そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
今ならサイン本買えます! 雨の季節じゃなくても楽しめることばあそびいっぱい!

新着紹介文

新刊も、既刊も作品のみどころを追加した作品をご紹介します。

終わらない夜

終わらない夜

みどころ

 ひと目見てもらえれば、この絵本に説明は不要でしょう。これぞ絵本の醍醐味。なんて不思議な美しい絵。そしてすこし怖いような。  カナダの画家ロブ・ゴンサルヴェスの絵は眠りと目覚めの間の、夢と現実の間の不…

とってもいいこと

とってもいいこと

みどころ

 内田麟太郎さんと荒井良二さん、のりに乗ってる二人のわくわくする組合せ。 二人の個性が最大限ぶつかりあった、とってもあたたかくて脳天気でちょっとじんわりな本が出来上がった様です。  タコの8ちゃんが…

  • ちょっとためしよみ
とうちゃん、おかえり

とうちゃん、おかえり

みどころ

 可愛らしい本、笑ってしまう本とはちょっと異なった趣の本をひとつ。 あるぼんやりした冬の日、つやはひとりで学校から帰ってきます。「ただいま」。部屋の中はカーテンを通した夕日でオレンジ色。 ふと、たった…

ババールのヨガ

ババールのヨガ

みどころ

 数ヶ月前に観に行ったババールの原画展、なかでも一際目を引く奇妙な絵がありました。        「なぜ、ゾウがヨガを・・・?」  ずっと気になっていた人も多数いるはず、「ババールのヨガ」の日本語訳版…

くいしんぼ フンガくん

くいしんぼ フンガくん

みどころ

 NHKのテレビ絵本にも登場して人気急上昇のふんがくん。 ちょっとわがままで、ちょっと甘えん坊で、ちょっと泣き虫で・・・おこりんぼ。それだけ聞くと手のかかるちょっとやな子供みたいですけど。 ふんがくん…

  • ちょっとためしよみ
もしもぼくがおとなだったら

もしもぼくがおとなだったら

みどころ

「こどもはみんなしってるよ、おとなの方がいいことたくさんあるんだ!」  男の子は言います。どんなこと? 「テレビのいちばんおもしろいところで寝なくていい、のどがかわいたらいつでもみずを飲んでいい、ちい…

マウス いまなんじ?

マウス いまなんじ?

みどころ

 オレンジ色のちょっととぼけた表情がキュートなねずみ「マウス」。各地でイベントも行われて、最近ちらほら見かける事が増えたんではないでしょうか。 日本におけるドイツ年2005/2006の公式マスコット…

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

みどころ

 私達の子供の頃から読み継がれてきたベストセラー「星の王子さま」。今まで慣れ親しんできたそれは岩波書店の内藤濯さんの訳のものでした。今年の一月に日本での著作権が切れて今、次々と新しい訳の「星の王子さま…

どんなかんじかなあ

どんなかんじかなあ

みどころ

 ドキッとする絵本、ってそんなにない。どういう感じかと言うと、当たり前の事を言ってる様で今まで気が付いていなかったと解った時かなぁ・・・?とにかく、この絵本を読んでちょっとドキッとしました。 ともだち…

木

みどころ

 「木」をこんなにじっくり見た事はありますか?年齢を重ねた老木の太い木の幹、いくつもの風雪をくぐり抜けて来たごつい木の節々。そこから生える若い新しい芽。表情豊かな迫力ある「木」の姿の数々に圧倒されてし…

おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけ

みどころ

大好きな「じいじ」が突然死んじゃった!死んだらどうなるの?ママに聞いたら「天国へ行くのよ。」パパに聞いたら「土になるんだ。」  なんかぴんと来ないな・・・。と、思っていたら夜になって死んじゃったはず…

  • ちょっとためしよみ
もりのこえ

もりのこえ

みどころ

 折り返し地点を過ぎ、残り2ヶ月近くになった愛知万博。そろそろモリゾーとキッコロの魅力にはまってきているでしょうか?そんな二人の出てくる愛知万博公式絵本を2冊。 「モリゾーとキッコロ」はNHKで放送さ…

あかあおきいろ 新装版

あかあおきいろ 新装版

みどころ

「写真絵本」と言うと、日本ではあまり馴染みが無いような気がしますね。特に「赤ちゃん絵本」はそんなに見かけないかも。 でも色々な物に興味津々!の赤ちゃんにとって、例えば「ワンワン」を見たら、本物、絵、…

水たまりおじさん

水たまりおじさん

みどころ

 変な題名ですね。「水たまりおじさん」の姿は白髪の髭を生やし、「かさ」をかぶり、何だか中国風?のいでたち。そんな異色なファンタジーを描いたのは、なんと「スノーマン」や「さむがりやのサンタ」のレイモンド…

生命の樹 チャールズ・ダーウィンの生涯

生命の樹 チャールズ・ダーウィンの生涯

みどころ

 学校ぎらいで外で遊ぶのが好き。兄と2人で化学の実験をするのが好き。そんな少年だったのは・・・。  博物学者、地質学者にして思索家、『チャールズ・ダーウィン』の生涯をピーター・シスが自伝や手紙、「種の…

へいきへいき

へいきへいき

みどころ

 いばりんぼのオオカミがイタチにあしをもませている(!)とどこからかしゃがれ声が・・・。 「なあ、つよがりのおくびょうオオカミ。」「おまえはあのやまへは行けないだろう。おそろしくてな。」  なんでもク…

かあさんのこころ

かあさんのこころ

みどころ

 ナンセンス絵本の作者として人気の内田麟太郎さん。そんな内田さんの子ども時代は悲しみと憎しみの中に生きていたと言います。 そしてこのお話は自伝的な絵本として作られました。  幼い小熊の「ぼく」を残して…

ももんちゃん えーんえーん

ももんちゃん えーんえーん

みどころ

 みんな大好き!ももんちゃんはこれで7作目。とにかくももんちゃんのすました顔や笑顔、大きなおむつをしたおしりに読んでいる親の方が癒されてしまうこのシリーズ。 今回の魅力は泣き顔です!もう表紙からももん…

  • ちょっとためしよみ
ちいさなくし

ちいさなくし

みどころ

 くまの女の子ジェーンは3つになりました。もうくつだってひとりではけます。でもかみをとかすのだけはまだどうしてもできません。くしがうまく使えないからです。  ある日ドンおじさんにちいさなくしを買っても…

ぼくとくまさん

ぼくとくまさん

みどころ

 「よあけ」や「ゆき」の静かな景色とストーリーで人気のユリ・シェルヴィッツ。この本は何と彼のデビュー作。雰囲気が大分違って可愛らしいぞ・・・と思ったら、この本のできるいきさつが最後に書いてあり興味を惹…

  • ちょっとためしよみ

未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット