おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
Madeline’s Christmas(マドレーヌのクリスマス)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Madeline’s Christmas(マドレーヌのクリスマス)

  • 絵本

作品情報

発行日: 1985年10月
ISBN: 9780670806669

U.S.定価 :$ 15.99

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 30.8 x 横 23 x 厚さ 1(cm) 言語:英語

おはなし

パリの古いお屋敷で暮らす12人の女の子たち。いちばんのおちびさんがマドレーヌです。
クリスマスの前の晩、みんなは風邪をひいてベッドで寝ていました。ただひとり元気なマドレーヌが、みんなのために働いていると玄関をたたく音が・・・サンタさんかしら?
いえいえ、立っていたのはじゅうたん売りの商人でした。 マドレーヌに持っていた12枚すべての絨毯を売ってしまい、寒さに震えた商人はお屋敷に引き返して来ますが玄関で凍えてしまいます。
マドレーヌに助けてもらったこの商人、実は魔術師だったのです。そして呪文を唱えると、なんと絨毯は「空飛ぶじゅうたん」になって子どもたちをそれぞれの家族のもとへと運んでくれました。
(翻訳作品より転載)

みどころ

クリスマス・イブの夜、みんなのために働くいつも元気なマドレーヌの前に現れたのは「サンタクロース」ではなくて「魔術師」だったんです。ちょっと間の抜けたじゅうたん商人が、実は魔術師だったなんて・・・。
思いもよらぬこの展開には、読み手も聞き手もびっくりです。
魔術師が呪文を唱えるなんとも怪しい場面と、子どもたちが星の明かりを手にじゅうたんに乗って夜の空をとぶ場面は、どちらも子どもたちの心をひきつけることと思います。
文章も少なく、訳のテンポもよいので小さなお子さんにも是非読んであげてみてくださいね。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

奇想天外!

数あるクリスマス絵本の中でも、これほど奇想天外なお話の運びは、マドレーヌの本をおいて他にないのでは?と思わせるような、個性あふれるクリスマス。マドレーヌの周りでは、常にびっくりすることの連続です。クリスマスの赤い色も、このお話の中では、サンタさんのコートでも、プレゼント用のくつしたの色でもなく、じゅうたんの赤! しかも、それが魔法のじゅうたんで、マドレーヌたちを素敵な場所へと連れて行ってくれます。遊び心と温かさにあふれたお話です。ただ、「げんきなマドレーヌ」や「マドレーヌといぬ」のように、何年にもわたって、繰り返し読みたがるというところまでは至りませんでした。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんのその他の作品

きかんしゃキト号 / バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし / ゴールデン・バスケット ホテル / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯 / よくぞごぶじで / マリーナ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

Madeline’s Christmas(マドレーヌのクリスマス)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット