新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  ロンドンからやってきたキュートな絵さがし本!『みつけてかぞえて どこどこどうぶつ』インタビュー

───『みつけてかぞえて どこどこどうぶつ』、先ほど、子どもたちも楽しんでいましたが、大人も熱中してしまうくらい面白い!1ページ1ページに時間をかけるので、なかなか前に進まない(笑)。原書はイギリスのロンドンで出版されているそうですが、朝田さんが日本で出版しようと思った経緯を教えてください。

この絵本の英語版の出版社であるUsborne Publishing Ltdの方が、エージェントを通して日本にやってきたとき、絵本のデモ版を見せてもらいました。Usborne Publishing Ltdは子ども向けの遊び絵本の人気シリーズをたくさん出版している版元なのですが、『どこどこどうぶつ』の原書も一目で、イラストの可愛さと、絵さがしが合わさった内容が気に入り、日本の子どもたちに是非、紹介したいと思いました。

───原書はボードブックタイプの絵本ですが、日本語版は仕様を変えているんですね。


日本でボードブックの絵さがし本というのは、あまりなじみがありませんし、原書は子どもたちが扱うには少しサイズも大きく、重いように感じていました。なので、日本語版では日本の子どもたちになじみ深い本の造りにしたいと当初から決めていました。それ以外にも、日本の子どもたちが楽しめるように変えた部分も多いんですよ。

───まず最初に気がつくのが、カバーの色が原書とは違う!

最初は原書と同じデザインにしようかと思ったのですが、ちょっと大人っぽい、大人しいという声が社内から上がって、変えることにしました。題名部分に蛍光ピンク色を使い、バックの丸の部分も黄色にすることで、グッと目をひくようになりました。

───背の部分のしましま模様も日本語版はよりはっきりと出ていて、デザインが引き立っている様に感じました。表紙がトラの絵さがしになっているのも面白いですよね。


カバーは、いろんな動物が出ているページに変更する案も出ていました。その方が、いろんな動物が出てくる絵さがし本であることが分かっていただけるかな…と思ったのですが、1つのページに同じ動物がたくさん描かれている面白さを伝えるには、原書のトラを使った表紙の、シンプルでオシャレな感じが合っていると思い、原書と同じ絵を使用することになりました。

───オレンジと黒のしましまが魅力的なデザインですね。翻訳絵本では、やはり、日本語への翻訳がすごく重要だと思います。タイトルは原書の「Picture Puzzle Book」から大きく変えていますよね。

タイトルを考えるのは本当に苦労しました…。社内でも何案か候補を出して、それを何度も検討して…。翻訳物の絵さがし本には、有名な『ミッケ!』シリーズ(小学館)がありますが、そのタイトルがとても分かりやすく、子どもたちが自然と発する「見っけ!」という声そのものを活かしていて素晴らしいと思いました。この絵本にも、思わず声に出したくなって、覚えてもらいやすいタイトルはないか、ずっと探していました。

───『みつけて かぞえて どこどこどうぶつ』は、本を読むときに「どこどこ〜?」と子どもが思わず口に出してしまう姿が浮かんでくるような…。

ありがとうございます。この絵本は絵さがしと一緒に数を数えたり、「だれの しっぽが いちばん ながーい?」など、ほかのイラストと比べる、知育的要素も含んでいたので、そんないろんな遊び方をイメージさせるようなタイトルを選びました。

───翻訳の面で大変だったことでは、どんなことがありますか?

英語のニュアンスを大きく変えずに、日本の子どもたちにどんな言葉で言えばより伝わるのか…その点をとても気にして、翻訳者さんにも本文のパターンをいくつか挙げてもらいました。この絵本の質問は、フキダシを使ってそれぞれの動物たちが出している形になっています。なので、口調があまり硬くならず、呼びかけるようになるように工夫したり、伝わりづらい表現などはあえて変更したりしました。

───変更した部分にはどんなものがありましたか?

例えば、トリのページの「たこは どこに とんでいったかな?」の部分、英語では「たこがとんでいるよ」としか言っていないのですが、「たこのことを子どもがすぐに分かるものなのかな?」と思ったので、翻訳版ではより見つけやすいように「りぼんが いっぱい ついているよ」と、説明を加えたりしました。クイズを増やしたり、全く違うクイズに変えることはしませんでしたが、より小さい子にも分かりやすく、声に出したときに心地よい表現になるように、翻訳には力を入れました。

───同じ柄の動物を探すところも、「ふたごの おとうとを みつけてください」や「あかちゃん どこかしら?」と探すのが楽しくなるような言葉になっているのも新しい感じがしました。

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット

作品紹介

みつけてかぞえて どこどこどうぶつ
みつけてかぞえて どこどこどうぶつの試し読みができます!
著:ルース・ラッセル
訳:小林 美幸
出版社:河出書房新社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット