注目の作品!

【文溪堂】イチ押しの作品をご紹介

    谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

  • つきをなくしたクマくん

    つきをなくしたクマくん

    作・絵:谷口 智則
    出版社:文溪堂

    いつもひとりぼっちのクマくんは、春になる前に冬眠から目を覚ましてびっくり。胸にあったはずの月のもようがありません。月を探しに出たクマくんが森の中で出会ったのは、同じく月をなくした女の子でした。

  • 「ごめんね」ってなかなか言えないよね…

  • ごめんねゆきの  バス

    ごめんねゆきの バス

    作・絵:むらかみさおり
    出版社:文溪堂

    おねえちゃんを、カンカンにおこらせてしまっためぐちゃんの前に、とつぜんバスがあらわれました。 運転手は大きなクマ。「乗ってください」の言葉にさそわれて、思わずバスに乗ってしまいます。 バスの乗客は、友達に本を返し忘れている子ネコとお母さんとの約束をやぶってしまった子リスたち。 バスは、それぞれ「ごめんね」を言わなければならない相手...続きを読む

文溪堂の作品一覧

表示

つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん

作・絵:谷口 智則  出版社:文溪堂  税込価格:\1,650  発行日:2022年05月23日  ISBN:9784799904718
  絵本
空飛ぶのらネコ探検隊(9) まぼろしの島のドードー

空飛ぶのらネコ探検隊(9) まぼろしの島のドードー

著:大原 興三郎  絵:こぐれ けんじろう  出版社:文溪堂  税込価格:\1,430  発行日:2022年05月20日  ISBN:9784799904572
  児童書
知ろう! 福祉ボランティア

知ろう! 福祉ボランティア

監修:西尾 雄志  出版社:文溪堂  税込価格:\3,520  発行日:2022年03月23日  ISBN:9784799904374
  児童書
知ろう! 地域社会と災害ボランティア

知ろう! 地域社会と災害ボランティア

監修:西尾 雄志  出版社:文溪堂  税込価格:\3,520  発行日:2022年03月23日  ISBN:9784799904398
  児童書
知ろう! 国際協力ボランティア

知ろう! 国際協力ボランティア

監修:西尾 雄志  出版社:文溪堂  税込価格:\3,520  発行日:2022年03月23日  ISBN:9784799904381
  児童書
歌あそび

歌あそび

著:伝承遊びを伝える会  出版社:文溪堂  税込価格:\2,750  発行日:2022年03月23日  ISBN:9784799904428
  児童書
むかしむかし(2) かさじぞう・さるかにかっせん・いっすんぼうし

むかしむかし(2) かさじぞう・さるかにかっせん・いっすんぼうし

著:内田 麟太郎  絵:ザ・キャビンカンパニー  出版社:文溪堂  税込価格:\1,540  発行日:2022年03月23日  ISBN:9784799904183
  児童書
ぼくが かわりに とどけるよ

ぼくが かわりに とどけるよ

作・絵:そのだ えり  出版社:文溪堂  税込価格:\1,650  発行日:2022年03月23日  ISBN:9784799904695
  絵本
なわとび

なわとび

著:伝承遊びを伝える会  出版社:文溪堂  税込価格:\2,750  発行日:2022年03月18日  ISBN:9784799904411
  絵本
ごめんねゆきの  バス

ごめんねゆきの バス

作・絵:むらかみさおり  出版社:文溪堂  税込価格:\1,540  発行日:2022年03月18日  ISBN:9784799904701
  絵本

ユーザーレビュー

  • 感動のラストです

    5.0

    思わずネタバレ覚悟の感動です。 おじいさんと二人で暮らしていたオコジョのタッチィのお話です。 おじいさんが歳をとって、町に移り住むことになって、タッチイは一人ぼっちになって、寂しくなりました。 町に探しに行っても何の手がかりもありません。 町は広すぎるのです。 がっかりして帰るタッチイに、ねんにいちどのおきゃくさまが奇跡を起こし...続きを読む

  • ありのままを受け入れること

    5.0

    「ありのままの子どもを受け入れること」がテーマになっていると思われる、とても良いお話でした。そして、親としては考えさせられることがいろいろとありました。 子どもには、難しい内容という印象がありましたが、頑張って読んでみる意味のある絵本だったと思います。...続きを読む

  • 春の食材たっぷり

    5.0

    和食えほんをいくつか読んできて、ついに春のごちそうにたどり着きました。 春はいろいろな食材があって、見ているだけで楽しくなりますね。 今はあまり見なくなった塩蔵わかめを使っているのがちょっと気になりましたが、子供と一緒に作って食べられそうなメニューも多く紹介されており、和食ってやっぱりいいなぁと感じました。...続きを読む

  • はてな?と思うのが大切

    4.0

    ワニぼうシリーズ、初めて読みました。3歳息子はまだ海に入ったことがなく、海がしょっぱい?というのもいまいちイメージがわかないようでした。海なし県に住んでいるので中々機会がないですが、いつかワニぼうのようにしょっぱーい!と体験できる日がくるといいなと思います。 最後のワニぼうの疑問、確かにそうだなぁ、どうなんだろう?と思いました。...続きを読む

  • 本当にあるかも・・

    4.0

    カギというよりは 鍵穴の中のお話でした。 鍵を無くしてしまったねこのふう太。 鍵がないと家に入れない。 鍵穴を除いていたら中から手が出てきて ぐいっと引っ張られてしまいました。 鍵穴の世界はとても不思議。 絵の雰囲気は不思議な国のアリスみたいでした。 なくなった鍵たちここに集結しまています。...続きを読む

出版社エディターブログ

BOOKFUNLETTER2021オンラインイベント

2021年5月2日 8時13分  

#BOOKFUNLETTER2021 開催記念オンライントーク〜みんなで本の話を聞こう!

お家から作家さんイベントに参加しませんか?

5/5(水・祝)15時 はたこうしろうさん

5/9(日)15時 南谷佳世さん

5/15(土)15時 田中啓文さん ゲスト落語家 桂九雀さん

当日参加出来なくてもアーカイブ視聴出来ます!

お得な3回セット1,500円のチケットも。

みなさまのご参加お待ちしています!

BOOKFUNLETTER2021オンラインイベント

全ページためしよみ
年齢別絵本セット