あなのはなし

あなのはなし

  • 絵本
文: ミラン・マラリーク
訳: 間崎 ルリ子
絵・あな: 二見 正直
出版社: 偕成社

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ◆『見積書』は商品を買い物かごに投入後、作成いただけます。
  • ※かごに入れても商品の確保は完了いたしません。お急ぎの際には、お早めに購入手続きの完了をお願いいたします。
  • ※「取り寄せ注文する」の際には、出版社の在庫状況により、お取り寄せできない場合がございます。あらかじめご了承ください。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年09月16日
ISBN: 9784033286006

28

みどころ

チェコの不思議な創作民話「あなのはなし」。どう不思議なのかと言いますと、まず主人公が「あな」なんです。
この「あな」はもともと靴下に空いた小さな穴でした。あなは誰にもつくろってもらえなかったので、どんどん大きくなって、ついには靴下をのみこんでしまいます。そうして、独立?したあなは、なんと、旅に出るのです。
ころころ転がるドーナツやカエル、ツバメにひつじ、旅の仲間も増えて、奇妙な道中は仲良く進んでいくのですが・・・、いつのまにか旅の一団を食べてやろうと、オオカミがついてきています。無防備この上ない寝込みを襲おうとするオオカミ。・・・危ない!どうなる、あなたち!
この絵本がユニークなのは、あなが、実際にページの穴になっているところ。つまり、穴あきのしかけ絵本なのです。
ナンセンスな物語を楽しい絵と穴!にしているのは、「もっとおおきなたいほうを」(福音館)の二見正直さん。表紙の記載も、「二見正直 え・あな」となっています。
コマ割りされた画面の中に、穴があまりに自然に存在するのが、不思議やら面白いやら!
絵本の中の、手足が生えたおかしなあなを見ていると、どんどん愛着がわいてきます。ページに空いた穴なのに!そしてその穴はずっとそのままの形ではありませんよ。どう変化するかはお楽しみ。
あなを指でなぞりながら、この暢気で愛すべきナンセンスの物語をのんびり楽しんでくださいね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

あなのはなし

出版社からの紹介

はじめは靴下にあいただけの小さな「あな」。誰もつくろってくれないので、とうとう彼は旅に出ることに。「あな」が主人公の穴あき絵本です。

ベストレビュー

穴あきのしかけ絵本

赤い靴下に開いた”穴”が主人公の絵本です。”穴あきの仕掛け絵本”も面白いです。初めは、靴下にあいただけだった小さな”あな”が、外に飛び出して旅をします。途中に出あったドーナツ、カエル、ツバメ、ヒツジとの珍道中をオオカミが隠れて隙を伺ってます。オオカミは、次々とヒツジ、ツバメ、カエル、ドーナツ、穴まで飲み込んで、オオカミのお腹の中に穴が開いてしまってヒツジ、ツバメ、カエル、ドーナツも転がり出ました。穴はどんどん、どんどん大きくなってすっかりオオカミを飲み込んでしまいました。穴は、オオカミみたいに大きな穴に変身していたのが不気味に思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

ミラン・マラリークさんのその他の作品

紙芝居 あなのはなし

間崎 ルリ子さんのその他の作品

ライラックの枝のクロウタドリ / ストーリーテリング その心と技 / みにくいおひめさま / ぼくじょうのくまさん / パンやのくまさん / ゆうびんやのくまさん

二見 正直さんのその他の作品

メガネくんとハダシくん / チョーシンくんのだいぼうけん / こぎつねトンちゃん きしゃにのる / でんしゃだって… / えんまのはいしゃ / いちご電鉄ケーキ線


PAGE TOP

  • 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本ナビスタイル 絵本から広がる子育て
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら まなびナビ
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ