かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  突撃レポート  >  『島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』オープニングに行ってきました!

《スペシャルコンテンツ》突撃レポート

2011.04.27

『島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』オープニングに行ってきました!

一覧を見る

絵本ナビのサイトでも1ヶ月前からご紹介している『島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』が本日(4月27日)からいよいよ開催です。
オープン時間直前の、まだ静かな展示会場に一足お先にお邪魔させていただきました!

『島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』

ドキドキしながら会場に足を踏み入れると・・・
島田ゆかさん「バムとケロ」とユリア・ヴォリさん「ぶたSIKA」のコーナーが2つに分かれて展示されていました。

「バムとケロ」の原画展示コーナー こちらが「バムとケロ」の原画展示コーナー。
壁には大きく引き伸ばされたバムとケロの絵が!
絵本が飾られていたり、原画が出来上がるまでの貴重な映像などが紹介されています。

原画がずらり そして原画がずらり!
デビュー作『バムとケロのにちようび』から最新作『バムとケロのもりのこや』、そして「ガラゴ」シリーズまでじっくり堪能できます。
原画はあまり大きくないので、その細かい描写には驚かされるばかりです。色彩も本当にきれいで、1枚1枚の絵の前からなかなか動くことができません・・・。

ラフスケッチや島田さんが普段使っている絵の道具など 『バムとケロのにちようび』、『バムとケロのもりのこや』のラフスケッチや島田さんが普段使っている絵の道具など、ファンにはたまらない資料がたくさん展示されています。
島田ゆかさんのインタビュー記事にも登場した犬の漫画『ボンゾ』の人形もありましたよ!

ユリア・ヴォリさんのコーナー こちらはユリア・ヴォリさんのコーナー。
島田ゆかさんのシックな雰囲気とはまた違ってとても明るい色の壁に展示されています。
この対比も今回の展覧会のみどころの一つですね。

「ぶた」シリーズの原画 都会で暮らすぶたの女の子が主人公の「ぶた」シリーズの原画は、やはりその美しい色彩に目が釘付けになってしまいます。
これから発売される最新刊『ぶたときまぐれきのこ』の原画も見ることができます!

未発売の絵本作品の原画やポスターなど 日本では未発売の絵本作品の原画やポスターなど、まだまだ私達の知らないユリア・ヴォリさんの魅力にたくさん出会うことができます。
(このポスターもとても可愛いのです。是非会場でじっくりご覧ください)

島田ゆかさんとユリア・ヴォリさんの出会いは、今から20年ほど前に東京で開催されたボローニャ国際絵本原画展で、島田さんがユリアさんの絵を見たことから始まったのだそうです。その後連絡を取り合い、お互いの作品に惹かれあいながら、今回の展覧会が実現したのです。その象徴ともいえるのが・・・

「Reunion ―再会―」 こちらの島田さんとユリアさんとの共作! 「Reunion ―再会―」
まさに夢の競演ですね。
ポスターやちらしに使用されている絵なので既にご覧になった方も多いのではないでしょうか。

この展覧会では絵本原画、スケッチ、映像から貴重な共作まで約200点が展示されています。
子どもから大人まで、お二人のつくりだすキュートな絵本の世界をたっぷり楽しむことができます。
会場で販売されているカタログにはお二人のインタビューやキャラクターの紹介なども掲載されているのでおすすめですよ!

展覧会限定のカフェ
展覧会限定のカフェも開店に向けて準備中!(バムやぶたも待っていますね)
絵本からそのまま飛び出したようなバムのプリンや顔型ケーキなど、思わず声が出てしまうような可愛らしいメニューがたくさん用意されています。
更に更に。
展覧会限定、あるいは今回初めて発売される「バムとケロ」のグッズ、「ぶた」のグッズ等がたくさん揃っています。
特にバムとケロ小型本4冊ボックスに豆本が付いた限定商品や、ドレスアップしたバムとケロのぬいぐるみ、ケロの顔の型が入ったフライパンなどもおすすめです。

そして、今日はオープニングということで、タレントのはるな愛さんが会場にいらっしゃいました。
はるな愛さんは、小さい頃から絵本が大好きだったそうで、島田ゆかさんと一緒に説明を聞きながらとても熱心に絵をご覧になっていました。
タレントのはるな愛さん

はるな愛さんが来られたもう一つの目的は、『島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』の販売フロア内に急遽設けられた『世界の絵本作家チャリティー展』の紹介のためです。
東日本大地震で被災し、今もなお不自由な生活のなか不安な日々を過ごしている子どもたちに向けて、国内外の絵本作家から寄せられた作品を展示し、その作品はオークション方式で販売され、収益金を義援金として日本赤十字社をとおして被災地に送られるそうです。
詳細はこちら>>>

何度も被災地に足を運ばれているはるなさんが、インタビュアーに対し現地で感じられた想いを熱く語られているのがとても印象的でした。

そんな風にみどころがたくさんある『島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』。
開催期間中にもう一度ゆっくりと観に来よう!と決意。
展覧会の為に来日されている島田ゆかさんにもご挨拶できたので、「絵本ナビ読者のファンの方が展覧会をとても楽しみにしている」とお伝えしました!

※ちなみに絵本ナビでも販売しました前売券に付いた“おまけ”のミニチュアマグカップも期待以上の出来上がりなのでお楽しみに・・・。

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー


全ページためしよみ
年齢別絵本セット