アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

新着紹介文

新刊も、既刊も作品のみどころを追加した作品をご紹介します。

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
にんじんじゃの おもしろ にんじゃずかん

にんじんじゃの おもしろ にんじゃずかん

みどころ

忍者になることを夢見るじんた君。 そんなじんた君の前に、ちょっぴりドジでお調子者のにんじんじゃが登場! そもそも忍者ってなあに? という基本を学びましょう。 忍者とは、とのさまの秘密の家来なんです。…

  • 新刊
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ
ブルガリアのむかしばなし 金の鳥

ブルガリアのむかしばなし 金の鳥

みどころ

むかし、あるところに王さまと三人の王子がいました。 お城には、金のりんごがなるふしぎな木がありました。 毎夜、りんごをついばみにくる金色の大きな鳥の存在を知った王さまは、三人の息子の前で、鳥をとらえた…

  • 新刊
  • ちょっとためしよみ
スキャリーおじさんの とってもたのしい えいごえじてん

スキャリーおじさんの とってもたのしい えいごえじてん

みどころ

手に取るだけでワクワクする、この絵本の著者は、1946年に絵本作家になって以来、300冊以上の作品を発表したスキャリーおじさん。 ユーモアと楽しさにあふれたスキャリーおじさんの絵本は、今もなお世界中の子ども…

  • 新刊
キュリオシティ ぼくは、火星にいる

キュリオシティ ぼくは、火星にいる

みどころ

火星という星を知っていますか? 夜空にぼんわり赤く光る星を見たことはあるでしょうか。 本書の語り手は、マーズ・ローバー(火星探査車)――火星を探検し、調査する車型のロボットのキュリオシティ(好奇心とい…

  • 新刊
きみは宇宙飛行士!

きみは宇宙飛行士!

みどころ

青い空のさらに向こう、上空100kmを境に広がる無限の未知――宇宙。 初めて人類が宇宙にいってからおおよそ60年、これまでに宇宙へいったことのある人は600人にも達しません。 では、どうすれば宇宙飛行士になれ…

  • ちょっとためしよみ
とうさんまいご

とうさんまいご

みどころ

父さんとデパートでお買い物。ところが、ぼくがおもちゃを研究している間に…父さんが迷子になった!? 大変、探しに行かないと。 「なんだ、いた いた、あのせびろ……」 柱のかげに見えるのは、背広を着て…

ウパーラは眠る

ウパーラは眠る

みどころ

エーデルダム修道院。 それは孤島にそびえ、引き潮で海上に現れる細い道でのみ陸とつながる、閉ざされた世界。 そんな場所を、故郷を追われたひとりの少女がおとずれた。 彼女の名はアイラ。 アイラは世間から逃…

リスのたんじょうび

リスのたんじょうび

みどころ

ある朝、リスは自分の誕生日のパーティを開こうと、思い出せるかぎりのおともだちに招待状を送ります。 森にいるおともだちだけじゃなくて、海のイルカやマッコウクジラや川のマスやザリガニにも、 モグラやミミズ…

  • ちょっとためしよみ
きいろいのはちょうちょ

きいろいのはちょうちょ

みどころ

「きいろいのは ちょうちょ」 だって、そうでしょ。どんなところにいたって、目に飛び込んでくる黄色くてフワフワしているものと言えば。ほら、ここにもきいろいの! 「…あれ、ちょうちょじゃない」 男の…

介助犬レスキューとジェシカ

介助犬レスキューとジェシカ

みどころ

この絵本は実話をもとにしたおはなしです。 主人公はふたりいます。レスキューとジェシカ。 レスキューは介助犬。ジェシカは女の子です。 レスキューは黒のラブラドール。訓練を受けて盲導犬ではなく介助犬にな…

  • 新刊
あのねこは

あのねこは

みどころ

いなくなって気が付くのは、君のかけがえのなさ。 太くて長いしっぽも、りっぱなひげも、うしろすがたも、みどりの瞳も…… すべてが愛おしい。 強い瞳が印象的な少女が想いをはせるのは、いつでもそばにいたは…

  • 新刊
  • ちょっとためしよみ
奇想天外発明百科 ややっ、ひらめいた!

奇想天外発明百科 ややっ、ひらめいた!

みどころ

「ややっ、ひらめいた!」 古代から人間は、さまざまな「発明」を生み出してきました。 成功作から失敗作まで。どれをとっても、それは「面白い」。 例えば、古くは紀元前1世紀。古代アレクサンドリアの神殿に…

さるの てぶくろ

さるの てぶくろ

みどころ

峠のいただきに、やさしくほほえむおじぞうさまがおまつりしてありました。 峠をのぼってきたひとりの女の子が、おじぞうさまのそばに、赤い手袋が落ちているのを見つけます。 女の子は両手をあわせて、ていねいに…

  • 新刊
  • ちょっとためしよみ
みけねえちゃんに いうてみな

みけねえちゃんに いうてみな

みどころ

みけねえちゃん、ともくん、おかあちゃんは、どこにでもいる3人家族。 ただ、ふつうとちょっとちがうのは、「みけねえちゃん」が「話せるネコ」だというところ。 「みけねえちゃん! ひましてんのなら、ともくん…

ぶーぶーバスくん

ぶーぶーバスくん

みどころ

あかちゃんの好奇心を刺激する、「かたぬきあかちゃんえほん」5作目。 『ととちゃん みーつけた』『ころりん タイヤくん』に続き、新井洋行さんの穴あき絵本です。 黄色いバスくんの窓には、いぬくんに、黒ねこ…

  • ちょっとためしよみ
その手がおぼえてる

その手がおぼえてる

みどころ

子どもは仲良しのお友だちと手をつなぐのが大好き。 大人だって、大好きな人と手をつなぐと、なんだってできそう、どこへだって行けそうな、無敵な気持ちになりませんか? 本書は、お母さんと子どもが重ねていく時…

  • 新刊
  • ちょっとためしよみ
なんげえはなしっこしかへがな

なんげえはなしっこしかへがな

みどころ

ラジオやテレビ、漫画もなかった昔って想像できますか? 天気のいい日はスキーやそり遊び。でも、吹雪や雪に閉じ込められることが多い、昔の北国の子どもたちの楽しみは、お年寄りが語ってくれる昔話でした。 こた…

  • ちょっとためしよみ
ショッキングピンク・ショック!

ショッキングピンク・ショック!

みどころ

ショッキングピンクという色を知っていますか? 明るくて鮮やかで大胆で、見ているだけでワクワクする色。 本書はそんなピンクを発明し、ユニークかつ型破りな発想で、1920年代〜30年代のファッション業界をけん引…

ぶぅぶぅママ

ぶぅぶぅママ

みどころ

表紙の可愛い絵から、ほのぼの絵本かと思って読みはじめたら、いい意味で期待を裏切られます。 「もうすぐ夏休み。じゃあなと手をふり、友だちとわかれて家に帰ると、ブタがいた。」 驚きながらもやっぱり……とい…

  • 新刊
はらぺこゾウのうんち

はらぺこゾウのうんち

  • 写真・文:藤原 幸一
  • 出版社:偕成社
  • 本体価格:¥1,600+税
  • 発行日:2018年11月06日

みどころ

ここは赤道に近い、南アジアの国。 熱帯雨林のジャングルの中に落ちていた、黒々とした大きなうんち。 そのあとをたどっていくと、野生のゾウの群れに出会います。 アジアゾウは群れで森に暮らし、葉っぱや草を…

  • ちょっとためしよみ
最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット