しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
  • かたつむりの結束

    ラオス・モン族の民話です。ラオス・モン族の子どもたちが刺繍をして作ったかたつむりとさるの刺繍の絵が素晴らしいです。さるに歩みののろさを馬鹿にされたかたつむりが、さるに「かけっこをしてみようよ」と挑戦する気持ち、勇気が素晴らしいと思いました。親類縁者を集めて相談して、三つの山と三つの谷をかけっこする勝負に勝つことが出来たのは、親類縁者の知恵と全員の結束が素晴らしかったからだと思いました。弱者でも知恵・努力・結束・団結力で、勝利に導くものだと学びました。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  •  タイトルそのまま、ふしぎなバイオリンのお話です。

     若者パトリックが、露店で買ったバイオリンを弾くと、魚が池から飛び出して歌を歌ったり、木には、なしやバナナやお菓子やアイスクリームが実っちゃう。そして、病気の人も、元気で笑って幸せになって・・・。うーん!言うことなしですね(^^♪

     すっきりとした線、鮮やかな色、聞こえてくるかのようなバイオリンの音色・・・。明るさと楽しさと軽やかさが魅力の絵本です。

     ちょっと残念なのは、判型が小さいこと。出版時の諸事情があるようですが、本当は、もう少しゆったりしたサイズで手にとれたら嬉しいなと思います。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正直、このような非現実的な絵本は

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    あまり好きにはなれないのですが、小さな子供にとって毎日の生活を共にしている仲良しのぬいぐるみと言うのは、いつしか命が吹き込まれてしまっているものなのかなと思いながら読みました。意思を持って勝手に行方不明になられてしまったんじゃ、たまったもんじゃない!

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゾロリにハマり中の子に購入しました。
    2つのお話が入っているし、廉価なのでこどもがお小遣いで買うにしてもやさしいですね。
    ゾロリの1巻2巻ということで、内容的には以前読んで知っている話なのですが、やっぱり最新作等と比べるとちょっと変わったところもあるなーとなつかしく思いました。今年が30周年ということですしね。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争の絵本として紹介されることもありますが、テーマとしては”共存”の方が強く感じる絵本です。
    人間と人間、人間と動物
    立場によっては、争ったり、寄り添ったり…
    そのことを、丁寧に描かれているので、文学作品として心にしみてきました。
    絵も美しいです。

    高学年以上向けとは思いますが、子どもたちには、この作品に出会っていろんなことを感じてほしいと思います。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も音も楽しそう

    全ページお試しで読ませていただきました
    いしゃがよいは、こころがほのぼのとする素敵な絵本ですが
    こちらは音とリズムがとてもたのしい作品だと思いました
    子どもの好きなハイタッチで、次の生き物につながってゆきます
    思いっきり体を伸ばして、ドドーンという音が 躍動感があって
    小さい子がわくわくする音ですね

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここまで泣きじゃくると、あきれ返るほどみごとです。
    泣いて泣いて、村に大迷惑のなきたろうですが、強くなりたい、泣かなくなりたいと、気持ちは前向きの泣きむしでした。
    想像できないどんでん返しの展開と、なきむしたろうの成長は印象的。
    ちょっと変わったお話なので、読み聞かせには面白いと思います。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日も楽しいから、あーちゃんのように「雨、ふらないかな・・・・・」と、思ってしまいました。かえるさんの家に招待されたあーちゃんたちは、7つの傘をさして、あーちゃん、ミーミ、、グータン、さる、うさぎ、きりんも、ぞうも、それぞれの7色の傘が綺麗でした。煙突からまあるいドーナツの形をした煙も可愛かったです。かえるさんのお母さんの作ってくれたご馳走、ドーナツ、カップケーキ、大きなケーキ2種類、クッキーがとても美味しそうで食べたくなりました。かえるさん家で開かれる雨の日のパーティの楽しい様子が羨ましかったです。「ぽっつんとととはあめのおと」の繰り返しも楽しかったです!絵もページ毎に楽しめてよかったです。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の動き

     4歳のクラスにこの絵本を用意すると、すぐに取り合いになるほどの絵本。エリック・カールさんの色彩の豊かな絵に子ども達の心が動かされるのだなと思います。

     また、カメレオンという生き物。不思議でまさに「なんで?」と心の動きを感じます。レオ・レオニ―の「じぶんだけのいろ」とこの「ごちゃまぜカメレオン」。自分の中で「カメレオン大2作」です!

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子が小さいとき、とても楽しんだ思い出の1冊です。
    からすの夫婦が、パン屋を営んで、子どもたちを一生懸命に育てます。

    その一生懸命さに、作者のかこさとしさんの、深い愛情が表れています。
    森のなかで、こうばしい匂いがして、風車が見えたら、そこが、からすのパン屋さんのある、いずみがもりなんですよ。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

596件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット