いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

愛也花さんの公開ページ

愛也花さんのプロフィール

せんせい・20代・愛知県

愛也花さんの声

38件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい めちゃくちゃおもしろいよ!!  投稿日:2003/09/18
せとうちたいこさんえんそくいきタイ
せとうちたいこさんえんそくいきタイ 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
こんなおはなしみたことない!!
というほど、感動と共に笑いの絶えない絵本です。
タイコさんの子ども達の遠足の日。
子ども達を送り出してから、自分も行きたくなってしまいました。そこで・・・電車に乗って街へ出かけるタイコさん。
とちゅうで、遠足中の子ども達に出会い、同行したり、商店街のサーカスに遭遇して参加したり・・・
絵も細かくて、子ども達は「みぃつけた!!」といいながらタイコさんを捜しています。
とっても楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雪?!のワクワク  投稿日:2003/09/17
ふゆのあさ
ふゆのあさ 作・絵: 村上 康成
出版社: ひかりのくに
いつもとなんだかちょっとちがうあさ。なんだかちがう。とってもしずか。もしかして・・・そうかもしれない・・・きっとそう。ぜったいそう!!おねがい。1ページごとにワクワクドキドキ
しずちゃんの期待でふくらむきもちをしっかり感じ取った子供たちの顔はキラキラしていてとってもかわい。
「ほら、やっぱり。ゆきだよ!!」と雪が降った事を発見するページでは、「わぁぁぁ♪」「ゆきぃぃぃぃぃぃ!!!!」
私は次の日に雪という日の帰りにこの本を2回ほど読みました。が・・・やはり名古屋ではつもらないんですよね。ちょっと残念ですがしかたないですねぇ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぽよよ〜〜ん  投稿日:2003/09/12
ぽよよんのはら
ぽよよんのはら 作: 板橋敦子
絵: いもと ようこ

出版社: ひさかたチャイルド
ぽかぽかあったか、はるののはらはとってもすてき。ぽよよ〜んってふしぎなことがおこるんだ!!みんなもいっしょにあそぼうよ!!とってもとってもかわいい一冊。中は半分のページがあって、めくると・・・お友達が動物に「ぽよよ〜ん」って変身してしまうんです!次のぺーじをめくると・・・またまた大変身!!わぁ〜〜楽しい!!いもと先生のかわいらしい絵に、ぽかぽかあったかくなりますよ。子ども達と一緒に変身ごっこっていうのもおもしろいと思います!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 勇気がでます。  投稿日:2003/09/09
青いヤドカリ
青いヤドカリ 作: 村上 康成
出版社: 徳間書店
ちょっと海の怖い男の子。
そこへ、一匹のタコがやってきて、彼にあるモノをあげました。
それは・・・青い綺麗な貝殻。
それを耳に当てると・・・ザザザーーーー
そう、海の音がするんです。だんだん大丈夫になってうみでおよげるようになりました。海が楽しくなりました。
さて、帰る時間。
もう僕にはひつようないね。 
大丈夫だもんね。
さて、次にこの貝殻を必要としたのは誰でしょう?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出の作品  投稿日:2003/09/02
ぼちぼちいこか
ぼちぼちいこか 作: マイク・セイラー
絵: ロバート・グロスマン
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
この絵本を教えてくれたのは、短大のゼミの先生でした。
自己紹介としてこの絵本を読んでくださった先生。
登場人物のカバにそっくりで、関西弁の先生は、大人となってから初めて「読み聞かせ」というモノを体験して子どもに戻ったような感覚と絵本への感心を深めてくれた1冊です。
思い詰めた、セカセカした毎日を送ってしまいがちな日本人にきっとなにか「ホッ」という気持ちを持たせてくれる絵本だと思います。
また、子ども達にも大人気で何度も「読んで」とせがまれます。先を覚えてしまった子ども達は「まただめだったねぇ〜〜」と先に言われてしまいますが、こちらとしても楽しい時間が過ごせるお気に入りの1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あめこんこんふってるもん  投稿日:2003/07/25
復刻版 ちいさいモモちゃん3 あめこんこん
復刻版 ちいさいモモちゃん3  あめこんこん 作: 松谷 みよ子
絵: 中谷 千代子

出版社: 講談社
あめこんこんふってるもん
うそっこだけど ふってるもん
あめふりごっこするもんよっといいで

幼い頃から頭にこびりついた母が歌ってくれた歌。
そして、紙芝居で子ども達に読んだ(歌った)歌。

これが絵本だったなんて。それも復刻版だったなんて。
このことに気づいたときの感動はたまりませんでした。
今でも雨が降りそうになってくるとこの歌を歌っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 噂って怖いね?!  投稿日:2003/07/25
こわーいはなし
こわーいはなし 作・絵: せな けいこ
出版社: 鈴木出版
とってもかわいいお話!!

かわいいおばけに出会ったうさぎ→家へ帰って家族に話す→それがどんどんどんどんひろがって?????
とぉぉぉっても怖いおばけになっちゃった!!

伝言ゲーム的なおもしろさです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本好きのきっかけ  投稿日:2003/07/25
いつでも会える
いつでも会える 作・絵: 菊田 まりこ
出版社: 学研
最初にこの本を教えてくれたのは彼でした。
その後TV、CMといろいろなところでこのえほんが登場・・・一大ブームとなりました。
でも、この絵本の人気は消えません。
なぜなら、本当に泣けるステキな絵本だからです。
何度読んでも泣けてしまう。
この絵本とであって、私の絵本好きが始まったように思います。友達にも両親にも勧めれるだけ勧めて読んでもらってきました。これからも、もっともっとたくさんの人にこの絵本を読んでもらいたい。
子ども達には読み聞かせは出来ないかも知れない。
でも、いつか、この内容が理解出来るときになったら必ず読ませたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 遠足の前に・・・  投稿日:2003/06/24
えんそくバス
えんそくバス 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
遠足前に何度も何度も読んで、子ども達も本棚から引っ張り出しては楽しんでいた絵本です。
おかげで、買ったばかりの絵本がボロボロになってしまいました(^◇^)それくらい、子ども達にもすんなり心に響く絵本なんだと思います。ちょうど遠足に行った場所によく似ていたからよけいかな?!
園長先生もとってもナイスです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙ナミダの1冊  投稿日:2003/06/24
おおきくなるっていうことは
おおきくなるっていうことは 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
初めて担任した子ども達のために1月から3月にかけて何かにつけて読みました。
「おおきくなるっていうことは?・・・」
と子どもの顔を見ると、キラキラした目がこっちを見ていて、子どもと共に暗記するほど読んだ絵本です。
子ども達も「おおきくなるっていうこと」をすんなりと受け止めて、「ぼく、お兄ちゃんになるんだぁ〜」「小さい子には優しくしてあげるんだよ!!」なぁんて・・・成長したなぁ〜と涙が流れました。
ぜひぜひ、進級、卒業するころには読んであげてくださいね。
参考になりました。 0人

38件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ?毎日どんなことするのかな? 新一年生とご家族が安心できると好評のガイド絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット