新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

TOP500

クッチーナママ

ママ・40代・東京都、女の子17歳 女の子15歳 男の子12歳

  • Line
自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。
今は学校図書館に勤務し、多くの本と格闘しながら、絵本ライフを楽しんでいます。

好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。<BR>
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。<BR>それから約10年…<BR>2021年4月投稿レビューは5000を超えました。<BR>こんなにもたくさんの絵本と出合えたことは、私の財産です。<BR>子どもたちは大きくなり、絵本を卒業してしまいましたが、私は絵本の魅力にどっぷりとハマり、今は自分のために絵本を開いています。<BR>
ブログ・SNS

クッチーナママさんの声

6594件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 文字もイラストの一部  投稿日:2022/05/12
In the Night Kitchen(まよなかのだいどころ)
In the Night Kitchen(まよなかのだいどころ) 作・絵: モーリス・センダック
出版社: HarperCollins Publishers
英語の勉強が始まった息子と一緒に、自分も英語に触れていきたいと思うようになりました。苦手意識があるのですが、まずは好きな絵本の英語版なら読みやすいだろうと、いろいろと探しています。
『まよなかのだいどころ』はセンダックの作品の中でも大好きな絵本の1つ。コマ割りの画面が楽しくて、今でもよく手に撮って眺めています。
英語版は単語が大文字でおしゃれに描かれています。文字もイラストの一部なんですね。端的な文章でリズムよく読めるので、声に出して読むのがおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい will  投稿日:2022/05/12
Play with Me(わたしとあそんで)
Play with Me(わたしとあそんで) 作・絵: マリー・ホール・エッツ
出版社: Econo-Clad Books
英語の勉強が始まった息子と一緒に、自分も英語に触れていきたいと思うようになりました。苦手意識があるのですが、まずは好きな絵本の英語版なら読みやすいだろうと、いろいろと探しています。
マリー・ホール・エッツの『わたしとあそんで』は娘の誕生祝いにいただいた思い出の絵本。我が家の宝物です。そのお話の英語バージョンということで、読むのが楽しみでした。
英語版も文字は控えめで、優しくて、かわいらしい世界が広がっています。繰り返される「will you play with me」というセリフが耳に残ります。特に春に読むのがおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おはなし会で使いたい  投稿日:2022/05/12
大きな絵本 いただきバス
大きな絵本 いただきバス 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 鈴木出版
普通サイズの「いただきバス」を読んだ時、のりものに食べ物にだじゃれ。小さい子が喜ぶ要素満載だなと感じました。
その大型絵本なら、おはなしかいなどで大勢で読んだら盛り上がるだろうなぁと思います。
みんなで読みながら「いただきバス!」と大合唱したいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めての英語絵本に  投稿日:2022/05/12
The Happy Day(はなをくんくん)
The Happy Day(はなをくんくん) 作: ルース・クラウス
絵: マーク・シーモント

出版社: Econo-Clad Books
英語の勉強が始まった息子と一緒に、自分も英語に触れていきたいと思うようになりました。苦手意識があるのですが、まずは好きな絵本の英語版なら読みやすいだろうと、いろいろと探しています。
こちらはいつも春が来る頃に読みたくなる絵本『はなをくんくん』の英語版です。
「they sniff. they run. they stop」というようにとても短い単語が並んでいるので、とても読みやすいです。初めての英語絵本にとってもおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しゅっぱつしバス!  投稿日:2022/05/12
いただきバス
いただきバス 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 鈴木出版
季節ごとに楽しめる藤本ともひこさんのバスシリーズ。今まで『たなばたバス』や『いもほりバス』は読んでいましたが、1作目はこちらだったんですね。
「おはようございバス」「しゅっぱつしバス!」と喋るバスに乗って、みんなでおいしいリンゴを食べに向かいます。
のりものに食べ物にだじゃれ。小さい子が喜ぶ要素満載だなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イヤイヤ期に読みたかったシリーズ  投稿日:2022/05/12
おばけのやだもん まほうのカレーライス
おばけのやだもん まほうのカレーライス 作: ひらの ゆきこ
出版社: 教育画劇
『おばけのやだもん』の1作目でイダズラな表情がかわいいやだもんに出会ってから、すっかりファンになって、続編を読んでいます。
やだもんはいやいや言う子にとりついて、みんなを「やだやだおばけ」にしようとするのですが、毎回うまくいきません。でもそのドジな感じがとてもかわいいのです。
子どもたちのイヤイヤ期にこの絵本を読めたらよかったなーと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イラストを楽しんでいます。  投稿日:2022/05/12
おやゆび姫
おやゆび姫 作: アンデルセン
絵: バーナデット・ワッツ
訳: 大庭 みな子

出版社: 西村書店
バーナデット・ワッツの描く温かみのある色合いのイラストが好きです。これまで『白雪姫』や『赤ずきん』『きたかぜとたいよう』などなど、グリム童話やアンデルセンなどの作品を読みましたが、どれも本当に好きです。
こちらもうっとりするほど素敵な絵。おやゆびひめも、かえるもスイレンもコガネムシも、みんな魅力的でした。
文字が細かくて読むのには少し時間がかかりますが、眺めているだけでも楽しいので、時々ページをめくってそのイラストを楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひまわり  投稿日:2022/05/11
花いっぱいになあれ
花いっぱいになあれ 作: 松谷 みよ子
絵: 司 修

出版社: 大日本図書
自分も小さい頃に読んだことのある覚えのある、懐かしい1冊。
学校の子どもたちがタネを結んで飛ばした風船の1つが、こぎつねのコンの元へやってきます。コンはそれを花だと思い込み、一生懸命お世話するのです。
ラストに咲く花がひまわりだったことは忘れていましたが、とても素敵で感激しました。
「花いっぱいになあれ」のセリフは、いつ聞いても温かく、幸せな気持ちになります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表紙の絵を覚えています  投稿日:2022/05/11
おばあさんのすぷーん
おばあさんのすぷーん 作: 神沢 利子
絵: 富山 妙子

出版社: 福音館書店
表紙の絵を見て、思わず「懐かしい!」と声が出てしまいました。私が小さい頃、読んだことのある絵本です。お話の内容は忘れてしまいましたが、このインパクトのあるイラストは覚えていました。
表紙はちょっと怖い感じがしますが、ストーリーはとってもかわいらしいです。スプーンにうつる自分の姿が太っていたり痩せていたり、逆さまになったりするのを不思議がるネズミたちの様子が、特によかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 終始明るい  投稿日:2022/05/11
石ころのスープ
石ころのスープ 文: ジュディス・マリカ・リバーマン
絵: ゼイネップ・オザタライ
訳: こだま ともこ

出版社: 光村教育図書
『せかいいちおいしいスープ』など、石のスープのお話は、他に読んだり聞いたりしたことがありますが、このお話は世界中いろんな場所で伝わって民話になっているのですね。こちらはトルコに伝わるお話です。
歌も混じって、終始賑やかで明るい雰囲気。みんながこんなに幸せそうなら、騙されるのも悪くないなと思います。
ユーモラスで明るいイラストで、ハッピーな気分になれるお話でした。
参考になりました。 0人

6594件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みんなで参加しよう!えほん祭

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット