しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

スケボウさんの公開ページ

スケボウさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子7歳

スケボウさんの声

2633件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ぴったり!!!  投稿日:2018/12/09
マドモアゼル・シック すてきな女の子になるレッスン
マドモアゼル・シック すてきな女の子になるレッスン 著: ジェニファー・L・スコット
イラスト: たんじあきこ
訳: 神崎朗子

出版社: 大和書房
本屋さんで見つけて、一目惚れした本です!!
中を読んでみて、なおさら惚れ直しました♪
小学2年生の娘にぴったり!!
しかも、娘も、ここに出てくる女の子と同じで、
ピアノとバレエを習っているんです♪
娘に伝えたいこと、
まだ伝えていなかったこと、
伝え忘れていたこと、
伝えようなんて思ってなかったけど、とっても大事なこと・・・。
それらがふんだんに盛り込まれている本です。
2年生なら一人で読むこともできるし、
一緒に読むのも楽しいし、
何より、絵も字もかわいくて、
一生のバイブルになりそうな本です。
ずっと近くに置いておきたい!!
今はまだすてきな女の子にはほど遠いですが、
なんとか近づいてほしいなと思います。
素敵な本に出会えて、とてもうれしくなりました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せのかたち  投稿日:2018/10/26
しあわせミシュカ
しあわせミシュカ 作・絵: マーカス・フィスター
訳: 斉藤 洋

出版社: 講談社
はりねずみのミシュカの、強い生き方に
とても共感のできる絵本でした。
それぞれに、それぞれの幸せのかたちがあるという
ことを、この絵本から学びました。
最近、絵本から学ぶことが多すぎて、
なんだか幸せを感じています。
娘は小学生になりましたが、今でも絵本が大好き。
これからもたくさんの絵本を読んであげようと
思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な男の子の物語  投稿日:2018/10/26
でえだらぼう
でえだらぼう 作: 斎藤 隆介
絵: 新居広治

出版社: 創風社
なんとも不思議なお話でした。
幸せなのかそうでないのか・・・。
不思議な男の子の一生のお話です。
読み手に何かを問いかけているような・・・。
娘が知っている昔話とは少し違うお話でした。
そして考えさせられるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動じない・・・  投稿日:2018/10/26
スプーンおばさんちいさくなる
スプーンおばさんちいさくなる 作: アルフ・プリョイセン
絵: ビョーン・ベルイ
訳: 大塚 勇三

出版社: 偕成社
ある日突然スプーンくらい小さくなってしまった
スプーンおばさん。
とんでもないことなのに、まったく動じていないところに
笑っちゃいました♪
動物たちをつかって、どんどんと家事をこなしていく
姿に、主婦の強さを感じました(笑)。
楽しいお話です!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たね!!  投稿日:2018/10/26
にげだした てじなのたね
にげだした てじなのたね 作・絵: 田中 友佳子
出版社: 徳間書店
表紙の男の子は、なんと「たねぼうず」!!
手品のタネの元なんです。
設定の面白さにも笑えましたし、
すねてしまうところも、
おじさんが意地をはってしまうところも
おもしろい!!
絵もかわいいし、なんだか微笑ましい気持ちで
読み終えることができました。
これからも仲良くね♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分の大切なもの  投稿日:2018/10/26
ときめきのへや
ときめきのへや 作: セルジオ・ルッツィア
訳: 福本友美子

出版社: 講談社
「ときめきのへや」!!
なんだかわくわくするタイトルです!!
自分にとっての大切なもの。
それはやっぱり自分にしかわからなくて。
まわりの人がとやかくいうものでもなくて。
なんだかこの絵本からとても深いことを教えられた気がします。
娘の世界をこわさないように、
娘の大切なものを私も大切にできるように
これから気を付けようと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろあるんですね  投稿日:2018/10/25
天人にょうぼう 七月・七夕のはなし
天人にょうぼう 七月・七夕のはなし 作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好

出版社: 佼成出版社
七夕のお話って、ほんとにいろいろありますね。
この絵本のお話も、今までしっていたお話とは
ちょっと違って、最後まで楽しく読むことができました。
元々、この赤い表紙のシリーズが渋くて大好き
だったので、この本もお気に入りの1冊となりました。
なかなかすべての行事を本格的におこなってあげる
ことができなので、絵本だけでも読んで、それぞれの
行事を楽しんでくれたらなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても深いお話です。  投稿日:2018/10/25
きつねのたなばたさま
きつねのたなばたさま 作: 正岡 慧子
絵: 松永 禎郎

出版社: 世界文化社
娘が小さい頃にも読んだことのあった絵本です。
たなばたの季節に、何かよい絵本はないかなと
探していて、また出会いました。
その時には感じなかったことを、娘は感じたようで、
とても静かにお話を聞いていました。
キツネの子の深い悲しみが、大人の心にも
深くつきささります。
どうかどうかこのキツネの子が幸せになりますようにと
願わずにはいられない絵本です。
やわらかい感じの絵もとても気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人でも!!  投稿日:2018/10/25
しんかんせんのぞみ700だいさくせん
しんかんせんのぞみ700だいさくせん 作・絵: 横溝 英一
出版社: 小峰書店
乗り物にはさほど興味を持っていない娘でしたが、
この絵本には、えらく感動していました。
大人の私が読んでも、ほほーとうなりたくなるほどの
完成度。
興味をもっていなくても、興味をもってしまうほどの
力をもった絵本でした。
電車好きのお子様なら、なおさらはまると思います。
長く楽しめそうな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こわい、こわいー  投稿日:2018/10/25
学校ななふしぎ
学校ななふしぎ 作: 斉藤 洋
絵: 山本 孝

出版社: 偕成社
表紙の絵を見て、絶対にこわいだろうなと思いましたが、
やっぱりこわいーーー!!
もともと、怖いお話が苦手な私のほうが、
読み進めるのにびびってしまいました。
小学校に足を運ぶことは、私はあまりありませんが、
毎日通う娘は、こわくないかと心配してしまうほど・・・。
でもなんだかこういうお話って、聞いちゃうんですよね・・・。
心して、読んでください(笑)!!
参考になりました。 0人

2633件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット