『とりがいるよ』ギフトセット 『とりがいるよ』ギフトセット
作: 風木 一人 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
ママたちの声から生まれたコミュニケーション絵本。
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  制作日記  >  くせさなえ さん『ぼくと おおはしくん』デビュー日記 第3回

《スペシャルコンテンツ》制作日記

2011.03.23

くせ さなえ さん
『ぼくと おおはしくん』デビュー日記

一覧を見る

2011.03.23

第3回 「ようやく会心の表紙完成! いよいよ入稿、の巻」

講談社絵本新人賞受賞作の『ぼくと おおはしくん』絵本刊行に向けて頑張る、くせさなえさん。本文の絵の直しを終え、表紙の作成にかかったところで、ピンチに陥ってしまいました。ラフを何枚も描きましたが、どうしても「これだ!」という確信がつかめません・・・。

これが、描きたかった表紙!

そんなくせさんに、またも、祖父江さんのアドバイスが。
お話の中に出てくるシーン、でも描かれていない絵があるでしょう。それを描いてみたら。くせさんらしく、自然に、描きたい絵を描いて。主人公のふたりは、無理に大きくしなくてもいい、どういう風景のなかにふたりはいるの? まわりの草木や人や家はどんな感じなの? ふたり以外の人が歩いていたり、小動物がいたりするでしょ、そういうもの細かく描くの得意じゃないですか――。
どうも、そんなお話があったような……。それで、一気に描けたのが、このラフです。
やったー! くせさんらしい、いい絵になりそう。これで締め切りに間に合います。

ついに表紙も完成! すべての原画をいただきました

2010年11月某日
ワタクシ(チ)は、原画をいただくべく京都へ。くせさんも学んだ絵本の学校、京都・インターナショナル・スクールで、この日祖父江さんの授業があるため、滋賀県在住のくせさん、東京の祖父江さん、私の3人がいちどに会えるめったにないチャンス! スクールの一室をお借りして、原画をすべて見せてもらいます。
「表紙はきのう描き上げたんですう」というくせさんに、「すごくいいねえ、頑張りましたね」と祖父江さん。「かめたが泳ぐ見開きも、すごくよくなった」。

夜、授業のある祖父江さんを残し、くせさんと私はお寿司屋さんで原画完成を祝いました。おりから紅葉の季節、京都市内は大賑わい。嬉しい夜でした。くせさんと別れ、私は原画を抱えて、ドキドキしながら最終の新幹線で東京へ。

祖父江さん、デザイン開始!

翌週、原画を祖父江さんの事務所にお持ちし、印刷所にテスト入稿。作品は全体に、緑の木や草の面積が大きいのが特徴。さまざまな調子、濃淡の緑色を印刷で再現してもらうため、まず、どんな製版、インクが適しているかを試すのです。祖父江さんから、印刷所の担当者に細かいリクエストが伝えられます。
数日後、テスト校が出てくると、2タイプのインクを見比べて一方を選び、製版の方針を決定。そしていよいよデザインに入ります。
本文の文字は、読みやすさを考え、絵のテイストとも合う「TB ちび丸ゴシック」にやや手を加えた書体に。そして、くせさんが苦労して描き上げた表紙が、どんなふうになるのかが、とても楽しみです!

2010年12月某日
祖父江さんの事務所にて。本文、表紙の色校が出たので、印刷所担当者にも来ていただき打ち合わせ。やはり、緑色の部分が、原画の繊細な色の違いが印刷で出にくいため、改善をお願い。表紙はまだデザインが未完成のため、その後祖父江さんと話し合います。

(祖)「カバーソデ(カバーの折り返し部分)寂しくないですか? 何か入れましょうよ」
(チ)「入れましょう、いれましょう」
(祖)「おおはしくんが、かめたに名前書いてるところ、中のページにないですよね」
(チ)「ないです」
(祖)「反対側のソデにも、なにか入れちゃう?」
(チ)「帰ってきたかめた、とかですかね?」
(祖)「そうね、そうね」
(チ)「背にイラスト入れることもあります」
(祖)「いいね、いいね、ぼくとおおはしくん、絵でいれましょうか」

と、いうわけで、あっというまに、くせさんは新たに4点のイラストを描くことになったのでした、しかも大至急・・・。

※なお、この会話の内容については、24日から始まる「講談社絵本新人賞 ぼくと おおはしくん 応援レビュー大募集」で、絵本を読んでいただくと符合します。

くせさん、だいぶこなれてきました。ささっと描いてきたラフに、祖父江さんが添削。1日で仕上げます。これらの絵がカバーのいろいろな場所に入ります。

すべてのデザインが完成しました!

2010年12月某日
こーんなに最後の最後までがんばって、いよいよ今日、表紙のデザインが完成です。
祖父江さんも、最後の最後まで、タイトルの書体を吟味してくださいました。
オビも、とても凝っています。本屋さんに並ぶ日が楽しみです。
実は年内最終日のこの日、すべての入稿が完了しました。

年明けに印刷所と数往復のやりとりを重ね、出来(しゅったい=刊行)に向かいます。
次回第4回は、祖父江慎さん、特別出演です。お楽しみに!

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

スペシャルコンテンツメニュー

くせ さなえ

  • 1977年生まれ。京都精華大学美術学部卒業。テキスタイルデザイン会社勤務のかたわら、イラスト、絵本制作を学ぶ。2006年、第28回講談社絵本新人賞佳作受賞。イラストレーターとしての仕事に、2007年『ぐるぐる猿と歌う鳥』(講談社ミステリーランドシリーズ)の表紙・挿画、2009年『決定版 心をそだてる これだけは読んでおきたい 日本の名作童話』(講談社)の「大きなこうもりがさ」(作=竹久夢二)の挿絵がある。2010年、第11回ピンポイント絵本コンペ入選に続き、本作品で第32回講談社絵本新人賞を受賞した。

作品紹介

ぼくと おおはしくん
作・絵:くせ さなえ
出版社:講談社
税込価格:¥1,470(本体価格:¥1,400)
発行日:2011年04月
ISBN:9784061324633


全ページためしよみ
年齢別絵本セット