出版社おすすめ

  • ばあばに えがおを とどけてあげる

    ばあばはこのごろ元気がない。ケーキも焼かないし、お部屋もほこりだらけ。そして、笑わなくなった。「じんせいから よろこびが きえちゃったみたい」って、ママはいう。

    「よろこびって?」
    「ひとの こころを しあわせに して、めを かがやかせる ものよ」
    「ばんごはんの あとの ダンスみたい? すべりだいを ワァーイ!って すべるみたい?」
    「そうよ! すばらしく すてきな ワァーイよ!」

    「ばあばは ワァーイって したいんだ!」。ファーンは、ばあばの人生に「よろこび」を
    とりもどしてあげようと、「ワァーイ!」を探しに出かけます。
    わたしたちに「よろこび」の意味をやさしく教えてくれる、おばあちゃんと孫娘の…続きはこちら >>>

  • 新装版 スノーマン

    少年がつくったゆきだるまに命がやどり、二人はいっしょに楽しいときをすごします。夜空に飛びだし、美しい風景を心ゆくまで味わう一夜の出来事。アニメにもなったレイモンド・ブリッグズの名作が、新装版で登場です。文字のない絵本が、ゆたかな余韻をお届けします。

“特集

ユーザーレビュー

  • 木を見て森を見ず

    5.0

    大金持ちの商人アフマドは、とてつもなく大きくて不思議な生き物を、インドから連れ帰りました。 この噂はあっという間に広がり、村人たちは生き物を実際に見るために、アフマドの屋敷に押しかけました。 けれどアフマドが寝ていたため、見せてもらうことができません。 我慢できない村人たちは、自分たちで勝手に見ることにしました。 建物の暗闇の...続きを読む

  • リサイクルを改めて考える

    5.0

    環境のために、リサイクルのことを考えることは、とても重要なことだと思います。 そのために、あまりゴミを出さない工夫、再利用する工夫、ゴミを分別して出すマナーの大切さを再認識しました。 その上で、知っているつもりで、知らないでいたことに気づきも多い本です。 漠然と分別しているゴミの中にも、再利用できないもののなんと多いことでしょう。 ...続きを読む

  • どんなにきみがすきだか あててごらん こんな質問をして 手を大きく伸ばしたチビウサギ デカウサギもね 負けずに 大きな手を広げます こんなやりとりをしている二人 なんだか 競い合ってるのが おかしくなります 本当に お互いに 大好きなんですね  こんなやりとりのお話しです    「お月さまに届くくらい」 好きだよ  デ...続きを読む

  • 寛容になる

    5.0

    はじめのページに世界人権宣言の第一条、第二条が載っています。 差別や偏見ってどういうこと?不寛容とは? どうして差別や偏見があるの? どうしたらなくせるの? という問いに答えてくれます。 私たちにできることは、いろんな意味で寛容になることなのかもしれないと思いました。 こちらは世界で起きている問題提起するシリーズで、他にもいろ...続きを読む

  • 谷川さんのマザーグース

    3.0

    谷川俊太郎さんが作ったマザーグースという感じです。マザーグースの香りがするのです。とても語呂もよくて、口に出して読むととても魅力的。そして、その雰囲気にピッタリの絵が、またよいです。 ピリッときいたブラックユーモアのセンスも、さすが谷川さん。いいです。...続きを読む

出版社おすすめ

  • プラスチック・プラネット

    日常生活に欠かせないプラスチック。しかし「分解しない」性質が、今、さまざまな問題を生んでいる。
    海洋のプラスチックゴミによる野生生物の死、不正な処理や投棄の問題などにどのように向き合っていくべきか、豊富な写真やイラストでわかりやすく説明する。

  • パンデミック・プラネット 感染症が地球にあたえる影響

    今も世界中で猛威をふるうコロナ・ウィルス。しかし、人類の歴史は、まさに「ウィルス」との戦いでした。サーズ、スペイン風邪、ペストなど、これまで人類が遭遇した感染症を、イラストや写真とともに子どもたちに向けてわかりやすく解説し、どんな危険があるのか、私たちはどのように備えればいいのかを探ります。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット