あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

関口 裕昭(せきぐちひろあき)

関口 裕昭(せきぐちひろあき)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

9件見つかりました

表示

ミアは おおきなものが すき!

ミアは おおきなものが すき!

作:カトリーン・シェーラー  訳:関口 裕昭  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2012年01月27日  ISBN:9784895728355
とかいのねずみといなかのねずみ

とかいのねずみといなかのねずみ

作:カトリーン・シェーラー  原作:イソップ  絵:カトリーン・シェーラー  訳:関口 裕昭  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2011年02月25日  ISBN:9784895728249
フリードリヒばあさん

フリードリヒばあさん

作:ハインツ・ヤーニッシュ  絵:ヘルガ・バンシュ  訳:関口 裕昭  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2010年08月  ISBN:9784895728157
とびだす!うごく!えほん うんちしたのはだれよ!

とびだす!うごく!えほん うんちしたのはだれよ!

作:ヴェルナー・ホルツヴァルト  絵:ヴォルフ・エールブルッフ  訳:関口 裕昭  出版社:偕成社  本体価格:¥1,900+税  
発行日:2009年09月  ISBN:9784033213309
エルネスト たびするいぬのものがたり

エルネスト たびするいぬのものがたり

作・絵:ヨッヘン・シュトゥーアマン  訳:関口 裕昭  出版社:フレーベル館  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2009年08月  ISBN:9784577037546
空の飛びかた

空の飛びかた

作・絵:ゼバスティアン・メッシェンモーザー  訳:関口 裕昭  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2009年04月  ISBN:9784895726887
  ためしよみ
ちょっとまって、きつねさん!

ちょっとまって、きつねさん!

作・絵:カトリーン・シェーラー  訳:関口 裕昭  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2008年07月  ISBN:9784895726771
  ためしよみ
ふしぎなエレベーター

ふしぎなエレベーター

作:パウル・マール  絵:ニコラウス・ハイデルバッハ  訳:関口 裕昭  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,359+税  
発行日:1995年  ISBN:9784593503223
うんちしたのはだれよ!

うんちしたのはだれよ!

作:ヴェルナー・ホルツヴァルト  絵:ヴォルフ・エールブルッフ  訳:関口 裕昭  出版社:偕成社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1993年11月  ISBN:9784039611307

9件見つかりました

関口 裕昭(せきぐちひろあき)さんの作品のみんなの声

  • 子どもの好きな鉄板ネタ!

    もぐらくんがずっと頭にうんちを乗せたまま犯人を探しているのがユーモラスです。 動物によってうんちも異なることが面白かったようで、外出先でもうんちを見つけると◯◯のうんちかなーっと楽しそうに言っていま・・・続きを読む

  • 結構リアル

    • タケえさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子7歳、男の子5歳

    子供が喜ぶ本! 見事に我が息子も喜んでいました笑 頭にうんちされて、その犯人を探す、というおもしろストーリー。 いろいろな動物のうんちが、結構リアルです。 犯人がみつからなくて、お助けに、ハエ・・・続きを読む

  • おもしろい

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    地上にやってきたもぐらくん。 土から顔を出したとき、誰かがタイミングよくもぐらきんの頭の上にうんちを落としていきました! 動物のうんちは知っているようで知らなかったので、「いろいろな動物のうん・・・続きを読む

  • 新しい解釈で

    イソップの昔話ですが、新しい解釈の絵本ということで興味を持ちました。 隣の芝生は青い、、という教訓的なお話を、現代的にアレンジしたのですね。 どちらもいいところがあるというのは、とても良心的だけれ・・・続きを読む

  • 完全大人向き

    結末がはっきり書かれてないところは、完全に大人向きと思います。詩のような言葉のリズムで、フリードリヒばあさんのことが、語られていきます。現実にはいない妖精のように。とても魅力的です。絵も好きです。大人・・・続きを読む


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット