虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…

新着紹介文

新刊も、既刊も作品のみどころを追加した作品をご紹介します。

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
かわいいあひるのあかちゃん

かわいいあひるのあかちゃん

みどころ

朝のひかりで目が覚めたのは、小さなあひるのあかちゃんたち。あしをくねくね、おしりをぴこぴこさせながら、お母さんのうしろを付いて歩きます。向かっているのは、池の中。 「ぽちゃん」 水の中でも、ぷくぷ…

ぼくはひとりぼっちじゃない

ぼくはひとりぼっちじゃない

みどころ

ねこのポポとおもちゃのロボくんをツナミから守ってくれたのは、海辺に一本だけ残った「わらう木」と呼ばれる木。だけど「わらう木」は今にも倒れそうなのです。 ポポとロボくんが起こそうとするけれど、びくとも…

ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらのおきゃくさま

みどころ

森で雪合戦をしていたぐりとぐらが見つけたのは、大きなあしあと。きつねよりもくまよりも大きな、長靴のあしあと。一体だれのものなのでしょう。ふたりがあとを追ってみると、やがて一件の家があらわれます。 「…

  • ちょっとためしよみ
もう ぬげない

もう ぬげない

みどころ

衝撃は絵本を開いた1ページ目から始まります。そこにいるのは、思いっきりお腹を出したまま立っている男の子。顔は何かで覆われていて見えません。 「ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって、  もう どのく…

大きい1年生と小さな2年生

大きい1年生と小さな2年生

みどころ

体は大きいけれど弱虫の1年生のまさやと、体は小さいけれどしっかり者でけんかも強い2年生のあきよ。このお話に出会う子どもたちは、それぞれどちらにより共感するでしょうか? 1年生になったばかりのまさやは家…

14ひきのあさごはん

14ひきのあさごはん

みどころ

森の朝、一番の早起きはおじいさん。おかあさん、おばあさん、子どもたちも次々に目を覚まし、起きてきます。なにしろこの家にはみんなで14ひき、野ねずみの大家族が住んでいるのです。 冷たい水で顔を洗い、さて…

どうぞのいす

どうぞのいす

みどころ

うさぎさんが作っているのは、小さな椅子。しっぽもつけて完成です。 「さて、どこに置こうかな」 うさぎさんは、野原の木の下に、「どうぞのいす」と書いた立て札と一緒に置いていきます。うさぎさんのひらめ…

ひとは なくもの

ひとは なくもの

みどころ

すみれは、よく泣きます。 悲しいときも、おこられたときも、つまづいて転んだときも。 「なくこは きらい」ってお母さんは言うけれど。 おばけが夢に出てきて怖いときも、けんかしたときも。 ゲームに負けて…

  • 新刊
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ
紙ひこうき、きみへ

紙ひこうき、きみへ

みどころ

「今日はきっとなにかある。  とくべつなこと!」 ある朝、キリリは風の音を聞きながら思うのです。すると、飛んできたのは青い紙ひこうき。そこには「夕方、そちらにつきます」と書かかれてあり、途端にキリリ…

  • 新刊
  • ちょっとためしよみ
ねえねえ あのね

ねえねえ あのね

みどころ

ひよこちゃんがね……。 「ぴよぴよ あのね ねずみさん だいすきよ」 って、耳もとでおはなししたんです。 そしたら、ねずみさん、うれしくて飛び上がっちゃった。 今度はねずみさんがあひるさんに 「ちゅ…

  • ちょっとためしよみ
ミーミとクークのしかけえほん トイレどこ?

ミーミとクークのしかけえほん トイレどこ?

みどころ

うさぎのミーミは、くまのクークのおうちで遊んでいたらね、おしっこに行きたくなったんだって。 「トイレどこ?」とミーミが聞くと、クークは「あっち」と答えます。 ミーミはトイレを探します。 「あっちって…

  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ
だっこっこ

だっこっこ

みどころ

「だっこ だっこ だっこっこ」 パンダの親子が向き合ってだっこ。 「おんぶ おんぶ おんぶっこ」 コアラの親子は、木の上でにっこりおんぶ。 「たかい たかーい」 ゾウさんは鼻で子ゾウを持ち上げ………

  • ちょっとためしよみ
らくごえほん ごんべえだぬき

らくごえほん ごんべえだぬき

みどころ

童話には、言葉を話す動物なんてのがいろいろおりますが、落語にでてくるそれといえば、犬、猫、キツネにそれから、たぬき! たぬきというと、ふしぎな力で人を化かすと決まっておりますが、『ごんべえだぬき』の…

  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ
えんぴつとケシゴム

えんぴつとケシゴム

みどころ

絵を描くのがだいすきな、えんぴつ。 いつもひとりで絵を描いていたえんぴつがであったのは、消すのがだいすきな、ケシゴム。 消すのが好きとはいっても、ただ描いたものをなかったことにするのが好き、というわ…

  • 新刊
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ
くまさん くまさん なにみてるの?

くまさん くまさん なにみてるの?

みどころ

画面いっぱいに描かれているのは、くまさん。 そのくまさんに問いかけます。 「くまさん くまさん、  ちゃいろい くまさん、  なに みてるの?」 なんて答えるのかな。 くまさんの視線のその先にいるの…

てぶくろ

てぶくろ

みどころ

降りつづく雪の中、ぽつんと落ちていたのは片方だけの暖かそうな手袋。最初に見つけたのは小さなねずみ。彼女は中にもぐり込み、言うのです。 「ここで くらすことに するわ」 確かに、ねずみが暮らすのにはい…

  • ちょっとためしよみ
うたえほん

うたえほん

みどころ

はじめての子育てに直面した時、どうあやしていいのかわからなくなって…。そんな時、ふと口をついて出てくるのが「童謡」や「こもりうた」。懐かしいメロディーに耳心地のいい言葉。背中をトントンしてあげながら、…

  • ちょっとためしよみ
めっきらもっきらどおんどん

めっきらもっきらどおんどん

みどころ

おかしいな、遊ぶともだちが誰もいない。 みんなどこへ行ったのかな。 歩いて来たのは、お宮の前。 かんたは、しゃくだからと大きな声で歌います。 「ちんぷく まんぷく……  ……めっきら もっきら どお…

  • ちょっとためしよみ
ごぶごぶ ごぼごぼ

ごぶごぶ ごぼごぼ

みどころ

登場するのは、たくさんの丸。 「ぷーん」「ぷくぷく」「ごぶごぶ」「じゃわー」 不思議な擬音と共に、その大きさや色、並び方を次々に変化させながら現れます。一体これは何なのでしょう。わからないけれど、…

  • ちょっとためしよみ
あさになったので まどをあけますよ

あさになったので まどをあけますよ

みどころ

「あさになったので まどをあけますよ」 子どもたちが、部屋の窓をあけます。 新しい一日を迎えるために、毎朝、窓辺に立つのです。 「やまは やっぱり そこにいて  きは やっぱり ここにいる」 そこ…

  • ちょっとためしよみ
最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット