ねんねのうた ねんねのうた
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おばけたちと仲良くなって、ぐっすり眠りにつくまでのお話。

児童書をえらぶ

  • すべて
  • 低学年
  • 中学年
  • 高学年
  • 中学生〜
  • 文庫

はじめて読み物の世界へ入っていく子ども達と、いつも面白い本を探している小学生や中高生の皆さん、また子ども達の身近にいる全ての大人の方へ。ワクワクがいっぱい、どこまでも豊かに広がる児童読み物の世界を、さまざまな切り口から分かりやすく紹介していきます。

シリーズPick up!

  • 「妖怪一家 九十九さん」シリーズ
  • 「おはなしいちばん星」シリーズ
  • 「こそあどの森の物語」シリーズ

児童書の作家さんPick up!

  • 竹下 文子

    1954年、福岡県に生まれる。東京学芸大学卒業。1996年に「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を受賞。主な作品に『みけねこレストラン』『きょうりゅう1ぴきください』『もしもし・・・』(偕成社)、『せんろはつづく』『ねえだっこして』「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)、『アフリカないしょだけどほんとだよ』(ポプラ社)、『クッキーのおうさま』(あかね書房)などがある。

    おすすめ

  • プロイスラー

    1923年ボヘミア(現在のチェコの北西部)生まれ。第二次大戦後ドイツ南部に移り、小学校教師・校長を務める。’70より執筆に専念し、全業績に対し国際アンデルセン賞作家賞推薦を受ける。代表作に《大どろぼうホッツェンプロッツ》シリーズ、『クラバー... 続きをみる

    おすすめ

    大どろぼうホッツェンプロッツ

  • 森山 京

    1929年東京都生まれ。広告会社でコピーライターとして活躍後、童話の創作をはじめる。『きいろいばけつ』『つりばしゆらゆら』などの「きつねのこ」シリーズ(あかね書房)で路傍の石幼少年文学賞、『あしたもよかった』(小峰書店)で小学館文学賞、『ま... 続きをみる

    おすすめ

    きつねの子(1) きいろいばけつ

  • 岡田 淳

    1947年兵庫県に生まれる。神戸大学教育学部美術科を卒業後、38年間小学校の図工教師をつとめる。1979年『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』で作家デビュー。その後、『放課後の時間割』(1981年日本児童文学者協会新人賞)『雨やどりはすべり台... 続きをみる

    おすすめ

    二分間の冒険

  • 斉藤 洋

    1952年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。現在、亜細亜大学教授。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞、『ルドルフとも だちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。おもな作品... 続きをみる

    おすすめ

    ルドルフとイッパイアッテナ

児童書レビュー Pick up!

  • 3歳、びゅんびゅん飛びにハマる

    5.0

    息子の大好きなシリーズです。 割と長いお話なのでちゃんと理解しているかは不明ですが とにかく好きで毎日読みたがります。 本当になかなか長いので、たいていこれを読むと私は眠くなってしまいます…。 今回のお話は、おかあさんのことがメ...続きを読む

  • 親友っていいな。

    5.0

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     仲良しの「がまくん」と「かえるくん」の短編が5つ、収められています。  温かみのある挿絵も大好きなのですが、二人のせりふのひとつひとつに、お互いを思う愛情がたくさん詰まっていて、素敵です。  ふたりは、時に機嫌を損ねたり、意見...続きを読む

出版社おすすめ



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー
全ページためしよみ
年齢別絵本セット