出版社エディターブログ

【村上康成の原画展】(北海道)

2021年5月27日 12時17分  

人気シリーズ「ヤマメのピンク」の作者・村上康成氏と、写真家・知来要氏の展覧会「水と魚 魅惑の世界」が開催されます。

期間:2021年6月1日(火)〜7月4日(日)
会場:神田日勝記念美術館

詳細はこちら

http://kandanissho.com/infomation/#334



【村上康成の原画展】(北海道)

●「おたすけこびと」「マップスらくがきワークブック」のぬりえ等がダウンロードできます

大人気絵本『おたすけこびと』、『マップス らくがきワークブック』のぬりえなどのページを、ダウンロードできます。ぜひ楽しんでくださいね。

ダウンロード先はこちら

https://www.tokuma.jp/news/n34750.html




話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren





出版社おすすめ

  • ウサギとぼくのこまった毎日

    もうすぐ、クリスマス。トミーは、お父さんとお母さんから、新しい自転車をもらうのを楽しみにしていた。そんなある日、トミーの家で学校のウサギをあずかることになった。ところが、ウサギがやってきたその日から、悪いことばかりが続けて起きて…?さわぎを起こすウサギを中心に、トミーの一家とまわりの人たちの交流を描く、ほのぼのとした物語。ジュディス・カー最後の作品。

  • ぼくのあいぼうはカモノハシ

    気のやさしい男の子と、
    ちょっとすましたカモノハシの
    とぼけたやりとりが楽しい、
    ほのぼのとした冒険物語。

    ルフスはドイツの男の子。
    お姉ちゃん、お母さんといっしょに、
    くらしています。
    エンジニアのお父さんは、
    オーストラリアに単身赴任中。
    ルフスは、お父さんと離れてくらすのを
    さみしく思っていました。

    そんなルフスは、
    人間の言葉をしゃべるカモノハシに出会います。
    そのカモノハシは、動物園から抜け出してきたと
    いい、「シドニー」と名乗りました。
    そしてシドニーは、
    故郷のオーストラリアに帰るのを
    続きはこちら >>>

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

    美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • トラといっしょに

    トラといっしょに

    作:ダイアン・ホフマイアー
    絵:ジェシー・ホジスン
    訳:さくま ゆみこ
    出版社:徳間書店

    トムはある日、美術館で、 ジャングルにいるトラの絵を見ました。 家に帰るとすぐ、トムは大きな大きなトラの絵を 描きました。 鋭い歯、長いしっぽ、緑色に光る目…。 その夜のことです。 壁のむこうから、トラがやってきました。 トラはいいました。 「さんぽにいこうよ」 「夜は、くらくてこわいよ」というトムを 背中にの...続きを読む

  • 『こんたのおつかい』第三弾!

  • こんたのさかなつり

    こんたのさかなつり

    作・絵:田中 友佳子
    出版社:徳間書店

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    大好評絵本『こんたのおつかい』第三弾! こんたは、くまおじさんと、つりをする やくそくをしています。 おとうとのこんきちといっしょに、 川へむかっていると、 こんきちのむぎわらぼうしが、 風にとばされてしましました。 ぼうしをみつけたのは、暗い森のなか。 はやくもどろうと思ったところに、 「バッシャーン!」という...続きを読む

ユーザーレビュー

  • 映画と変わらない内容で楽しめました。

    5.0

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳

    ボリュームのある絵本ですが、端折りすぎたり、内容が変わったりということもなく、映像で観たものをそのまま読み物として観ているような感じで楽しめました。テレビや映画とは違って、何日かに分けて読むことも出来るのでオススメです。...続きを読む

  • よかったぁ〜!!

    5.0

    あ〜、よかった!と思えるおはなしです 犬のクロからすれば 飼い主は、選べませんものね・・・ 動物からすれば、自分の人生を決めるかもしれないのに 希望通りにはいかないかもしれませんものね おかあさんの教えを素直に引き継いだクロ その優しさが、結局はよかったんだと思われます うさぎさんとの様子は、なんともかわしらしい...続きを読む

  • 私はこれまで様々なホテルにお世話になりました。それだけにこの本は楽しく読ませて頂きました。これは野原小人のトリーが野原におひさまホテルを作ったお話ですが、何よりも心地よく、ホットな気持ちにさせてくれます。おひさまホテルはいろんな動物や虫たちの心の拠り所となっていきます。私もおひさまホテルに行きたいと思いました。素晴らしいお話だと思います。...続きを読む

  • 自分を信じておそれず立ち向かうものは

    5.0

    黒い背景の、迫力あるイラストに惹かれ、手に取りました。 ヒマラヤ山麓の寺に暮らす、少年僧ニマの物語。 井戸が枯れてしまったので、ニマは和尚様に教えてもらった泉へ水を汲みにい気ます。 しかしそこには、人を喰うおにばばが住んでいるのです。 「自分を信じておそれず立ち向かうものは、誰よりも強い」という仏の教えを思い出しなさい。 という...続きを読む

  • おやすみ

    4.0

    動物園のゴリラと警備員のお話です。 動物園の閉館後夜遅くに、警備員があくびをしながら 動物達にあいさつをしています。 「ゴリラくんおやすみ」 ゴリラくんは整備員の腰にぶら下がっている 動物のおりの鍵を盗みます。 ゴリラくんは警備員の後をそーーっとついていきます。 警備員が動物に「おやすみ」というと...続きを読む

【非日常のなかで】 編集部 上村 令


 わたしがずいぶん幼かったころ、東京で、毎日断水が続くひどい水不足の夏がありました。水が出なくなる時刻の前に、お風呂や洗面器に必死で水をためていた母の横で、わたしは「お手伝い」と称して、ままごとの鍋や茶わんに水をため、ずらりと並べていました。結局その水は、猫の飲み水になるくらいの役にしか立たなかったのですが…。また、台風がひんぱんに襲う地域で育った友人は、風で電線が切れたりして停電が起こるたび、ロウソクの灯りで夕飯を食べたことを、「楽しかった」とふり返ります。

何か大変な事態が起こっても、すぐに身に危険が及んだりせず、また、大人がなんとかしてくれる、と信じていられれば、子どもはちっとも大変だとは思わず、むしろ、非日常を楽しむこともできるのです。

 これまでにない種類の困難に襲われた今年。それでも、大人たちのがんばりのおかげで、親子でお料理した、など、今までにない楽しみを得た子どもたちも多かったようです。子どもたちになるべく「大変」が及ばないままで、事態が収束に向かうことを祈らずにはいられません。



全ページためしよみ
年齢別絵本セット