そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
今ならサイン本買えます! 雨の季節じゃなくても楽しめることばあそびいっぱい!

ピーチ姫子さんの公開ページ

ピーチ姫子さんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、女の子8歳

自己紹介
絵本が大好きな娘のために、毎日10冊を目標に読み聞かせをしています。
毎月数十冊の本を新しく読んでいるため、読んだ本の記録が残せればいいなと思い、このサイトで絵本の感想をのせることにしました。
目標は一年間で1000冊です。

ピーチ姫子さんの声

152件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う へー  掲載日:2014/10/1
うんちしたのはだれよ!
うんちしたのはだれよ! 作: ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵: ヴォルフ・エールブルッフ
訳: 関口 裕昭

出版社: 偕成社
子供が好きな、下品なものシリーズということで読んでみました。
かっこ部分も入れると結構長い話です。
でも、いろんな動物がどんなウンチをするのかの勉強になるので、一石二鳥?
最後に、ウンチをかけられたにっくき犬にお返しをして、すっきりしたようですが、モグラの心は小さいな〜と思いました。
外国の絵本は日本のものと一味違うので、たまに読んでみるのも面白いですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑える絵本  掲載日:2014/10/1
おならうた
おならうた 原詩: 谷川 俊太郎
絵: 飯野 和好

出版社: 絵本館
子供ならだれもが喜ぶものシリーズのおなら。
谷川俊太郎さんの詩が好きなので、読んでみました。
案の定、子供は大笑い。
なんで、子供って下品な話が好きなんですかね〜。
絵が何とも言えない味を出していてとってもよかったです。
この絵があるからこそ、この詩が引き立ちます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぞうくんだって友達だよ  掲載日:2014/10/1
ねずみくんとシーソー
ねずみくんとシーソー 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
シーソーにどんどん乗ってくる、ネズミ君の友達。
シーソーを動かすために、仕切っていたのがねずみの女の子ってところが、なかなか笑えます。
ネズミ君の友達に入れてもらえなかったゾウくんのちょっぴせつない気持ちが伝わってきます。でも、最後はみんなで喜べて、読んでいるほうも心が温まります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なつかしくて  掲載日:2014/10/1
ねずみくんのチョッキ
ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
ねずみくんのシリーズは、私も主人も昔から読んでいて、図書館で見つけたので思わず手に取りました
この本を読むときは、チョッキをきる動物が大きくなるつれて声を低く苦しそうにしています。
そのほうが、娘が楽しんで読んでくれます。
個人的には、最後のページで、伸び切ったチョッキをブランコにしてるところで、苦笑してしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 変なものばかり  掲載日:2014/10/1
バムとケロのおかいもの
バムとケロのおかいもの 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
いつもなにかとやらかしてくれるけろちゃんは、とってもかわいいです。
今回は、お昼ごはんのたべすぎです。。。。
娘がよく、食べきれない料理を食べると言い張って、お皿に盛りつけるのを思い出します。
娘が好きなのは「ゆかいなとびら」のお店。
扉を開けると必ず変なものがでてくるので、何度も何度も読まされます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい また、凍っちゃった!!  掲載日:2014/10/1
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのさむいあさ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
娘は、とにかく面白い本が大好きで、この「バムとケロの〜」シリーズがとにかく大好きです。
アヒルのかいくんが池で凍っているところでは、爆笑して
その後の、トイレットペーパーでのぐるぐる巻きでは、おなかを抱えて笑ってました。
絵がとても細かく区切られていて、思わぬところに思わぬものが描かれていたりするので、そこをみてもとっても楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつも気になっていた本  掲載日:2013/3/2
ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえん 作: 西内 ミナミ
絵: 堀内 誠一

出版社: 福音館書店
娘が0歳の頃、絵本の読み聞かせでめぐり合った本です。

名作のようで、色々なところで推薦されていて、ずっと読んでみたいと思っていました。
娘が3歳になり、そろそろ・・・と思って読んでみました。

最初は、汚くてくさいぐるんぱがいじめられる話しかと思ったけど、仲間に助けられどんどん成長する話しに心がじーんとしました。

最後の最後まで、題名の『ようちえん』はどこででてくるのか、気になってしかたがなかったです。

読めば読むほど、とても奥深い本だと思います。
娘も楽しんでくれているので、たくさん読み聞かせしたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんてすてきな小鳥さん  掲載日:2013/3/2
うたってくださいことりさん
うたってくださいことりさん 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
私のほうが五味太郎さんの絵本が好きで、この絵本を手に取りました。
3歳の娘には少し簡単かな?と思いましたが、挿絵が見所満載でとても楽しむことが出来ました。
特にはじめのほうの、使用前・使用後のような対象的な内容になっているところで、『どこがかわったかな?』とクイズをだして、大げさに『正解〜!!』というととても盛り上がります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わっしょいわっしょい  掲載日:2013/3/2
こぐまちゃんとふうせん
こぐまちゃんとふうせん 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
娘はこぐまちゃんシリーズが大好きです。
短い文章と色使いの鮮やかな挿絵が子供心をくすぐるのか、静かにじっと聞き入っています。

娘が風船が好きなので、どのページも楽しんでいました、とくに最後のおみこしを『わっしょい わっしょい』と担ぐところが気に入ったようで、けらけら笑って復唱していました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食いしん坊な猫さん  掲載日:2013/3/2
復刊傑作幼児絵本シリーズ1 いちくん にいくん さんちゃん
復刊傑作幼児絵本シリーズ1 いちくん にいくん さんちゃん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 復刊ドットコム
表紙の三匹の猫の顔がとっても食いしん坊!!
今にも魚を食べだしそうだなと、心引かれてこの本を手に取りました。

並んでつりに出かける三人を見て、仲良し三兄弟かな?と想像して読み聞かせしました。
さんちゃんが海の中に引っ張り込まれるところで、一緒にがんばれと応援しました。

ただ、三匹が釣った物にどんな意味があるのかまでは正直なところわかりませんでした。
参考になりました。 0人

152件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット