ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『はれときどきぶた』40周年おめでとう!作者・矢玉四郎さんインタビュー

───矢玉さんご自身は、則安くんと同じ3年生のとき、どんなこどもでしたか? 好きなこと、夢中になっていたことは何でしたか?

内気で口べた。自分勝手にやることはできても、他人に頼んでなにかをしてもらうことができない。団体行動がいやで逃げまわっていました。漫画や読み物はよく読みました。ラジオに耳をつけるようにして、こども向けではない、古今亭志ん生の落語や、漫才、講談なども聞いていました。
高学年になると新聞の政治欄や「主婦の友」まで 読んでいました。来客が多かったので、大人の会話も耳にしていました。テレビばまだなかったので、人生の耳学問になっていたのかもしれません。

───耳から聴くことは、目で見るよりも想像する力が鍛えられそうですね。

そうですね。浪曲や講談はもちろん、映画、漫画、紙芝居の筋は勧善懲悪ものが主流でした。今だと「半沢直樹」が勧善懲悪で人気ですよね。
時代劇では何人斬り殺しても、血もでないし、今のようなリアルな陰惨な映像ではなく、こどもにも配慮していました。白黒映画でしたし、4Kだのなんだのと映像だけクリアですが、私からすると、恥じらいとか奥ゆかしいとかいう心はないように感じます。そんな世界はこどもにも酷です。
講談や浪曲はEテレなどでもまだ聞けますので、ぜひ体験してください。泣いたり笑ったり、いい話が残っています。 


矢玉四郎さんのアトリエ。文字原稿はずっと 富士通ワープロ。親指シフトです。フロッピー使用。風前の灯ですがしぶとく使います。左はホームページ制作用のウインドウズ7。
上は絵を描く用のマックです。手前にある落書き帳でアイデアをねります。ぶたが描いてある当時のものです。

───今回、40周年記念キャンペーンとして、「ぼくの わたしの『あしたの日記』大募集!」が開催されます。「あしたの日記」を書くコツなどがありましたら、教えてください。

読書感想文ではないので、こどもは勝手に書きます。コツはありません。自由に楽しく遊んでもらうのがいいです。

───最後に『はれときどきぶた』を読んできた大人たち、これから読むこどもたちへメッセージをお願いします。

すでに少し書きましたが、今から40年先は想像できません。AIに考えてもらいますか?
評論家の皆さんが言ってくれないので自分で言いますが、私の作品では悪人は出てきません。『メカたんていペンチ』に出てくるたまねぎ怪人や誘拐犯くらいで、かわいいものです。悲惨なこともないので安心してください。
作品を書くのにこれほど困難なことはありません。いやな情報が押し寄せてくる毎日です。 楽しい話をシャワーのようにふりそそぐと、大人もこどもも幸せになります。

───ありがとうございました。

特製はれぶた鉛筆とミニ賞状が全員もらえる! ぼくの わたしの「あしたの日記」大募集!

則安くんのように、自由に「あしたの日記」を書いて応募すると、もれなく全員に特製はれぶた鉛筆とミニ賞状がもらえます!

【応募方法】
@ キャンペーンオビが付いた本に挟み込んである応募用紙か、特設サイト「応募用紙ダウンロード」よりプリントアウトいただいたものに、「あしたの日記」(文字数不問)をお書きください。
A キャンペーンオビに付いている「応募券」を用紙に貼り、裏面(お名前・年齢・性別・ご住所・メールアドレス・HP等での紹介の可否)を記入して、下記宛先まで封書にてお送りください。

【応募先】
〒112-0005 東京都文京区水道1-9-2-2F 滑竝闖蒼X「はれときどきぶた 40周年記念キャンペーン」係

【絵本ナビ限定】特製鉛筆が全員もらえる!40周年記念キャンペーン帯付き『はれときどきぶた』購入ページ>>>

 class=

矢玉四郎さんの40年

40年と聞いて思い浮かぶお写真を撮っていただきました。


食べた後、庭にペッと捨てた種が、大きく育ち実をつけるまでの年月。「実がなって
グレープフルーツだと分かるのに10年以上かかりました。子育ての参考になさってください」。


40年近く愛用しているバイク、ヤマハSRV250。ぎっくり腰になるほど椅子に座り続けた仕事の束の間の息抜きは、これを走らせることだそうです。

 class=



※期間内【2020年11月12日から2020年12月9日まで】にご回答いただいた絵本ナビメンバーの方全員に、 絵本ナビのショッピングでご利用いただける、絵本ナビポイント50ポイントをプレゼントいたします。

質問・構成/木村春子(絵本ナビ)

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    ♪ゆきや こんこ あられや こんこ…。はたこうしろうが描く雪景色が美しい絵本。


装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪

矢玉 四郎(やだましろう)

  • 1944年、大分県別府市生まれ。作家。画家。日本児童出版美術家連盟・日本文藝家協会会員。 作品に、『はれときどきぶた』『あしたぶたの日ぶたじかん』などの「はれぶた」シリーズ(岩崎書店)、『おべんとうのえんそく』(教育画劇)、『ながいいぬのかいかた』『どかんねこ』(ともに、ポプラ社)、『ぶらんこぶーちゃん』(ひさかたチャイルド)、『ねこにのまれて』(佼成出版社)などがある。

作品紹介

はれときどきぶた
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
あしたぶたの日ぶたじかん
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
ぼくときどきぶた
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
ぼくへそまでまんが
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
ゆめからゆめんぼ
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
ヒッコスでひっこす
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
はれ ときどき たこ
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
はれときどきアハハ
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
はれときどきあまのじゃく
作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
はれたまたまこぶた
作:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店
全ページためしよみ
年齢別絵本セット