小学3年生の著者が見つけた大事な発見。

著者が小学校3年生で書いた作文から誕生したこの作品は、病院のベッドという二平方メートルの世界で見つけたメッセージを私たちに教えてくれます。

「わたしは病気と生きていかなくてはならないようで、その人生で知ったことを、知らないだれかに伝えなくてはならないのかもしれないなあ、と思う。病気の子どもたちのかすかな声を、わたしは聞いた。そして、そのことを文字にできるぐらいには、わたしは元気で自由だ。」

海音さんが語る言葉と絵本作家はたこうしろうさんの絵で紡がれ、悲しみだけではなく、私たちみんなが覚えておきたい、大切なことが描かれています。

「ひとりじゃないよ」

この絵本を通して、きっとまた違う誰かに届いていきますように。

いいね!47

二平方メートルの世界で

二平方メートルの世界で

文:前田 海音
絵:はた こうしろう
出版社: 小学館

みんなのコメント

2コメント

  • TOP500

    みいの

    作者、前田海音さん自身の入院や治療のこと、ご家族への思いとご本人の気持ちを読んで、家族が病気だった時のことを考えていました。
    会ったことのない人同士が送りあっていたテーブルの裏の言葉は、患者さんの本当の気持ち。
    この作品によって、多くの人に伝わります。

  • kayogon

    8歳の頃、3歳の妹が一週間くらい入院したことがあって、でも病院には一度も連れて行ってもらえなかった。一週間で退院できるとわかっていたからだ、と今なら理解できる。けれど、もやもやしていた。もやもやを言葉に出来なかった。

    もし当時この作品を読んでいたら、親に何て言っていただろう。妹にどんな言葉を掛けただろう。
    8歳には戻れないけれど、いつだって心の世界を広げることは出来るから、誰かが飲み込んだ言葉に気付ける大人でありたいと強く思う。

TOP