宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子14歳 女の子12歳 男の子9歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

3845件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 生き生きした野菜たち  投稿日:2019/03/21
やさいのともだち
やさいのともだち 文: 神沢 利子
絵: 石倉 ヒロユキ

出版社: ひさかたチャイルド
ちいさい子が破ろうとしたりかじったりしても大丈夫な、ボードブックの絵本です。
登場する野菜たちが、みな、土のついた生き生きしたみずみずしい姿だったのが良かったです。
子供たちに、スーパーなどで綺麗に並んでいる野菜ばかりでなく、畑で元気に育つ野菜と触れさせたいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 春風のいたずら  投稿日:2019/03/21
きみはぼくだね
きみはぼくだね 作: かさい まり
絵: 岡田 千晶

出版社: ひさかたチャイルド
「だいすきのしるし」「うさぎくんとはるちゃん」の絵の人だ!とすぐにわかりました。
優しくて、温かい絵で癒されます。
春風のいたずらがキーワードなお話だったので、少しずつあたたかくなってきた今の季節にピッタリで、なんだかとても嬉しくなりました。
読み終わった後、「きみはぼくだね」のタイトルを読み返すと、またキュンとなってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人が読んでも面白い  投稿日:2019/03/21
岩波少年文庫 みどりの小鳥 イタリア民話選
岩波少年文庫 みどりの小鳥 イタリア民話選 作: イタロ・カルヴィーノ
訳: 河島 英昭

出版社: 岩波書店
高学年への読み聞かせに語りとして使えるということで、図書館司書の方に教えていただきました。
「小さな子供のための話」「女の子のための話」「恐ろしい話」「おかししな話」「少し悲しい話」「りこうものが勝つ話」が数話ずつあります。
民話や昔話は、大人が読んでも面白いものですね。
タイトルにもある「みどりの小鳥」は少し長めのお話なのですが、先が知りたくて、ドキドキしながら夢中で読み進めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 憧れの新幹線  投稿日:2019/03/21
はしる! 新幹線「はやぶさ」
はしる! 新幹線「はやぶさ」 作・絵: 鎌田 歩
出版社: PHP研究所
「はしる!新幹線シリーズ」に親子ではまっています。
はやぶさは、我が家にとって憧れの新幹線。
いつかのてみたいと思っていますが、未だその夢は叶っていません。
(飛行機の方が安いから。。。)
でもこちらを読むと、ますます乗りたさが募りました。
青函トンネルは海の下を通っているんですね。
北海道をはしる新幹線ならではの工夫された点もわかって、楽しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リアルな姿  投稿日:2019/03/21
おやこでぎゅっ!
おやこでぎゅっ! 作: まつばら いわき
出版社: ひかりのくに
パンダ、コアラ、うさぎなどのいろんな動物の親子が、ぎゅっとしています。
描かれているのがリアルな親子の姿という感じで、とても好感が持てました。
カンガルーの親子は、お母さんのお腹の袋の中にすっぽり入ることが、ぎゅっの証なんですね。
0.1.2さい向けとなっていますが、大人が十分に楽しめる内容でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それぞれの愛情表現  投稿日:2019/03/21
おやこでちゅっ!
おやこでちゅっ! 作: まつばら いわき
出版社: ひかりのくに
同じシリーズの「おやこでぎゅっ!」がとても良かったので、こちらも読みたくなりました。
こちらでは、チーターやキリンや犬などの動物の親子が、ちゅっ!としています。
それぞれ、顔を舐めたり、耳にキスしたり。
それぞれの親子の愛情表現にほっこりしました。
0.1.2さい向けと書かれていますが、大人も十分に楽しめます。
オススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やさいたちの寝姿  投稿日:2019/03/21
おやすみやさい
おやすみやさい 作: わたなべ あや
出版社: ひかりのくに
「おやすみなさい」というタイトルかと思ったのですが、よく見たら「おやすみ「や」さい」でした。
読んでいて、以前、「ごめんやさい」を読んだことがあることを思い出しました。
同じシリーズなんですね。
やさいたちの寝姿がとてもユニークに描かれています。
さやに入ったり、キレイに並び直ったり。
特にブロッコリーの子供たちが、お母さんの大きな房部分に埋まっているところが、可愛くて笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色がテーマの絵さがし写真絵本  投稿日:2019/03/21
あったー! いろのさがしもの
あったー! いろのさがしもの 作: サラ・L・シュエット
訳: 荒木 文枝

出版社: PHP研究所
「ミッケ」に似た絵本を見つけました。
色がテーマの絵さがし写真絵本です。
色を集めるって楽しいな!とページを眺めながら思いました。
家の中のものなども色分けしたら楽しいかも。
レインボーのページはやはり華やかでいいですね。
絵さがしは結構難しかったです。
子供よりも自分が夢中になってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雪の中を走る赤いフォルム  投稿日:2019/03/21
はしる!新幹線「スーパーこまち」
はしる!新幹線「スーパーこまち」 作: 鎌田 歩
出版社: PHP研究所
「はしる!新幹線シリーズ」に、親子ではまっています。
「こまち」は乗ったことがないのですが、この本をめくっていると実際に乗っているような気分になれます。
はやぶさとの連結やバック走行するスイッチバックなどなど、ドラマチックな展開で楽しめました。
こまちは雪が映えるデザインなんですね。雪の中を走る赤いフォルムが、とても格好良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 二人でよかった  投稿日:2019/03/21
えきのひ
えきのひ 著者: 加藤 久仁生
出版社: 白泉社
「つみきのいえ」の作者の作品ということで興味を持ちました。
お母さんに連れられ、おばあちゃんちに行く姉弟が、駅で迷子になってしまうお話です。
パニックの中でも、「私たちの力で戻らなきゃ」と決断し、子供ながらに一生懸命考えて行動する姿が感動的です。
いつもはケンカばかりするけれど、いざとなったら力を合わせる我が家の姉、弟とだぶりました。
「迷子になってしまったけど、二人でよかったね」と声をかけたくなるお話でした。
参考になりました。 0人

3845件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット