の組み立て付録などを多く手掛ける。作品に、しかけ絵本『はこのなかから いないいないばあ かわいいどうぶつ』(永岡書店)、『ワンピース グランドペーパーアドベンチャー3D』(集英社)、『パコと魔法の絵本 ガマ王子対ザリガニ魔人』(主婦と生活社)、『ぐるぐるまわるのりものえほん』(交通新聞社)などがある。ポップアップ教室も行う。

「びゅーん!」「びよ〜ん!」「パカッ!」のオノマトペとしかけの動きが連動した、新感覚の乗り物しかけ絵本『ぱたぱた! のりものずかん』

  • ぱたぱた!のりものずかん

    出版社からの内容紹介

    「うごき」でおぼえる、新しいタイプの乗り物写真絵本。

    新幹線が「びゅーん!」と走る。
    はしご車が「びよ〜ん!」と伸びる。
    車のとびらが「パカッ!」と開く。
    迫力のある写真で、のりものを「うごき」ごとにまとめた、
    めずらしい切り口の楽しい1冊です。
    100種以上の乗り物を掲載。図鑑ページも充実。

    ぱたぱためくって、いろいろな乗り物をおぼえよう!

注目の人気絵本『メリークリスマス! えほんでたのしむアベントカレンダー』絵本の中からミニ絵本が出てくるしかけにびっくり!

アンパンマンが厚みがあって遊びやすいぷっくりシールに!『アンパンマンぷっくりシールブック』

< 2021年9月新刊&おすすめ

2021年11月新刊&おすすめ >

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット
全ページためしよみ
年齢別絵本セット