出版社エディターブログ

サイン会へのご来場、ありがとうございました!

2018年5月7日 17時4分  

5月3日に「上野の森親子ブックフェスタ」でサイン会を開催しました。当日は悪天候のなか、たくさんのお客様が来てくださいました。みなさま、ありがとうございました!


注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • 魔女たちのパーティー

    ハロウィーンの夜、ジャックは、仮装パーティーへ向かっていました。すると、夜空をふたりの魔女が飛んでいくのを見つけました。魔女を追いかけて、森のなかへ入っていくと、そこにはたくさんの小鬼や人食い鬼、魔女たちが集まってパーティーの準備をしているではありませんか! こっそりのぞいていたジャックですが、そのうち見つかってしまって…? ハロウィーンのゾクゾクする楽しさがいっぱいにつまった絵本です!

  • 王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし

    アリは、王さまライオンのしょくじ会にまねかれましたしょくじがおわり、王さまライオンは、デザートのケーキを「自分のぶんをとってまわしなさい」と、となりのゾウにわたしました。ゾウは、ケーキをはんぶんに切って、残りのはんぶんをとなりにまわしました。ほかの動物たちもみな、同じようにしたので、アリのところにまわってきたときには…? はんぶんのはんぶん、ばいのばいがよーくわかる、算数が楽しくなる絵本

  • あっ、ひっかかった

    フロイドのたこが木にひっかかった。どうしてもはずれないから、フロイドはくつをかたほう投げて、たこをおとそうとした。でも、くつもひっかかった。そこでフロイドは、もういっぽうのくつ、ねこ、はしご、ぺんきのはいったバケツ…いろいろなものを投げたけど、どれも木にひっかかった。アヒル、自転車、げんかんのドア、しょうぼうじどうしゃ、おとなりのいえ……つぎになにがひっかかるのか楽しみになる、読み聞かせにもぴったりの、ユーモア絵本。

  • ラッセのにわで

    少年ラッセが庭で出会った、不思議な男の子の名前は「九月」。二人は一緒に庭をめぐり、花や野菜の精、やさしいりんご夫人たちと出会います。実りの秋の豊かな喜びを、美しい色彩で描き、何世代にもわたり愛されてきたスウェーデンの古典作品が、装いも新たに甦りました。

ユーザーレビュー

  • 可愛い絵と読みやすさ

    5.0

    7歳になったばかりの娘がハマっています。親としては以外に少ない文字数で何度でも読んであげられるのがうれしいです。作者の他の作品も読んでみようと思いました。最後のページの絵が末っ子が生まれた時の娘と重なってすごく共感しました。...続きを読む

  • ピッピの絵本!

    5.0

    児童書「長くつ下のピッピ」はまだ難しいかな〜と思う未就学児のお子さんの「ピッピ導入」としてこちらの絵本シリーズはとてもいいなと思いました。 カラフルなイラストもお話をよりわかりやすくより面白くしていると思います。...続きを読む

  • どんどん引き込まれ

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    よくおすすめ本に紹介されているので 読んでみたいとは思っていたが、 戦争のお話なので躊躇していた。 でも、どんどん引き込まれ、 弟がどうなるのか、 どきどきしながら、 一気に読んでしまった。 親の立場、兄の立場になり 戦争や少年兵、人種差別まで こころにズシンと重たいものが残った。...続きを読む

  • いい本だなとしみじみ

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    マリー・ホール・エッツの作品で、 お勧めされていたから図書館で借りて読もうとしたのですが、 文章が多い・・・ 正直、本当に面白いのかと疑いたくなり、 まずは自分で読もうと一人で読みました。 良かったです。 面白くて、あったかくて、癒されました。 ああ、いい本だなとしみじみと思いました。 でも、やっぱり字が多...続きを読む

  • じゅもんがおもしろいな

    5.0

    たぬきさんが変身する絵本は大人がみても面白いです。 「ぽんぽこー ぽん」のじゅもんも子どもにはわかりやすい 合い言葉になりました。 何か困ったことにであったらきっとこのじゅもんの 言葉を思い出すことでしょう。 変身するすがたよりもじゅもんの言葉のほうが 印象強く残っています。 当然、きめ細かい絵があるから文章にも重み...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット