話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
コッケモーモー!
プラチナブックメダル

『 コッケモーモー! 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

コッケモーモー!

  • 絵本
作: ジュリエット・ダラス=コンテ
絵: アリソン・バートレット
訳: たなか あきこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2001年11月
ISBN: 9784198614508

おはなし

ある朝、おんどりが息を大きく吸って鳴きますが、出てくる鳴き声は
「コッケモーモー!」「コッケガーガー!」・・・
おんどりは鳴き方を忘れてしまったのでした。
間違ってばかりのおんどりはすっかり悲しくなってしまいました。
ところがその夜、事件が起こります・・・。

みどころ

「コッケモーモー!」「どうしたの?モーモーは うしの なきごえよ」
「コッケブーブー!」「ちがうだろ。ブーブーは ぶたの なきごえさ」
おかしなやりとりがなんともユーモラスです。
悲しくなったおんどりですが、夜には大活躍でみんなにほめられます。
カラフルで親しみの持てるイラストも魅力です。

出版社からの紹介

困ったことになりました。オンドリが鳴き方を忘れてしまったのです。「コッケモーモー!」「コッケブーブー!」仲間から心配されたり、バカにされたり、すっかりしょげてしまいます。そんなある晩、メンドリ小屋を狙うキツネに気がついたオンドリは…?読み聞かせにぴったりの一冊です。

ベストレビュー

小学校での読み聞かせ

小学校での読み聞かせ会に持参しました。
対象は低学年。一年生が56人聞いてくれました。

こちらのサイトの特集で見つけたこの絵本。
どこかで見たことがあったんです。
タイトルを見て、気になっていたけど
手に取らずにいたので…それもそのはず、
いつも読み聞かせ会をする図書室の書架に
置いてあったのですから(汗)

当日は三冊目にあまり工夫することなく
サラッと読みました。それでももちろん
喜んでもらえましたが、後になって
もう少し読み方を工夫して
楽しめばよかったなぁと思いました。
たとえば「コッケモーモー」といった後に
「あれ?これであってる?」と問いかける、みたいな。
次に読むときは、手抜きせずに
やってみようと思います。
(将軍亭琴音さん 40代・ママ 女の子13歳、女の子10歳、女の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,210円
1,650円
1,540円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
576円
550円
1,100円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

コッケモーモー!
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら